キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


ウルトラの国で!
gingaadensetu.jpg
年末公開予定の『大怪獣バトル』の映画版である「ウルトラ銀河伝説」が
M78星雲ウルトラの星を舞台にした内山まもる版『ザ・ウルトラマン』の実写版に近い内容に
なるらしいことが判明しワクワクが押さえきれない今日この頃ですが、
みなさんいかがお過ごしです(・∀・)カ?(w

造形に品田冬樹さん参加の好結果は早くも現れ、主役のゴモラの造形がグンとオトコマエに
なったのに加え、な、なんとウルトラマンがBタイプになりました! 
ウルトラマンBタイプは撮影直後の展示会以来行方不明になったので、
一番知的な顔でありながらも、その後円谷プロでの再現はされませんでした。
というのも円谷ではいつ作られた物かは解りませんが、Cタイプ用の元型しか持っていないそうで、
そこから何代目の孫型になるのかは不明ながらも、ゾフィー、初代マン、ジャックの顔は
抜かれてきた訳です。そこへ『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』の監督を務めた小中監督が
「UPで見分けが付かない」という理由で、初代の顔をAタイプをモデルにした醜悪なモノにしたことは
以前書きましたが、やはりあれは不評とみえてTVには出なかったのはみなさん御存知の通りです。
ただそのおかげで、ウルトラマンの顔を新たに作り起こすタブーを犯すことになったことは事実で、
そこへBタイプをこよなく愛し自分でレプリカも作っている品田さんが造形で加わる訳ですから、
あんなAタイプモドキじゃなくてBタイプを出しましょうということになるのは自然な流れですよね。



すでにイメージ映像も公開され、その圧倒的イメージが、さすが円谷を乗っ取もとい買収した時に
「CGは万能だ」みたいなことを豪語したTYOだけはあると素直に感心し、

CARNAGEVERIAL.jpg
こちらはスパイダーマンの宿敵であるカーネイジのモロパクリなのであまり感心できませんが、
悪のウルトラマンであるウルトラマンベリアルともども興味津々です。

登場するキャラクターで気になるのがやはりウルトラ戦士の面々ですが、キング父母、6兄弟、
レオ兄弟、ネオス&721あたりは確定で、その他に地球には来たことのない多数のウルトラ戦士が
出るということなので、何が出てくるのか楽しみなんですが、つまりそれって逆に言うと、
地球に来たことのあるウルトラ戦士はそれ以外出ないのかよヽ(`Д´)ノ ってことになりますよねぇ~。
出生のよく解らないキャラを省いても、USAの3人、グレート、パワード、マックス等の
ちゃんとM78星雲出身のウルトラ戦士は出してあげればいいのに……。
最新の情報では新ウルトラマンとしてウルトラマンゼロというキャラクターが出てくるということなので
ますます上の戦士たちの影は薄くなりそうですねぇ……。


saltopmain.jpg
つうことで今回はそういうカワイソウなウルトラ戦士支援企画で、『ウルトラマンG』を取り上げます。
USA、グレート、パワードの海外組は、作品の評価こそ一定の水準は保ってますが、
あまり商品化には恵まれず、特に当ブログメインのミニカーに関しては正規品は皆無だと思います。

『ウルトラマンG』の防衛隊であるUMAは一応世界的な組織のようですが、孤島に設けられた
オーストラリア支部は、隊長のアーサー・グラントの私財で設立されてますから、
半フランチャイズ状態で、孤島が基地なことも含め『サンダーバード』の影響大と言えるでしょう。
オーストラリア支部のオーナーであり隊長であるためか、グラントの権力は強いようで、
地球にグレートが初めてその姿を現した際、本部の指示を仰ぐことなく攻撃を命じています(笑)。
日本語版だと声が小林昭二さんなんでムラマツキャップとの差にめまいがしますが、
彼はジョン・ウェインの固定声優さんでもあったので、イメージ的にはそっちに近いかな?(笑)

