キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


びんちょのクルマびん!
bintyomain.jpg
今日の御題は『びんちょうタン』です。この作品は最近多いいろんなモノの擬人
(つうよりオンニャノコ)化のハシリの一つですが、そういうのによくあるただの「萌え」だけじゃなく、
「憐憫」とか「古き良き日本の心」みたいなのを表現しようとしているのが特徴です。

この作品の主人公のびんちょうタンは着物を着た小さな女の子で、山の小屋で暮らしています。
元は優しいお祖母さんと一緒だったんですが、彼女が亡くなってからは独りぼっち…。
両親もいませんが、ウバメガさんという人が援助をしてくれ、時々、差し入れをしてくれます。
そういう環境だからびんちょうタンは学校へは行けず、町に降りていっては役所に張り出してある
日雇いのお仕事をし、何らかの報酬を得て暮らしています。
この報酬、いつも仕事が終わってから、初めて何がもらえるか解る仕組みになっているようで、
「今日は~だからよかった」と素直に喜ぶびんちょうタンがいじらしいです。
最低賃金も決まってないどころか、お金がもらえるのは極マレみたいなんで、
びんちょうタンは必要な食料を揃えるのが精一杯で本当に貧しい暮らしぶりですが、
時には幼稚園や学校で楽しそうに過ごす普通の家庭の子供たちをうらやましく思ったり、
大好きなキャラクターであるプカシューのTVを電気屋さんの店頭で見たり、
そして本当に極マレには、食料を買ったあと少しずつ貯めていたお金でプカシューのグッズを
買うのを楽しみにして日々を過ごしています。今、現実にこういう子がいる訳もないんですが、
あの『螢の墓』で描かれたように終戦直後には珍しくなかったようだし、
この物語は時代を上手くぼかして非現実的になるのは避けているようです。

私も最初この作品を知ったときは、よくあるロリコン的女性(つうより女体だな)賛美マンガかと思って
気にも留めてなかったんですが、本屋でちょっと立ち読みしてみてその世界観に惚れて、
以降、機会があったら観るようにしてきました。今の日本からは失われつつある、
「慎み」や「感謝」の気持ちが生き残っていて、心が洗われる思いがするからです。

bintyoutan04.jpg
そういうびんちょうタンに車が出てくるのかというと、さすがに彼女は持ってませんが、
町には若干の車と、そして馬車も走っています。そしてびんちょの住処のほど近くの山中に
放置されているのが、今回の御題のクラシックカーなんです。
このクルマ、山の動物たちのかっこうの遊び場になっているようだし、
時々訪ねてくるびんちょの友だちにも興味の対象で、発明が大好きなちくタンなんかは
雨の中ワクワクもんで乗り込んでます(笑)。

ford a
このびんちょカー(笑)、わりとシッカリと作画されてるんで車種の特定はなんとか可能で、
たぶんフォードのAタイプだと思います。


bintyo3sides.jpg
ミニカーはデイズゴーンでダイキャスト製の1/43標準スケールの約7.7cm。
買ってみて気づいたけど、後ろにシートがはみ出て(?)ますね~。
こういう仕様のクルマがあったのかな? このフォードAタイプが走っていたような自動車黎明期には
シャーシやエンジンだけをメーカーが作り、ボディは専門のコーチビルダーという業者が
製作することも多かったんで、クラシックカーの細かい差異に関しては謎が多いです。

