キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレートレース再び!
sizeelmain.jpg
前回、『グレートレース』について書いたのは2007年の9月でしたが、
その際の調査で「2008年にオリジナルグレートレース100周年記念再現レースを開催」の予定で、
現在参加車のレプリカを作成中というニュースを見つけていたんですよ。
そのときは実際に開催されてから改めて記事にしようと放置し、そのまま忘れていたんですが(笑)、
最近、オリジナルグレートレース参加車のミニカーを何台か手に入れたので改めて探ってみると、
どうやら予定が延びてまだ実施されてない様子です。
ひょっとしたら期日までにスポンサーが集まらなかったのかも知れないし、

pekinggoua.jpg
あるいは2008年と言えば、あの北京オリンピックのシナチスによる業火リレーが世界中で行われ
大騒動になっていたので、そのとばっちりを恐れての延期だったのかもしれません。
ちょっと話がそれますが、次回からのオリンピックでは「開催国外での聖火リレーは行われない」
ことに決まったそうです。あれだけ露骨にプロパガンダに使う恥知らずの国が出た以上は
当然の決定で、中国共産党政府はその蛮行でまたしても歴史に名を刻んだ事になりますね。


purotsreplica.jpg
レースは延期になっても自動車のレプリカ作りは進んでいるようで、
1年半前ですでに完成していたドイツのプロトスの渋い緑色に加え、

thomasreplica.jpg
アメリカのトーマス・フライヤーはその純白の姿を現し、

zustreplica.jpg
イタリアのジュストも鮮やかな赤い色を見せてくれていました。
残るはフランスのたしかデ=ディオン・ブートンだったと思いますが、その完成も待ち遠しいですねぇ!

トーマス・フライヤーは実車が保存されているので、その色が白だというのは解ってたんですが、
他のクルマはモノクロ写真しかなかったので、プロトスの緑とジュストの赤はとても新鮮に目に映り、
残りの3台がどういう色だったのかも気になってきました。
このレプリカ作りと連動して、オリジナルレースのドキュメント仕立ての映像作品も撮影されたようで、
その作品『The Greatest Auto Race』も観てみたいです。


映像作品と言えば、あのブレイク・エドワーズ監督の作品『グレートレース』ですが、
調べていくウチにけっこう大筋では史実をなぞっていることに改めて気づいてきました。
ただ微妙な違いもあり、そのあたりを改めて検証していくとまた面白そうです。

greatracemovie 2009-04-03 08_35_13_437
映画ではアメリカ人のグレート・レスリーがアメリカ車の性能を全世界にアピールするために
レースの開催をアメリカ自動車協会に持ちかけ快諾されています。
(その際にレスリーはお偉方の目の前で、たぶんグレートレスリー号のモックアップを
もて遊んでいますが、よく見るとそれがトーマス・フライヤーに似ているのは意図的だと思います。)
しかし史実ではフランスが言い出しっぺで、フランスにひしめいていた多数の自動車メーカーの名前を
世界に轟かせようと企画されたものだったようです。フランスから3台も出てるのもそのためで、
他国の3台はそれにハクを付けるための添え物、つうか生け贄だったようです。
そのため、ドイツからはプロトス、イタリアからはジュストと、あまり有名とは言えないメーカーしか
参加していないし、アメリカは誰も名乗りを上げないため、トーマス・フライヤーがやむなく参戦した
というのが正直なところだったようです…。

szeel3sides.jpg
今日お見せしているのはそのフランス勢からの1台で、シゼール・ノーダン・コルサ1906です。
フランスのクレというメーカーのモノで、約7.4cmで1/48スケールのプラスチック製。
私は今回初めて知ったメーカーなんですが、
cremark.jpg
このような「鍵」のマークのトレードマークを持ち、フランスではそこそこ有名だそうです。


白地に金銀メッキがなされ、赤いシートがアクセントになっているという、いかにもフランス製らしい
シャレたミニカーで、プラスチックの軽みが全然欠点になっていないのは流石です。
バンパーが弓形というかハンガー形というか、独特の形をしており、
ボンネット上の一つ目みたいなディテール(ライト?)とも相まって個性的なルックスになってます。
※ Ponys41 さんの御指摘でこの弓形のはサスペンションだと解りました。
  どうもありがとうございました。m(_ _)m


