キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


双頭の鷲の紋章の元に……
空想幻想映像界に確固たる位置を占め、なおかつ当ブログの収集対象に含まれていながらも
これまで登場してなかったシリーズが、実写に1つ、アニメに1つの計2つあります。
一部の人からは不思議がられていたかも知れませんが(笑)、その2つに関し、
相次いで大きなニュースが流れたので、封印を解いて御紹介することにしましょう。

1242889944766.jpg
まずは実写の方は「仮面ライダー」シリーズで、『仮面ライダー電王』だけはすでに紹介済みですが、
本丸たるバイクにこれまで触れてきませんでした。興味が無いのかというとそんなことはなく、
ブツを持ってない訳でもありませんが、どう紹介しようかを決めかねているうちに、
今回の「飯田流出」事件が起こった訳です。
その事件のあらましは、この上の新「死神博士&地獄大使」の画像を始めとして、
『仮面ライダーディケイド』の多数の未公開画像が「飯田」という人物名義の
インターネット上のブロックがかかってない保管庫に置いてあるのが発見され、
画像検索で見つけてしまったマニアが流出させ大騒ぎになったというものでした。

これまで解禁以前に、関係者と思われる人物が匿名で一部画像を流出させることはあっても、
これほど大量画像が流れてしまったことはかつてなく、しかも騒ぎになった直後に全削除されたので、
その「飯田」たる人物が無事で済むわけはないと様々な憶測を呼んでおります…。
この事件後、数日で新聞やnetで正式発表になったので、東映側もよっぽどあわてたらしいと
思われていましたが、今月末のテレビ誌(『テレビマガジン』『てれびくん』等)で、
ちゃんとまとまったページ数でのグラビア紹介が特集されているようなんですね…。
雑誌でのまとまった紙面構成は、通常は発売の2月前、ねじ込んでも1月前でないと不可能なので、
飯田流出でそれほど東映側の想定スケジュールに狂いが出た訳ではなく、
せいぜいギョーカイのオヤクソクになってる「解禁はTV誌から」という慣例が崩れた程度の被害
だったのかも知れませんね(笑)。ヨカッタネ、イイダサンヽ(´ー`)ノ
ともあれ、この新「死神博士&地獄大使」の写真の破壊力はなかなかで、
どちらもオリジナル俳優が亡くなってますから、石橋蓮司&大杉漣という
これだけイメージピッタリの俳優をキャスティングする東映側のやる気を感じさせます。
つうか、『仮面ライダーディケイド』を観てる人には、死神博士の方は違う意味で
衝撃がデカインだけども、これがあのお爺ちゃんと同一人物かどうかはまだ解りません。
2ちゃんのネタバレスレには主人公の士の正体も始め興味深いことがいろいろ書いてありますが、
正確さに疑問が残るのでここでは触れないことにしますが、大ショッカーの紋章の鷲が双頭である
こととも考え合わせると、いろいろ深読みできそうでワクワクしてきます……。

ちなみに全然御存じない方のために補足説明しますと、
これは夏公開の『仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』という映画で、
rekidairaider.jpg
すでにこういう画像(クリックで拡大!)が発表され、昭和と平成の主役ライダーの競演と
「大ショッカー」というなんとも懐かしい名前、さらには映画のロゴが最初の劇場用新撮映画だった
『仮面ライダー対ショッカー』のそれに似せてあることから、オッサンマニアに話題沸騰だったんです。

ridervsshocker.jpg
それに加えての飯田流出に、倉田てつをさんが出演というニュースまで飛び込んできて、
ヒートアップも頂点に達しているという感じでしょうか?(笑)


kaizoucyclonmain.jpg
ということでこの機会に乗じて、「仮面ライダー」カテゴリーを作っちゃうことにして、
今回お見せするのは、最初期サイクロン玩具の名作、ポピニカのサイクロン号です。
サイクロンには大きく分けて3種、旧サイクロン、改造サイクロン、新サイクロンの3つがありますが、
ポピニカの最初にミニミニサイクロンとして出たのは改造サイクロンでした。
改造サイクロンってのは、フルカウルの旧サイクロンがアクションには不向きなので、
そのイメージをできるだけ引き継いで、カウルを前だけのビキニカウルに取り替えたサイクロンですね。

kaizocyclonzisya.jpg
実車の写真はこちらですが、これはベース車はホンダSL350K1とのことで、
つまりは本郷が変身前に乗り回してたり、ジャンプの時だけ入れ替わっていた(笑)バイクと同じです。

zyouyou1.jpg
こちらがそのいわゆる常用サイクロンの写真(乗ってるのはスタントマン)ですが、
基本的にはコレにビキニカウルを付けて、荷台の辺りのとんがったパーツを付け加えたと
考えていいんじゃないでしょうか? マフラーの形が違うようにも見えるので、
ひょっとしたら常用サイクロンそのものじゃなく同型のバイクからの新規製作のようにも思えますが、
当時の低予算から考えると完全にオシャカになるまでは使ったでしょうから、
私は常用サイクロン再改造説をとります(笑)。


