キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


西部警察が生んだ名車、マシンX
machinexmain.jpg


日本ドラマ界に刑事ドラマ数あれど、その中で特殊な輝きを放つのが
1979年に放送開始された『西部警察』であり、
そのきっかけを作ったのが、今日の御題のマシンXです。
単に過激なカーアクションを売り物にするものはそれ以前にもありましたが、
この『西部警察』はその卓越したメカ描写によって他の作品とは一線を画していました。

このマシンXとは、第45話で高性能の外国車で逃亡する犯人に翻弄され、
従来のパトカーでは太刀打ちできなかった大門軍団に始めて配備されたスーパーパトカーで、
スカイライン・ジャパンターボに徹底的な改造を加え、
マイクロコンピューター制御による、サーチライト、リモコン式スチルカメラ、
フロントバンパーに設置された特殊発信ペイント発射銃、等52種類もの特殊装置を搭載し、
更に敵に奪われた時を想定した遠隔操作式の自爆装置まで配備してあるという、
まさに夢のパトカーでした。


mx3sides.jpg

ノーマルでも充分にカッコイイ、スカイライン・ジャパン(この通称は「日本が生んだ名車」という意味)に
JPSロータス張りの黒字に金ラインというシブイ塗装を施し、
さらにそれにオモチャチックにならない程度の特殊装備を取り付けたこの車は、
まさに日本版ボンドカーというにふさわしい、西部警察が生んだ名車でしょう。
実際に、この通りの外見に改造するジャパンオーナーも数多く登場したほどの人気を呼び、
この後も続々と続く大門軍団スーパーパトカー群の露払いの役割を見事に果たしました。

今回お見せするのはスカイネットから近年発売された1/43スケールのレジン製完成品です。
材質の性質上、室内はムクのため黒塗装でごまかしてあるのは大きな欠点ですが、
プロポ-ションは素晴らしく、シャープさも充分です。

西部警察のスーパーパトカーのミニカーは、放送当時、ダイヤペットから発売されましたが、
なぜかこのマシンXは出ませんでした。ノーマルのスカイラインジャパンは出ていて、
黒地に金のサイドラインというほとんどマシンXと同じ塗装のタイプまであるんで、
きっと腰の重いダイヤペットのこと、タック・パンサーの時みたいに、
モタモタしている間に発売時期を逃してしまったのか、
あるいはこの「なんちゃってマシンX」を試験的に出してみて、
売れ行きを計っていたのかもしれません(笑)。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

自爆装置まで備わっていたのですか(笑)
ほんと内装がないのは残念だけど・・・子猫の頃の興奮を呼び覚まされますね♪
【2007/05/20 02:08】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>ねこざかなさん
いや、ホント、パトカーの装備じゃないですよね、それ(笑)。
まさにボンドカーって、まてよ、よく考えたら
『ユア・アイズ・オンリー』よりこっちの方が早いんじゃないですかね~?


【2007/05/20 09:55】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


あーっっ!
また、先を越されてしまいました(笑)、、うちにも、西部警察グッズいっぱいありますよぉ~、、

このアオシマのシリーズも揃っていますが、、やっぱりコレが一番でつね、、
この後の赤いR30は、なんか現実離れしてしまい、、なんか戦隊モノみたいでしたから、、

あと、アオシマの1/24のキットも揃えていますが、、製作は未定でつ、、
ではでは、、
【2007/05/20 21:27】 URL | 覆面えるさん #o9vZdglg [ 編集]


>覆面えるさんさん
あ~、どうもすみません。 m(_ _)m
なにせ、ラインナップが限られた世界ゆえ、ついつい被っちゃいますよね(笑)。
どうか、気にせずに、そちらでもおとり上げ下さいませ。

このマシンXが今でも一番人気なのも解りますよね~。
このアオシマ(スカイネット)のシリーズでも、RS4兄弟よりこっちの方が入手困難ですもん(笑)。
ダイヤペットが『西部警察』にもうちょっと早く手を付けていてくれたらなぁ…。
【2007/05/20 21:50】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