saltops.jpg
『ウルトラマンG』の車両メカは「サルトップ」と呼ばれ、1号がパトロールや追跡などに使う
非武装の高速車両で、三菱・ギャランがベース。2~3号が三菱パジェロがベースで一応、
2号はパルスキャノンを搭載し爆撃に強い車体を誇る戦闘車両、3号は非武装の山岳等の荒地走行用
となってますがほとんど同型なので、たぶん3号も戦闘できる設計になってるんじゃないでしょうか?
この作品が制作された1990年はギャランは6代目で地味なセダン、
そしてパジェロは印象的な初代の時期でした。
防衛隊のクルマが2台ある場合、普通はセダンタイプの方が印象に残るものですが、
サルトップの場合はベース車の地味さと悪路の多いオーストラリアという地域性、
それから武装の有無で、パジェロベースの2号が一番印象に残ってます。
(写真は講談社刊『新ウルトラマン大全集』からの引用ですが、本のノド部分が変形してるのをお詫びします)


saltopweapon.jpg
サルトップのミニカーなんか出てないので自作することになりますが、
地味な1号は避けて、一番活躍した2号を選んだのはそういう理由です(笑)。
とは言え、今普通に売ってるパジェロのミニカーは後の時代のモノなのでベース車探しが大変でした。
当時のダイヤペットなんかにはあるんですがちょうどお手ごろ価格のジャンクが無く、
ウン千円出したヴィンテージを破壊するのはさすがに心もオサイフも痛みます。
ってな感じでしばらく足踏み状態だったのが、他の買い物に行ったダイソーでこういうの見つけました!

daiso100yenzeep.jpg
ほら、このいかにも怪しいランクルモドキ! 当然100円なんで、ズタズタに切り裂いても
ちっともサイフは痛みません!



つうことで切って張って盛って塗ってしたのがこちらです。
saltop3sides.jpg
表面の追加ディテールはスチレンボードを加工して作り、屋根の銃座は元からあった囲いを
そのまま利用し、そこに足下に転がっていたテキトーな銃をはめ込みました(笑)
ウチの足下はいろんなモノが常時転がってるのでこういう場合とっても便利ですヽ(´ー`)ノ
ソウジ シテナイ トモ イウ ケド……ヽ(`Д´)ノウワァァン!!

さて、この段階でパジェロとの大きな違いに気づいたけど(゚ε゚)キニシナイ!! つうより手遅れ……_| ̄|○
そうです、パジェロは4シーター、このランクルモドキは6シーターなんですね……。
まぁオージーだし、そういうカスタムもあったということで強引に自分を納得させます。
そもそも資料がほとんど無いんで2号機と3号機の折衷の外見になってるし(爆


さて映画版『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説』の話に戻れば、
最近発表された写真では、スーパーガッツのコスチューム姿もりりしいアスカが、ZAPクルーや
ウルトラ兄弟がテンペラー戦で着てたお揃い衣装に身を包んだミライと一緒に写っています。
ultrakyoudaifu.jpg

これたぶん撮影UPの記念写真と思いますが、ということは、『ウルトラマンダイナ』の最終回で
光となって消えたアスカが今度こそ本当に帰ってくるということなんでしょうか?
すでに去年の『大決戦!超ウルトラ8兄弟』で魂だけは別世界に生きるアスカに覚醒し、
「アスカ、お帰りなさい」と迎えられるシーンでは涙チョチョ切れましたが、本人だとまた格別です。
もしかすると、あの映画の最後でウルトラの星へ向かったメンバーが全員、
本当のハヤタやダンやアスカやガムになって向こうで暮らしてるってことかもしれませんが、
それはそれで燃えますよねヽ(´ー`)ノ  
全国公開される2009年12月12日(土)までには、また情報も小出しされるだろうし、
配給はワーナー・ブラザース映画に移るので、洋画系で拡大公開されるだろうから、
スクリーン数が少なくてまどろっこしい思いをすることはなさそうです。





テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

あ゛ー、、、
ダイソー100円ジープ、、こんなにカコ良くなってしまうなんてー、、、、

見事ですねー、、、相変わらずの手際の良さに感服でありまーす、、
ちなみに、メッキを落とすには、塩素系の漂白剤に漬けてやると、キレイに落ちますよー、、ご存知でしたら、ごめんなさいでつ、、

で、、ぢつわ、アタシも、このジープとかバスとか、リモコンF1レーサーとか、ダイソーで部品取り用に買い占めてますー、、
先日のオペルの得たいの知れないリモコンも、たしかダイソー産だと思います、
http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/13869128/
【2009/07/10 12:44】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
いや~、また雑な模型をお見せしてお恥ずかしい…。
失敗しても100円なんで、いつもにましてお喜楽にやりますた(w