ポピニカの第一回商品はこのミニミニサイクロン号で、発売は1972年6月のこと。
ちょっと前にお見せしたミニミニホバーパイルダーや、これは持ってませんがミニミニ兜号オートバイ、
これは紹介済みのマッハロッド、さらにはキカイダーのサイドマシーンと、
仮面ライダーV3のハリケーン、の全6種がこの「ミニミニ~」として出され、
これまではなぜこの6種だけ違うシリーズ名だったのか謎でしたが、
当ブログ常連の覆面えるさんの御研究を拝見しているうちに、
当時バンダイはアメリカのアイデアル社と提携し、同社の「mini MOTORIFIC」シリーズを、
「ミニミニ~」として発売中で、一番有名な「ミニミニカー」を始め、「ミニミニバイク」「ミニミニタンク」
「ミニミニレール」等多数展開中だったので、当たるかどうか解らないダイキャスト製マスコミミニカーを
出す際に、その一連として「ミニミニマスコミカー」的ノリで出してみて大ヒットしたので、
正式に新しいシリーズとして「ポピニカ」(ポピーのミニカー)として独立させたんじゃあないかという
仮説を思い浮かべました。このミニミニサイクロン号の成功がポピニカを生み、
さらにはダイカストという素材にバンダイが自信を持ち74年の「超合金マジンガーZ」の
発売へもつながったと考えると、いろいろと感慨深いものがありますねぇ! ヽ(´ー`)ノ

kaizoucyclon3sides.jpg
この私が所有するポピニカのサイクロンですが、実はいろいろといかがわしい個体です。
大きく2つオカシイところがありますが、どこがどうヘンなのかお解りでしょうか?(笑)。
まずその一、「バイクはミニミニ版なのに、人形は78年の第3期発売分である」こと。
そしてその二は「人形が二本ラインで新1号になっている」ところです。

ポピニカ版サイクロンには1~3期があって、1~2期は人形が不格好なソフビ製です。
1期は仮面が濃い緑、2期は明るい緑の違いがあり、新1号編が始まったから変更された
ようですが、不格好なのはそのままです(笑)。
3期は78年の発売だけあってスマートな人形でこれぞ新1号って感じですが、なぜかラインが1本線。
しかしよくよく見ると腕には2本ラインのモールドが入ってるんですよ。
それでこれは技術的限界で塗れなかったと判断し、真中をマジックで塗って2本ラインにしました(笑)。
超高値のレア商品になんてことしやがんだぁヽ(`Д´)ノ!! 
とお怒りの方々、どうもすみませんm(_ _)m。
でもねぁ、私がコレ手に入れたのはずいぶん昔で、第3期はまだ定価で買えたんですよね。
さらにミニミニサイクロンに至ってはデッドストックを見つけたんで1個200円でした!(爆)。
(ミニミニに3期の人形が乗ってる訳の半分はそういうことですが、残り半分はまた後日書きます)
1~2期と3期にはバイクにも違いがあって、ホイールが金属製からプラ製に変わった他に、
カウルの立花レーシングチームのマークが違い3期がよりホンモノに近いデザインです。
ウチのブツはホイルは金属製だし、シールが赤みを帯びて少しヘンなんで1期ですね。
この時代にこれだけ完成度の高いオモチャを出していたんですから、当時のポピー、恐るべしです。
サイクロンに関してはまだまだ語るべき事がありますから、それはまた次回お届けしましょう。

この記事に対するコメント

ポピニカは改造サイクロンしか出なかったので買わずじまいでしたが、
やはりサイクロン自体は大好物です!!新、新リペイント、さらにハリケーンも!!
ただし、ジャングラーは横風に弱い!!

勢揃いのライダ^-ですが、旧1号マスク、旧1号リペイント2号マスク…後半はは桜島2号マスクとかでリメイクしていただきたかったです。

【2009/05/24 02:03】 URL | 68’ #- [ 編集]


> 68’ さん
ポピニカサイズで他のサイクロンを揃えるのは、昔はけっこう大変だったですよね。
そのあたりは次回で触れますので、こう御期待! 他のバイクもまた追って!!

各ライダーのバリエーションですが、なんでこのカラリングで集めたかは今イチ謎で、
他にスーツが無い連中はともかく、1号2号なんかどうにでもなるだろうにこうしたのは
何か特別な意味があるのかも知れませんね。

【2009/05/24 02:33】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


毎度でーす♪、、どもども、プチ勝手連、、ありがとうございまーす、、
しかし、ポピニカのネーミングの秘密、、なかなか奥が深そうで、楽しみなお題ですねー、、

で、、、あ゛ー、、こんな貴重なお宝に、ラクガキなんかしちゃってー(爆)
と、仰るとおりで、15年くらい前は、まだまだゴロゴロしてましたもんねー、、

あのとき、いっぱい買いだめしていねば、、いまはずっとお金持ちにー(爆)
【2009/05/25 10:54】 URL | 覆面える #- [ 編集]

♪信じられるか?このパワー!史上最強のライダー軍団♪、違!
OH!ミニミニサイクロンかっちょええですネ!!(ディエンドに狙われまっせw)

映画の方、勝手に『~決戦!大海獣』な展開を期待してしまいますが、ディケイドがショッカー側ってのが大雑把なお話なんですか?