時代を超えても「かっちょええー」と思うw
【2007/05/22 17:31】 URL | さんた #- [ 編集]


>さんたさん
そうですよね~!
こういうシンプルなデザインのカッコよさって「時」を超えますよね。
まだこのタイプのスカイラインはタマに街を走ってるのを見かけるんで、
なるべく長生きしてほしいなと、いつも思ってますよ…。
【2007/05/22 18:04】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


DVDの紹介をしましたが、「スカイラインCMコレクション」にはハコスカやケンメリのCMが収録されていましたが、プリンス時代のS50や、この型(ジャパン)のCMまで入っています。しかしR30は入っておらず特典映像に登場します。あと、R34GT-Rまで収録されています。
西部警察の時代はジャパンターボとR30のRSターボですが、それ以前のハコスカ(2ドアハードトップ)、ケンメリのGT-Rがデビューした頃はちょうど大阪万博や三島由紀夫切腹事件、あさま山荘事件があった時代でした。ジャパンターボの時代は寺尾聡の「ルビーの指輪」が大ヒットしました。
7thスカイラインは西部警察放送終了後にデビューしました。そして、R32でGT-Rが復活、R33、R34そしてV35、V36、R35GT-Rといって今に至っています。
【2010/08/05 17:51】 URL | 永山修一 #- [ 編集]


>永山さん
そのあたりの時代の流れは、当方は全部リアルタイムで見てきています。
いろいろあって、いろいろ得るものがあって、それ以上、無くしたものもたくさんある…。

気軽には振り返れないことも、人生には多いですよねぇ………。
【2010/08/12 21:41】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


あの時代は歴史の本で見ました。私は昭和50年生まれです。で、私はあの時代は歴史の本で見ました。
で、7thのデビューした時代は阪神タイガースが当時の常勝チーム西武ライオンズを破り日本一を取った時です。後、今でもファンがいるアイドルの岡田有希子が自殺した(今はAKB48のファン)のも7thの時代で、昭和天皇が崩御され元号が平成になったときにR32になり、R33はサッカーJリーグや野茂のメジャーリーグなどスポーツブームのときです。R34になりそして、ドラマ「HERO」があった2001年、V35がデビューそして、V36、R35GT-Rです。
【2010/08/17 17:00】 URL | 永山修一 #- [ 編集]


あれからもうずいぶん経ちました…。
でも、その辺のことは昨日のことのように思い出します。
【2010/08/20 08:30】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


7thの時代の書き込みで岡田有希子の自殺の事を書きました。で、今はAKB48のファンだと書きました。もう一つファンの芸能人がいます。それはPerfumeです。
どっちもカワイイです。
【2010/10/25 18:11】 URL | 永山修一 #- [ 編集]


アイドルは時代を映す鏡ですよね。AKBにはなぜか姪がハマってますw
【2010/11/06 10:23】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


V35がデビューしたとき、ドラマの「HERO」があったと書きましたが主演は木村拓哉です。
SMAPのメンバーです。
ジャパンターボのとき、田原俊彦、近藤真彦、野村義男のたのきんトリオがで、、そして、少年隊、光GENJI、男闘呼組、忍者、SMAP、TOKIOと出ました。
最近では嵐やNEWSなどが出てきましたが、強力なライバルが現れました.EXILEです。
で、今はEXILEが出てきたので、自民党=ジャニーズ、EXILE=民主党という図式になりました。
7thの時代は岡田有希子の自殺という出来事が起きました。で、子どもたちの後追い自殺が全国で起きました。で、11年間テレビに出れない時代があり、ファンの要望で、今はテレビ局のフィルムを出したりしました。
今は違います。AKB48のファンです。AKB48はあのおにゃんこクラブの生みの親秋元康が作ったアイドル軍団です。2010年の顔です。主役の座をモーニング娘。からとり、今は主役です。
【2010/12/30 15:00】 URL | 永山修一 #- [ 編集]


