キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メーテルにはずっと、見つめていてほしい……
『銀河鉄道999』スタートレインの2回目です。今回はまずこの未来派メカから!
orodhia555.jpg
NO.555 オルオディア5号はいかにも松本零士チックなメカメカしい外観の列車で、、
オリオンを発車してアルカディアを経由し外銀河を回るオリオン大環状線を走っています。
時速1000宇宙キロと特急列車では最高の性能を備え、全体でもスリーナイン号に続く
No2のスピードを誇ります。高スピードと大量の客動員を両立させるため、
車全体を軽くしたりブレーキや扉にも新しい装備がされる等、外見に相応しい最新鋭振りです。



magellanian666.jpg
NO.666マゼラニアン6号は外見はほとんど現在の貨物用ディーゼル機関車を思わせる車両で、
ニケを発車してマザービーナスを経由し大マゼランと小マゼランへ向かう、
小マゼラン循環の急行列車です。最高時速は450宇宙キロと控えめですが、
運転システムは完全自動化されているので運転士は搭乗していません。


pleiades777.jpg
NO.777プレアディス7号はかつてのリニアモーターカーのイメージに近い外見の列車で、
「オリオン発地球経由、外銀河方面行先不明」という設定ですが、
銀河鉄道の新しいターミナル惑星を求めて走り続ける開発列車であるため、
「行先不明」というよりは「行き先不定」という方がより正しい表現じゃないでしょうか? 
そういう未開の地域を疾走するために時速900宇宙キロとかなりのパワーを与えられ、
超彗星ミサイル装備と武装にも怠りはありません。

TV版最終回では999で地球へ帰る鉄郎と別れ、次の少年との新しい旅に出るメーテルを乗せて
去っていくのは、いかにも行き先不定のこのプレアディス号に相応しい役割だと言えるでしょう。
wakare777.jpg
でもなぁ、このTV版の最終回、やっぱ今でもあまり好きになれません。
「あれだけ一緒に旅したのに、もう次の奴がいるのかよ!」って当時、TVに向かって毒づいたし、
大人になった今では、置き手紙という古風なやり方で鉄郎への気遣いを見せるという、
映画と違う演出にしようとしたスタッフの苦労も解らないではないですが、

eigaendhing.jpg
やっぱ映画の、KISSの後、鉄郎を地球に置いて999で去っていくメーテルの潤んだ瞳と
「私はあなたの思い出の中にだけいる女、私はあなたの少年の日の心の中にいた青春の幻影」
というセリフ、そして最後の城達也さんのあの、
「今、万感の思いを込めて汽笛が鳴る、今、万感の思いを込めて汽車がゆく」
というナレーションが心に焼き付いているんでしょうね……。

そして、しばし放心状態になった後、また懸命に走り始める鉄郎の後姿を映しながら、
ゴダイゴの「銀河鉄道999」が流れるあのやさしいラストタイトル、
あれって、別れた後もいつまでもメーテルが見つめてくれてるみたいで、
多感な青春の頃には完璧に思えるエンディングでした。ヽ(´ー`)ノ


話を777に戻せば、『銀河鉄道物語』第13話「運命列車」にも777号が登場しています。
デザインは変更されましたが配色や輪郭など類似点は多くあり、設定上「新型車両」とされているので、
『999』で登場した時から『銀河鉄道物語』までの間にリニューアルされたんでしょうね。


gintetumain.jpg
その『銀河鉄道物語』ですが、新しい列車がいくつか登場したり、どう考えてもあの
『宇宙海賊キャプテンハーロック』の有紀蛍の血縁な有紀学が出てきたり(漫画版では弟と明記)、
いろいろ旧作ファンを引きつける趣向を凝らしてましたよね。
ただTV版は放送がドドマイヤもとい深夜(笑)だったので、きっちり見る訳にはいきませんでした。
まぁそれでも飛ばし飛ばし見てる限りではなかなか見応えある展開だったんで、
あの世紀が入れ替わる頃の一連の新作群の中ではまともな方だったんじゃないでしょうか? 
ここはアタマを切り替えてウヤムヤになったエターナル編の発展版だと思えばいいんでしょうね。
見てないけどOVAには鉄郎やメーテルも出てくるそうだし(笑)。


orodia3.jpg
今回もブツはスタートレインシリーズです。ねこざかなさんとこと合わせて9両紹介し終わりましたが、
stpanfura.jpg
このシリーズにはこちらの同封されていたパンフレットに描かれているように、
客車や戦闘車も続々発売される予定でした。しかし売れ行きが不調だったのか、
ここで予定されてる8種(ビオナス2号、オルオディア5号、プレアディス7号、スリーナイン号の
それぞれ客車と戦闘車)しか発売されず、中途半端なままシリーズは終了しました。
しかも客車と戦闘車はかなり数が少なかったらしく昔から高価で、
機関車が2000円程度で買えてた時代でも6000円以上もしたので、私は手を出していません。
今はその数倍になってるのでパンフのようにズラリと連結したらいくらかかるやら……┐(´ー`)┌
列車として999車両が欲しいなら、今はもっと他の選択肢を当たった方がいいでしょうねぇ…。

さて当ブログの銀河鉄道999シリーズ、車両の紹介は一旦終わりますが、
作品紹介はまだ続きますので、どうかお楽しみに!