ライダー勢揃い画像を鵜呑みにさせていただくと、ディエンドのお宝コレクション(左側)とディケイドのカード(右側?)からガンバライドに量産されるのでありましょうか?(BLACKとRXのカード、それぞれが持っててモメるとか?)

平成シリーズでも今や別格扱いの電王が、お約束のシャドームーンとキンタロスの小芝居のため(?)に倉田ブラックの時代へ飛んだり、CGの巨大「J」と絡んだり…。

映画本編だけでは物足りない大きなお友達のために、ガンバライド専用ムービー、DVD特典未公開映像&DC版、てれびくんオリジナル映像、ネット配信専用ムービー、色々仕掛けてきそうで、ある意味でショッカーより怖いかも。ブルブル

へたれなコメントでスビバセン。
【2009/05/25 13:12】 URL | どどまいや #2NKnmN5w [ 編集]


>覆面えるさん
いや~、えるさんの御研究あっての今回の仮説でした。
本当にありがとうございました。m(_ _)m

今、サイクロン、1個で5マン越えとかしますもんねぇ……。
いや~、200円でみつけた時、何個か手元に残しておけばよかったなぁ(爆

【2009/05/25 13:39】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>どどまいやさん
せっかくボカしてたのに、そこズバリ聞いてきますか?(笑)
しょうがない、答えましょう……。

えっとね、2ちゃんに書かれてることで、ソースは無いんだけど、

----以下壮絶なネタバレ----
士(ディケイド)の正体は大ショッカー首領で、お爺さん(死神博士)は
お目付役として記憶を失った彼の側でいろいろ画策してるそうです。

紋章が双頭なことと、映画にわざわざ南光太郎とシャドームーンが出てくるところから
もっと妄想をたくましくすると、士は双子もしくは二重人格で、
どっかで大首領(の人格)と入れ替わってしまったのかも?

で、映画の最後に新ライダーが出てくることは確定してるから、
善の方の士(の意志)がディケイドから抜け出してその新ライダーになるのかも、
とかも思ったり……。

でもそれだと、『仮面ライダーSPIRITS』のモロパクリになるよなぁ…。('A`)

まぁ公開までイロイロ妄想してます(°∀° )



【2009/05/25 13:53】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


小さい頃からタイヤは4つ以上ある乗り物が好きな当方でしたが、サイクロン号は大好きでした。子供心に、階段を駆け上る時トランスフォームするのは何故だろうと思っていました(笑)。今思えばモトクロス用のバイクか何かだったのでしょうかね。・・・で、このサイクロン、今はそんなお値段になってしまうんですか。当時も結構高値の花だったような記憶が有りますが、それ以上ですね~。
【2009/05/26 22:27】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>Ponys41さん
まぁやっぱ、フルカウルマシンでジャンプすると壊れるからでしょうね(笑)。
そのジャンプに使ったのが、本文中頃に写真載ってる、
オッサンが2人乗った「常用サイクロン」です。
ホンダSL350K1はオフロードってより、当時の普通のネイキッドバイクみたいですよ。
【2009/05/26 23:33】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


キカイダーのサイドマシンとサイクロン…自分の中では2大ヒーローバイクですね。
特にサイクロンの旧型、あの時代にフルカバードカウル(アッパーカウル→タンク→シートが完全と言えないけれど一体型。量産市販車では85年位に出たホンダのCBR400AEROが最初だった筈)にサイレンサー別体のチャンバー(4本はダミーだったけど)と10年以上先を行ってた。
型落ちのスズキT20をあそこまでやったデザイナーはある意味天才だと思う。

あと、改造サイクロンのベースのSLですが、スクランブラー(ロードスポーツをベースに、車高とマフラーの高さUP&オフ用のブロックタイヤを装着したオフ走行に特化したタイプ)なんで、オフ車扱いでもいいかと…。
【2009/05/30 01:52】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


>桃色ジープさん
旧サイクロンやキカイダー関係もそのうちやるのでお楽しみに!

そうですか、SLってそういう素性のバイクでしたか。
オフロードって、もっと細長いバイクというイメージが強いんで、
当時はあんなゴツイのがそういう用途に使われていたとは思いませんでしたよ(笑)。
いやあ、勉強になりました。そして、Ponys41さん、ゴメンナサイ。m(_ _)m
【2009/05/30 11:43】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/260-338a533d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)