R32はGT-Rの復活という大ニュースで知られてますが、それがデビューしたとき、昭和天皇が崩御され、元号が平成になったのです。で、漫画家の手塚治虫氏や歌手の美空ひばりも亡くなりました。30年近くにわたって日本の夕方のニュース番組をリードした「JNNニュースコープ」が終わり、「ニュースの森」に変わったのもR32の時代です。それから、「イブニングニュース」、「THEニュース」、「Nスタ」となっていきました。そして、R32に2500が追加されたとき、若者のカリスマ尾崎豊が死にました。R32の時代はひとつの時代に幕が下りることが相次ぎました。
R33がデビューしたとき、サッカーに新時代が来ました。Jリーグが開幕しました。そして、翌年、プロ野球がイチロー人気で盛り返し、野茂英雄がメジャーリーグに行き、そして、長野オリンピック、サッカーワールドカップに日本が初出場と空前のスポーツブームに沸きました。R33はこのスポーツブームのときです。途中、GT-Rもデビューしました。
【2011/01/05 17:56】 URL | 永山修一 #- [ 編集]


>永山さん
またいろいろと調べてくださりありがとうございます。

そっかエグザイルはミンス党なんですね。じゃ日本の敵だから撲滅しなくちゃ(w
あの連中、みるからウサン臭くて大嫌いだったんだけど、
天皇陛下の前で歌う時に一応サングラスは外したんで、少しだけ見直しました。

AKBも本人たちには罪は無いけど、ショーバイがあざといんで大嫌いだけど、
マスゴミ連中がモー娘を全く取り上げなくなったのもナンダカナーって感じです。
そのせいか新メンバーに中国人入れたりしてモー娘も必死だから、
今後はそっち方面からの擁護があるかな。(°∀° )
と書いても、モー娘ファンつう訳ではなくて、もうオッサンなんで、
基本的にアイドルに興味無いんですよ、スビバセン。m(_ _)m

R33は失敗作だったようだけど、その時代の事物の中には成功したのもありますね。
ニュース番組はもうすぐ日テレの「スームイン!」が終わるそうですね。
アレも一時代を作った番組で、見てた頃もあったんで寂しくないと言ったらウソになります。
【2011/01/05 23:16】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


私はEXILEを日本の敵だとはいっていません。ジャニーズを自民党だとかEXILEを民主党と言ったのはジャニーズは日本の男性歌手界のトップにいたのが自民党に似ていると書きましたし、EXILEを民主党と言ったのはレコード大賞3連覇が民主党の政権交代と似ていると書きました。決してEXILEを日本の敵だと書いたわけではありません。誤解しないでください。
でも、私は自民支持者でも民主支持者でもありません。
箱スカやケンメリの時代は三島由紀夫事件や浅間山荘事件などの事件が起こったのです。当然私は生まれていません。
「西部警察」でスタントカーに使われていたセドリックグロリアは230系、330系です。430も使われていました。で、この時代の車はL型エンジンを搭載していました。Y30からはV6になり、Y31,Y32と続きました。
430は族車のイメージもあります。シーマはバブル時代、「シーマ現象」と言われ、流行ました。その上にプレジデントもあり、インフィニティQ45もありました。
そして、ローレル、セフィーロもありました。プレジデントは役所の公用車のイメージもありますが、VIPカー(フルエアロ、シャコタン)のイメージもありました。
今はフーガとティアナの2車種しかありません。昨年はシーマとプレジデントがなくなりました。
【2011/01/16 19:23】 URL | 永山修一 #- [ 編集]


>永山さん
エグザイルがミンスうんぬんはもちろん冗談ですよ(笑)。
それにこちらの主意は「陛下の前で礼を尽くしたのでエグザイルを少し見直した」
ってことですから…。