この「デイズゴーン」というシリーズは作りはシンプルだけど安価だったんで好きで、
当ブログにも2回、007のベントレーや、トゥルーリーのクルマのベース車として登場してるんですが、
なんかいつの間にか手に入れにくくなっちゃいましたね~。
一年ほど前にミニカー屋でたくさん処分価格で投げ売りされてたんで、
輸入商社が扱わなくなったか、もしくは潰れたのかな? と思って調べてみたら、
このデイズゴーンを製造していたレド(Lledo)というメーカー(このレドという名前は、その創設者で
マッチボックスの創設者の一人でもあるJack Odellの姓を逆綴りにしたもので、
マッチボックスの昔のスタイルの再現を目指して1982年に設立されたんだそうです)が、
中国や香港生産の低コスト玩具との戦いに勝てずに1999年に破綻し、
2002年にコーギーに買われたそうなんですね。そしてレドの名前は2004年頃までは
使われていましたが、今はデイズゴーンは完全にコーギーブランドで製造されているようで、
ラインナップはかなり減ったものの海外のミニカーショップでは発売されているんで、
そのあたりの契約のゴタゴタで最近は日本で入手が難しいのかもしれません…。

と、まぁデイズゴーンの実状が解ってみると、びんちょの世界で、
しかも草ヒロとして放置されているクルマのミニカーの製造元として、
これほどふさわしいところは無いような気がしてきました。。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン 
どうかこのシンプルでお手ごろ価格だったミニカーが、
また日本で普通に買えるようになりますように!

『びんちょうタン』の方も、雑誌連載は兼業マンガ家である江草天仁さんが本業で多忙のため
終わりましたが、今後は「学校編」が同人誌としてコミケ等で発売されるとのこと。
しばらくは手に入れにくい状態かもしれませんが、いずれまとまったら正規単行本に
まとまる可能性もあると信じて、待つことにしましょう。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

貧しくも、健気に生きる「びんちょうタン」。

幼いながらも一生懸命なその姿は、友達の「ちくタン」「くぬぎタン」達共々、イマ時の「わざとらしい良い子」で無い所がポイント高いです。

子供が出来たら読ませたい漫画。

未読の方は読んでみて欲しい、きっと暖かい気持ちになると
思います.....って誉め過ぎですかね?
【2009/02/23 10:48】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


この漫画の唯一の欠点


それは、私の様にガタイがデカく厳つい中年男が買うには恥ずかしく
そして、店員から「ええっ⁇」といった視線を頂いてしまう所。
【2009/02/23 11:00】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


>桃色ジープさん
おお、桃色さんもびんちょファンでしたか!
いや、おっしゃるとおり、誰に勧めても恥ずかしくない傑作だと思いますよ~。

びんちょも、おばあさんと一緒の時はまだ少しワガママで、
一人の今は本当に健気なコになってるところがまたいいんですよね…。

ま、店員さんの視線は(゚ε゚)キニシナイ!!

【2009/02/23 20:51】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


いや~、ここで「びんちょ」が出たのが俺には驚き。

も~FZIROさんとはイイ酒飲めそうです。

【2009/02/23 22:12】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


この頃のクーペやフェートンはエマージェンシーシート(911やRX-7のリアシートみたいな感じ)
が標準装備だったから(多分)はみ出しシートは深く考えなくて大丈夫ですよ。

この手のミニカーはまともな形で残ってないなー(WHやプラモの
ジャンクパーツでストリートロッドについ改造しちゃうから)。
【2009/02/23 23:15】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


こ、これは!
良いTEN(以下自粛)ですね、m(_ _)mゴミンナサイ!(土下座)

自分はアニメ版をちらっと見たのでありますが、擬人化つながりのオッサンボケするのが情けなくなるくらい良くできていて感心いたしました。
画像のクルマのシーン、「雨の日曜びん」でしたっけ?

某森林組合さんのキャラってのには驚きましたが、原作者さん以下この作品に関わった人たちの良心が伝わって来るようで、心が暖まります。

とはいえ、頭のカブリモノ(?)を初めて見た時は巻寿司と見間違え、回転寿司チェーンのマスコットだと思っていました(恥)

デイズゴーンの事情、いろいろ教えていただきありがとうございます。原点回帰主義みたいな志が素晴らしいですね。古い車って新規のファン層開拓が難しいのではないかと思うので、リーズナブルな価格でコレクターを育てて欲しいなあ、と思います。
【2009/02/24 12:28】 URL | どどまいや #xl3yL0pg [ 編集]