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

オルオディア5号・・・ちみにレールはいらんやろ、といったデザイン(笑)
まさに零士節全開で、イイですね~♪

マゼラニアン6号は、よりによってこのデザインに、パンタグラフっぽいのがついてるのが謎・・・
でも、9台あったら1台くらいは居て欲しいカタチですね!
【2009/10/18 04:26】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


「こんばんは。」・・・
「訪問」させて頂く度に「センサー」が「大揺れ」です。v-10
先ほども「動画」を見て「感動」してました。v-10
先日、いつも利用する「中古ショップ」で「999」の「模型」が有りました。
後日に、私の「ブログ」で「紹介」したいと思っております。
お時間が有りましたら、覗いて下さい。
【2009/10/18 19:50】 URL | まったりウェポン #- [ 編集]


>ねこざかなさん
オルオディアはね~、お前、塗装前のデスラー艦だろ~!ヽ(`Д´)ノ
って感じでつw

マゼラニアンは、確かにディーゼル電車!(爆
ま、それも愛嬌ですか(°∀° )
【2009/10/18 20:41】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>まったりウェポンさん
楽しんでいただけてるようで何よりです!
でもウェポンのセンサー作動させたら怖いかも!(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
あはは、ウソでつ、どうか存分にお楽しみ下さい。

何か掘り出し物ありましたか! upされるの楽しみにしてますね~!
【2009/10/18 20:44】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


「コメント」有難うございます。
楽しませて頂いております。
私の「センサー」も最近は「クモの巣」だらけで「敏感」に反応してしまいます。v-12・・・たまに「誤作動」も有ります。v-290
>何か掘り出し物ありましたか!
「はい」。・・・「ホームラン」だと良いのですが。
【2009/10/18 22:07】 URL | まったりウェポン #- [ 編集]


>まったりウェポンさん
あはは、センサーの誤作動は愛嬌です。
誤作動の結果、新たな出逢いがあるかも知れないし!ヽ(´ー`)ノ
【2009/10/19 20:56】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


ちょっとご無沙汰しておりました。
この車両達の中では当時は777が好きでした。分かりやすくかっこ良かったからでしょうか。最終回のラストに登場していたんですね。

『銀河鉄道物語』の方の白い車両は何となくレイモンド・ローウィのデザインしたSLに似てる気がします。SL然としている方もアメリカンな感じが・・・・関係者の趣味でしょうか(笑)。
【2009/10/19 21:18】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>Ponys41さん
いえいえ、いつでもお越し下さい!
777がお好きでしたか~。あの頃の未来列車のイメージに一番近いですもんね!

『物語』のはたしかに、アメリカっぽい感じですよねぇ…。
お話全体も空間鉄道警備隊視線なんで、開拓とか探検ぽい感じで、
ちょっと昔のアメリカの機関車のイメージが強いのかもしれないですねぇ…。
【2009/10/19 22:17】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]

♪メーテル~いつの日にか幸せつかむよ♪
こんにちは。
まことにもって、おっしゃるとおりです。

テレビ版最終回の、鉄郎と別れた直後のメーテルが、その余韻さめやらぬうちに、さっさと別の少年連れて列車に乗ってるシーンは唖然!ですよね。
映画版的には、♪君を遠くで見つめてる~♪…ハズぢゃないのかい!!…みたいなw
あれ?♪地平線に消える瞳にはいつしかまぶしい男の光♪って、もしかして別の男の事?
♪別れも愛のひとつだよと♪…メーテル、薄情だなあ(ウソ

別の次元のメーテルと鉄郎が乗った列車と本物がすれ違う、ってエピソードもあったくらいなので、テレビ版最終回の777号は、時の列車とかの類なのでありましょうかw
(今回の555号はコセイドン号にも見えて、こちらも時の列車なのでしょうか?)
「筆書きの手紙」は、当時はそんな小道具からは武芸者の「果たし状」くらいしか連想できなかったので、困惑しながら放送を見ておりました(殆ど失笑だったかも)。

冗談はともかく、映画のラストシーンは本当に感動的でしたよね。
鉄郎とメーテルの別れ→夕陽の中を走り去る999号→城達也さんの「万感」ナレーションの後、ひと呼吸おいて、エンドロールにゴダイゴの♪さあ行くんだ、その顔を上げて♪って、完璧すぎます。
(999号が地球を出発する時の曲が「テイキング・オフ」で、こっちが映画のメインテーマ?みたいな印象を観客に与えておくのも凄いですよね!)
(関係ないですけど、平成ガメラ第1作のラストでセガール娘が「ガメラはきっと来るよ!」→ガメラの咆哮→ひと呼吸おいて♪ガメラ~、ガメラ~♪だと思ったら、スカされた事をふと思い出しました。)

不躾な質問なんですが、映画版とテレビ版って、記憶では999号のプレート番号が違うので、やっぱり別モノなのでしょうか?
映画版は、テレビ版と声のキャストを変更するプランがあったとも聞きましたが、ガセなのでありましょうか?