【2011/01/16 19:37】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


話をスカイラインに戻します。スカイラインは歴代モデルに4ドアセダンと2ドア、ワゴン、バンの4つの種類があり、箱スカのGT-RとR30のRSには4ドアと2ドアがあり、ケンメリとR32からR34までのGT-Rは2ドアのみです。「西部警察」のマシンXとRSは2ドアを使っています。(R33にはオーテックバージョンがありました。)あとR35のGT-Rも2ドアのみです。7thはハードトップも4ドアになり、後からGTSのグレード名で2ドアが出ました。
ワゴンは7thが最終モデルで、バンはR30が最終モデルです。この7年後にデビューしたステージアに引き継がれることになります。また、R30にはワゴンがありませんその代わりに5ドアがありました
【2011/02/16 18:51】 URL | 永山修一 #- [ 編集]


スカイラインはレースで大活躍のイメージがあります。で、スカイラインがレースと関係を持ったのは1960年代にさかのぼります。
1963年の第1回日本グランプリでプリンス自動車はスカイラインスポーツとグロリアが出場、日本自動車工業会の「メーカーは直接タッチしないほうがいい」との言いつけを守ったため、全車惨敗でした。そして、当時のS50スカイラインにグロリアの6気筒をスカイラインに搭載、翌年の第2回日本グランプリで、レーシングカーのポルシェ904GTSと張り合い、死闘を繰り広げました。
で、それから、スカイラインはGT54A、54Bの二つが市販に移されましたが、プリンスはR380が谷田部で最高速度を記録、そして、レースでスカイラインGTの雪辱を晴らしました。
そして、スカイラインは箱スカの時代に。箱スカはGT-Rがデビュー、そのデビュー戦で、トヨタ1600GTに走路妨害があったため繰上げで勝利を手にしたのです。そして、レースは連戦連勝、これに待ったをかけたのがマツダロータリーエンジン勢でしたが、GT-Rには歯が立ちませんでした。
ファミリアロータリークーペだけがこのとき出場していました。
そして、2ドアになり、サバンナやカペラが出場、GT-Rと激しいバトルを展開しました。
サバンナといえばRX-7のルーツですし、今でこそカペラはファミリーサルーンのイメージが強いのですが、初代はロータリークーペもありました。
で、スカイラインはレースで勝利を重ねていました。で、ついに50連勝を達成しました。50連勝の無敵の強さを見せた箱スカに代わり、ケンメリがデビューしましたが、GT-Rはついにレースに出ないまま197台で終わってしまいました。
ジャパンもレースには出ませんでした。
R30はRSがスーパーシルエットレースでマフラーから火を出しながら走っていました。鉄仮面になったとき、グループAが始まり、7thの2ドアにGTS-Rが800台限定で出たら、それが走りましたが、フォードシエラに勝てませんでした。そして、16年ぶりにGT-RがR32で復活しました。そして、GT-Rは、グループAで連戦連勝、29連勝の記録を達成、N1も、海外レースも全部連戦連勝、まさに箱スカの再来です。そして、R33はN1とGT選手権と出ていました。そして、ルマン24時間レースにも出場しました。
R34も出場しました。R35もです。
【2011/02/17 17:42】 URL | 永山修一 #- [ 編集]


>永山さん
まさに日本のレースの歴史はGT-Rと共にありですねぇ!
【2011/02/21 22:30】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


レースに出たのはスカイラインやGT-Rだけではありません。同じ日産のフェアレディZやシルビアなどもそうです。
サニーも昔は出ていました。ブルーバードはラリーに出ました。で、510が優勝しました。
ホンダはF1に出ていました。RA127やマクラーレンホンダなどのマシンが海外のサーキットで大暴れしました。それだけではなく、シビックなどがレースに出ていました。
トヨタはセリカでラリー、グループAでスープラが走っていました。三菱もラリーでパジェロがパリダカ、ランサーがWRCで活躍しましたがかつては、コルトフォーミュラを走らせていました。でも、これは認知度があまりありませんでした。で、三菱はラリーのイメージしかわきません。
スバルもインプレッサやレガシィでラリーをやっていました。
【2011/02/28 18:46】 URL | 永山修一 #- [ 編集]