>桃色ジープさん
実はびんちょにかんしては、アニメであのシーン見た時からずっとミニカー捜してタンですよ。
手頃なのがやっと手に入って何とかupできましたヽ(´ー`)ノ

あの時代の車体はいろいろ細かい違いはあったみたいだけど、
こういう予備シートもパターンとしてあったんですね~。

今度、博多に帰ったら、ぜひお目にかかりましょう。
いつになるかは解らないんですけども……。
【2009/02/25 01:16】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>どどさん
お、どどさんもびんちょファンなんですね~!
そうです、第4話ですね。あの中でしりとり遊びしてますヽ(´ー`)ノ

頭の木炭は、ああいう風習が本当にあったんですかねぇ?
じっさい、アレをして生活したら、あちこち真っ黒になりそうだけど(笑)。

デイズゴーンの志と現実、いろいろ厳しいものがありますよねぇ…。
でも、こないだ都内のミニカーショップにいったら、
少しだけデイズゴーンの取り扱いが増えてたんで、
また徐々に昔みたいに充実してくれるといいな~と思います。

【2009/02/25 01:25】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


う~ん。マンガもアニメも当方は未見でした。機会があれば観てみたいです。
皆さんがこれだけ良いと言うのですからきっと良い作品なんですね。

・・・デイズゴーン、確かに見掛ける事が少なくなりました。マッチボックスにもイエスタイヤ―が有りましたけど、経営母体がマテルになってからすっかり影を潜めっちゃった感が有りますね~。この年代のクルマは当方の守備範囲からは外れてしまい数台しか持ってませんが、素朴なモノには素朴なモノなりの良さが有ることは当方にも分かるような気がします。
【2009/02/25 02:00】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


「びんちょうタン」、、
いいでつよねー、、、なんか健気で、、

あ、完全に遅刻でありますー、、すいません、、
で、フォードのAタイプで間違いないですねー、、こーやって見るとなかなかいい雰囲気で、、

そー云えば、たしかトンカにも、同じようなのがあったハズでつ、、
【2009/02/25 11:16】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>Ponys41さん
ぜひ御覧ください。本当に素晴らしい作品ですから…。

いろいろ志高かったマッチボックスも、本社はマテルのものに、
マッチの変節と海外生産を嫌って、初期イメージと英国生産を重視して
再操業したようなものだったレドはコーギーにと、
売られてしまったのはこの業界の現実の厳しさを物語ってますが、
マテルにせよ、コーギーにせよ、規模は縮小されたとはいえ、
その買い取ったブランドのイメージを保とうとする努力はしてるようなんで、
そこにわずかながらの希望が持てますかね~。
ダイヤペットみたいに、買い取った先が全然違うものに変えちゃうのもよくある話だし。


【2009/02/25 12:53】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>覆面えるさん
いえいえ、コメントいただけるだけでうれしいです。ヽ(´ー`)ノ

あ~、Aタイプで間違いないですか!
今風に言えば、不法投棄の産業廃棄物ですが、
ま、ソレハオイトイテ、クラシックカーだけに完全に風景ととけ込んで趣があります(笑)。

tonkaにもありますか~。あそこも素朴なミニカー作りますよね。
【2009/02/25 12:57】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


そそ、フォードA型でつ、、

http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/6992827/#cm

↑この写真と同じでつ、、
【2009/02/25 15:50】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
あ~、ありましたね、この写真!
子供が着物着てるし、『びんちょうタン』の時代も
ちょうどこの頃のような気もするんですが、
カラーTVがあったりもするんで、いろいろ謎です(笑)。
【2009/02/25 15:59】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


どもども、、度々失礼します、、

http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/12292933/

勝手連、アップさせていただきました、、ご笑覧いただけると幸いでつ、、

でわでわ、、

【2009/02/26 10:07】 URL | 覆面える #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/02/26 17:29】 | # [ 編集]


>覆面えるさん
お、ありがとうござます!
さっそく伺います!!
【2009/02/27 00:10】 URL | FZIRO #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/234-95b95c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)