メッキ剥がしの技法伝授、ありがとうございます。
今回はペーパーがけでやりましたが、次回はその方法も考慮してみます。m(_ _)m

ダイソーは、ホント、素材の宝庫ですよね。
いろいろ高騰し大変でしょうが、このままの路線で頑張って欲しいです。
【2009/07/10 18:01】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]

気になるベース車輌
しばらくです。

記事で取り上げられる各特装車のベース車輌は何?とう点で展開するように、
FJIROさんが車輌作製に使われたミニカー等の内訳事情も毎回、楽しみな一つです。


シーボーズの回よろしく、毎年、「ミニカー供養」をしてらっしゃるのでしょうか?(笑)

し、失礼。FJIROさんの手により、彼らは転生され失踪…基い!!
新たに疾走人生を駆けるのですね。
【2009/07/11 16:33】 URL | TMJM #- [ 編集]


> TMJMさん
お久しぶりです。また TMJMさんの琴線に触れるコンテンツを書けて何よりです!ヽ(´ー`)ノ

元車のベース探求は確かにウチの大きな課題の一つですが、
デッチビルドのベースに興味をお持ちとは意外でした。
いかにテキトーなモノをそれらしくでっち上げるかのミョー技(笑)、
今後もどうか、生暖かく御監視下さい。m(_ _)m
「似てネーヨ!」とか「こうやった方が良かったんじゃないの?」というツッコミも歓迎です(笑)。

ウウム、失踪させたクルマの供養、確かにそれも考えないといけないですなぁ…。
おもにジャンクを使って転生させてるつもりでしたが、
過去の悪行もあれば、今回なんか完全に新品を潰してるし……。
年末か、年度末(ウチは4月末)までには何か考えましょう……。



【2009/07/11 18:06】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]

綴りが誤記で失礼いたしました。
FZIROさん、いきなりお名前綴りが誤記にて失礼いたしました。<(__)>


供養などと、口が滑りましたが、
ベースになった車輌たちも世に放たれた時から、
「オレは、このままで終るようなタマじゃねぇやい!!」と、
自ら改造に身を呈して行く猛者ばかりなのでしょう。そんな「城茂」な彼等を、誰が止められますか?(笑)

~そうして見事に転生できたのも、
彼等の正義の心と、ブラックサタンの驚異の改造技術が合致したからこそなのですよ。

…はッ!!少々取り乱してしまいましたっ。<(__)>
【2009/07/11 20:54】 URL | TMJM #- [ 編集]


> TMJM さん
あっはっは、NETでの多少の誤字は愛嬌です(w

それよりも、自分はデッドライオンだったのかぁ~!(爆
どうにて時々、無性に改造したくなる訳だ~(違

よしそれならばそのうちに、ゼンダライオンのジャンクを手に入れて、
我が愛車であるデッドライオンカーを作ってやる~!!
その時まで、命は預けたぞ~、城茂~!!


デ、ソノママ マタ 30ネン イジョウガ タツンデツネ、ワカリマ(・∀・)ス!
【2009/07/11 21:11】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]

あ、あなたもジャック兄さん!
こんばんは。
いや~素晴らしいです。
このクルマの立体モデル、初めて拝見しました。

小サイズ・ミニカーに実車の特徴をブチ込んであって(表現が悪くて申し訳ございません)どこから見ても完璧ユ~マ!(意味不明)
fziro様から見れば、ダイソーも宝の山に変わる感じで、今回もブッタマゲました。

♪かわれ~ジャックおおきくつよく♪
『ウルトラマンG』、個人的には京本さんのオモチャ!みたいな変な先入観があって、通しで見たことないんですけど、夜のビル市街戦で『ディバイディング・ドライバー!!』的に「空間湾曲」させたみたいなフィールドでグレイトとカイジュ(名前が出てこなくてゴミンナサイ)が戦っていたのがすごく印象的でありました。
【2009/07/13 20:19】 URL | どどまいや #FF3H9HIM [ 編集]


>どどまいやさん
ホビジャやBクラブの作例で作ってる可能性はありますが、
市販品ではやっぱ無かったでしょ?
まだまだ納得いってない部分もあるんで、またいずれ手直ししようかと思ってます。

『ウルトラマンG』はオーストラリアの人たちが一所懸命に作ってるから面白いですよ。
お値段分ってのが透けて見える『ウルトラマンパワード』より上かもしんない(笑)。
またパワードはパワードで、決してつまらなくはないしヽ(´ー`)ノ
ぜひ、観てみてくださいな!
【2009/07/14 00:45】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/273-39385b96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)