スカイラインの謎といえば「西部警察」のマシンX爆破ですが、爆破されたのが本物のマシンXかただのジャパンターボかで、放送当時から論争が起きています。どっちなんでしょうかね。
ケンメリGT-Rの件ですが、確か、197台しか作られていませんでした。ってことは限定発売かなとは思います。でも、限定発売は7thのときのGTS-Rの例があります。確かにケンメリGT-Rは197台しか作られませんでした。これはS20エンジンの在庫整理ではないかとの見方もあります。でも、当時のことで、もしオイルショックがなければケンメリもレースで走ってたかもしれません。でも当時の公害問題などを考えるとオイルショックがなくても同じだったかも
【2011/02/28 19:00】 URL | 永山修一 #- [ 編集]


スカイラインの改造車といえば「西部警察」のマシンXかRSですが、それだけではありません。現実にもそれはあります。箱スカやケンメリはGT-Rのイメージからか走り屋のクルマを思い浮かべます。で、普通のGTをR風の外観、エンジンはL28あたりの、それもソレタコデュアルにしたり、ジャパンもケンメリGT-Rのような外観にしたりしています。
あと、RSは西部警察ルックが定番です。R32以降のGT-Rはマインズなどのチューニングカーがあります。
【2011/02/28 19:14】 URL | 永山修一 #- [ 編集]


マシンX爆破の件は、爆破の瞬間を連続写真にとって細部をチェックし、
爆破された個体は内部装置の無いアクション用だと検証してる方がいますね。
私はあまり細かいことには感心は無いんで、当ブログでは書いてませんがw

RSの西部警察仕様車は今でもタマにヤフオクで見ますね。
改造用パーツだけなら毎回のように出品されてます(笑)。

ナイト2000と同じく、市販車に合法の範囲で手を加えるだけで
ヒーローマシンが手に入るんだから、元車が完全に無くなるまで
改造する人はいなくならないだろうなぁ……。
【2011/03/02 09:15】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


スカイラインとレースの関係ですが、第2回日本グランプリではGTがポルシェと張り合うというイメージがありますが、GTのベースであるスカイライン1500も出場、1位から8位までを独占しました。
スカイラインGTもトヨタ1600GTと走っていました。
R380と一緒にレースで走っていたのは後に市販化されるトヨタ2000GTです。
箱スカGT-Rの50勝目がかかってたときに、タイヤがバーストして、サバンナに優勝を取られてしまい、結局は翌年の3月に50勝目を達成する羽目になりました。50勝目の日は天気は雨、で、GT-Rはモーターボートのような水しぶきを上げながら走りました。
で、ほかのマシンは徐行運転でした。
R30のRSのスーパーシルエットはシルビアやブルーバードとも走っていました。今はブルーバードはシルフィというお父さんグルマになってしまいましたが、この頃は沢田研二のCMで売れた名車910の時代でした。
R32GT-RのグループA は最後はGT-Rのワンメイクレースになってしまいましたが、N1ではGT-Rに勝ったのがいました。ギャランVR-4です。WRCのマシンのイメージが強いのですが、サーキットも走っていました。これのエンジンはランサーエボリューションでもおなじみです。
そして、R33はルマンで走りましたが、一勝もできなかったので、R390GT-1を開発、すると3位入賞という成績を収めました。GT選手権でR34も走りました。R35もです。
【2011/03/11 18:31】 URL | 永山修一 #- [ 編集]


スカイラインGT-Rはケンメリが197台で終わったのは公害問題があったからです。
R34GT-Rは平成12年排ガス規制がクリアできませんでした。
【2011/03/11 18:35】 URL | 永山修一 #- [ 編集]