♪誰でも昔話一つや二つ、大事そうに語るけれど、それでどうなるの♪…自滅
自動更新が終わったら当方も『999』ネタでいこうっと(笑
【2009/10/20 15:34】 URL | どどまいや #LkZag.iM [ 編集]


>どどまいやさん
お~、どどさんも映画派ですか~!ヽ(´ー`)ノ
TVはねぇ、1つ1つのエピソードを丁寧に積み重ねていった利点はあるんだけど、
やはりあの1本目の映画が勝ってる部分は多いですよね!
『さよなら~』すらも大いなる駄作で、
エターナル編の映画はただの予告編だったもんなぁ(苦笑

その「エターナル編」があるおかげで、TVと映画は融合し、
しかもどっちとも矛盾すると考えざるを得なくなってるから、
別物かどうかは永遠に答え出なくなっちゃいましたね…。
「さよなら」も考えに入れるともうムチャクチャだし(苦笑

キャスト交代という話は初耳です。
鉄郎はともかくもメーテルは変えられないでしょう?
あとのOVA等でやったように若い頃ならともかく、
あの時のメーテルの声は池田昌子さん以外考えられないですよ~!

そちらの999ネタ、楽しみにしてま~す。
【2009/10/21 00:47】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


銀河鉄道物語、、
これもCSファミリー劇場で再放送してたんで、しっかりと鑑賞させていただきました、、
銀河鉄道999とは別の世界だと思えば、腹もたたないかもぉー(爆)

で、TV版の最終回、、もう次のヤツがぁー、、って(超爆)
女ちゅーのは、そーゆー生き物なんだよ、、、と云うことを、世のイタイケナ少年たちに伝えるために、そういう設定にしたのでわと、、

きっと、製作者の強烈な思いが、、、、
【2009/10/21 07:43】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
『物語』はねぇ、あれだけ独立して評価すれば、ソコソコ観れる佳作なんですよね。
ただあのせいで、『999』のその後がウヤムヤになったのが憎いだけで(爆

そっか、TV版の最終回にはそういう意図があるのかぁ~。
考えてみれば「女性に乗り換えはつきもの」なんで、
そのチビシー現実を知らしめるのにはまたとない教材なんですねぇ…。

きっと、映画版の監督のりんたろうはアマチャンもしくはイケメンで、
TV版の総監督は、大人もしくはブサメンなんでしょうヽ(`Д´)ノウワァァン!!

でもいいの、アタシゃりんさんと一緒に夢見て生きていくの……_| ̄|○
【2009/10/21 09:25】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


前回の記事で"コレクターもターゲット"と書きましたが、ここまで高価だったとは…当時だったらNゲージ車両2個位は買えそう。
コレクションケース兼発進基地(?)と合わせれば、軽く聖徳太子2枚近くイキそう…そりゃお大臣な子供しか持てない筈だわ。
とは言え、松本節バリバリの超未来的デザインとノスタルジック感満載のデザインの銀河鉄道シリーズは自分らの世代は憧れましたねぇ。

声優交代の話は自分も初めて聞いたのですが、アニメが始まる前にNHK(だったと思う)のFMで、ドラマをやってて、その時の鉄郎の声が野沢雅子さんじゃなかった(もう、30年以上前の事の上、録音して無いので声優の名前は解らないですが、塩屋翼さんぽかったのは覚えてます)ので、その辺の事情とごっちゃになってる可能性もありますが、TV版の鉄郎の設定年齢が10~12歳位に対し、映画版は12~15歳(要は小学生と中学生か?)らしいので、その辺の事情も絡んでるのかもしれませんね。

ラストに関しては、自分も映画版派ですね…当時、母と映画版見た時のラストの空虚感はTV版には無かったですから(とは言え、TV版のED曲はあれはあれで大好きですがw)。
原作版で、鉄郎の乗る999と未来(?)の999が衝突する話があったので、あのメーテルは未来のメーテルで、過去の自分と別れた鉄郎を目の前にして、かつての旅の事を思い出してる…物想いな表情はそこから来てるのでは?…と当時から思ってたりします。

メーテルか…自分にとっては、理想の母ちゃんですわ。
【2009/10/22 21:34】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


>桃色ジープさん
たぶん発売当時の定価は1両1000円程度だったと思うんですよねぇ。
客車はもっと安かったかも知れない……。
でもそれにしたって、先頭車9両集めるだけで1万近くかかるし、
それに客車たくさんと戦闘車買ってたら、ねぇ……。
つう訳で、セールス的に大失敗したんだと思いますわ(笑)。

メーテル=理想の母親には納得ですね。TVや最初の映画の頃は
「本当の身体は冥王星に眠っていて今の身体は鉄郎のお母さんの若い頃の姿をコピーした」
みたいな設定もありましたよね…。
まぁそれも、その後の交響詩なんちゃらとかで、若い日のメーテルが
ほぼそのままの姿で出てきたんでワケワカメになりましたが(爆
ほんと、話の根幹をコロコロ変える松本零士センセには困ったモンですわ┐(´ー`)┌
【2009/10/22 22:41】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/295-6c84f832
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。