Sizaire-Naudin72.jpg
このクルマは当時の写真ではこう写ってるので、おそらく色調もミニカーに似た感じだったと思います。
シゼール・ノーダンはモーリス&ジョルジュのシゼール兄弟と、ルイス・ノ-ダンにより
1900年頃設立されました。彼らが作ったクルマは1908年5月10日のシチリア島自動車レースでは、
スタートからしばらくは首位を保ったりもしてるので、基本的な性能は悪くなかったようですが、
全体の完成度には問題があったのか、シチリア島レースではスリップで脱落、
このグレートレースでもたった71キロ時点でリタイヤし、ニューヨークを出ることすらできませんでした。
この会社はクルマの完成度同様、社内の結びつきも弱かったようで、1912年にはシゼール兄弟は
飛び出し新会社を設立したため、10年そこそこの歴史しか刻めませんでした…。
なんかこのあたり、レース結果と社運が直結してるようで面白いですねぇ……。

『グレートレース』関連は何回か続けようと思ってますので、以降もお楽しみに!










テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

グレートレース、子供の頃にTVで見たような記憶も有るんですが、なにか他の映画とごっちゃになってるかも・・・こう言う感じの映画としては素晴らしきヒコーキ野郎も大好きでした。凧に乗った石原裕次郎なんてそう見れる物ではないですし(笑)。
1/48のプラ製ミニカーとは珍しいですね。メーカー名は聞いた事有るようなないような・・・なかなかオシャレですね~。
【2009/04/04 02:26】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


> Ponys41 さん
これシャレてるでしょう?
ヤフオクの写真で見たときにはRAMI製のミニカーと思ってたんですが、
実際に届いてみると何か違うので、RAMIの写真とじっくり見比べるとやっぱり別物で、
ディーラーさんに聞いてみたら、詳細を教えてくれました。
写真追加しておきましたが、鍵のトレードマークがいい感じなんですよ。
やっぱおフランスってイイざんす~(爆

『素晴らしきヒコーキ野郎』での裕次郎の凧はキテましたよね~。
あの日本の描写はないだろうとずっと思ってたんですが、
実はそれなりに忠実だったということが最近解ってきました。

それはまた追ってお伝えしますね~!
【2009/04/04 02:56】 URL | FZIRO #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/04/05 07:18】 | # [ 編集]


>桃色ジープさん
たぶんまた、設定ミスと思うんでレス(笑)。

深夜テレビは時々ノーカットに近い映画をやってくれるんで
9時の映画劇場よりいい状態の映画が見れてよかったですよね。

博多時代に、アダム・ウエスト版『バットマン』の映画版の旧吹き替えのを
深夜にやってくれたことがあって、後にビデオソフトが出たときは
広川さん以外は声優総とっかえだったんで、貴重な記録になりました。
【2009/04/05 17:28】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


えーん、、忙しいよー、、で、完全に遅刻であります。。

このモデル、、創りが繊細で、とてもステキですよねー、、こんなモデルが存在したのですねー、、
いゃー、、素晴らしい、、

で、Ponys41さんから『素晴らしきヒコーキ野郎』の話が出ていますけど、『素晴らしき自動車野郎』ってのも、深夜番組で放送してました、、もちろんクラシックカーのお話でしたけど、、

ご存知ですかぁー♪

【2009/04/07 12:45】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
新年度で、一気にお仕事増えたみたいでお疲れさまです。
このクレというメーカー、詳細は不明なんだけど、かなりいい出来映えなんで
他にも手に入れてみたいですよ。

『素晴らしき自動車野郎』って知らなかったんで調べたら、
第一次大戦版「ラットパトロール」って感じですかね?
http://natsukashi-usa-tv.seesaa.net/article/106449507.html

この主役のベアキャットってのが次回の記事で解説してる緑の3番です。
【2009/04/07 13:12】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


↑ 大先輩に同じく遅刻でありますm(_ _)m

この時代の車って、トーマスフライヤーしか見た事ないです(涙)

http://www.toyota.co.jp/Museum/data/a03_03_1.html#1

ということ(?)で、おフランスのカウンタック(??)で紫艶するであります!!
【2009/04/07 13:14】 URL | どどまいや #99DFA69w [ 編集]


>どどまいやさん
コメント下さるだけで充分です。遅刻なんてカンケ~ネ~!(死語

トヨタミュージアムに行ける環境なら、アソコ実はいろんなクラシックカー飼ってるから
見ておくとイイですよ。

フランタックに期待しまつ(w


【2009/04/07 13:18】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/248-ca9b2a8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。