スカイラインといえばGT-Rが頭に浮かびますが、R以外のスカイラインGTもかっこいいです。
ポルシェ904GTSと張り合ったスカイライン2000GT、GTのS54は54Bはウェーバー3連の赤バッヂ、54Aはシングルキャブの青バッヂでした。これは箱スカになったら54BはGT-R、54Aは2000GTになりました。
箱スカの時代は最初は4ドアしかありませんでしたが後から2ドアが追加され、GT-Xも出てきました。
GT-Xは2ドアが先で、4ドアが後でした、GT-Rとは逆でした。
ケンメリになったら、大ヒットで、排ガス規制をもろともしませんでした(GT-Rは消えたけどね)。そんな中、GT-XにEとそれのSもデビューしました。
CMも「ケンとメリーのスカイライン」というキャッチコピーでした。箱スカは「愛のスカイライン」でしたが。箱スカは石原良純がラリー仕様にして乗っていましたし、ケンメリはスタントカーに使われてました。(劇中では)
ジャパンはおとなしいイメージでしたが、角目になりターボがデビュー、マシンXはこれでした。これのエンジンはR30にも搭載されました。
R30はRSが有名でしたが、GTもありました。7thはまるでローレルっぽい感じになりました。これはトヨタのマークⅡがはやってたことからだと思われます。
しかし、これに日産党が反発、2ドアクーペのGTSを追加するなどしました。スカイラインに革新などファンは思っていませんでした。そして、R32がデビュー、GTS-tTIPEMが大人気でしたが、ボディが小さくなったことで室内が狭くなり、ユーザーに不評を買いました。
R33はボディーが大きくなり失敗、R34は再び小型化しましたがこれも失敗でした。
R33、R34は渡邊浩三氏が開発主管を務めましたが、渡邊氏は「何でこんなクルマにしたのでしょうか」と思ってるでしょうね。
7thとR32は伊藤修令(ながのり)氏、箱スカなどは桜井真一郎氏です。
そして、V35がデビューしました。でも、あれはテールランプは四角でした。スカGといえばテールランプが丸型4灯が常識です。
そして、GT-Rはスカイライン名をはずしました。V36がデビューしました。
【2011/06/23 18:34】 URL | 永山修一 #- [ 編集]


R33が失敗だったことはよく言われますが、
R34も「失敗」という烙印が押されるようになってきたんですね。

その結果のGTRだとすれば、値段が跳ね上がったことも含め、
いろいろビジネス上の裏があったのかもしれませんねぇ?(笑)
【2011/06/24 14:07】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


7thの時代は岡田有希子の自殺がありましたがそれだけではありません。
三原山の噴火、チェルノブイリ原発事故もありました。
石原裕次郎が死んだのもこの時代でした。
【2011/07/30 19:22】 URL | 永山修一 #- [ 編集]


スカイラインの改造車といえばこんなものもあります。7thの2ドアのGTSのオーテックバージョンもあります。あと、ハルトゲHS30、そして、日本初のチューニングカー、トミーカイラM30があります。この3台はすべて7thの2ドアのGTSを改造したものです。
M30はエンジンはオーストラリア向けの3リッターをツインカムにしたものです。で、これは2ドアしか選べなかったので、4ドアがあってもよかったのではないかともいました。このM30はR32にもありました。そしてR32GT-RもトミーカイラR、Rスポルトに改造しました。これはR33GT-RやR34GT-Rもありましたが、R33タイプMをM25、R34GTターボをM25Rに改造しました。
また、スカイラインの改造車はGT-Rを改造したものだけだと、マインズやいろんなチューンドショップのものもありますが、ニスモがやったのはR33GT-Rの400RやR34GT-RのZチューンなどもあります。
また、星野一義氏が作ったIMPULR31-Rという7thの4ドアがあります。これはR32やR33もあります。あとIMPULのデモカーもあります。
【2012/09/14 18:05】 URL | 永山修一 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/28-38234896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西部警察

西部警察}『西部警察』(せいぶけいさつ)は、石原プロモーションが制作しテレビ朝日系列で放送されていたテレビドラマのシリーズ。内容は警視庁西部警察署捜査課の大門部長刑事(渡哲也)とその部下たち(大門軍団と呼ばれている)と上司の木暮課長(石 あみの日記【2007/06/07 13:01】