キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


マコトのZ、マコトの気持ち
makotoz32main.jpg
最近ずっとクルマ以外のメカを取り上げてましたので、初心に帰る意味と、『C1ランナー』単行本1巻が
何度かの延期の末にやっと発売されたことを記念して、今日の御題は久々の『湾岸ミッドナイト』です。
今回取り上げるのは森下マコトのフェアレディZ32で、Zとしては四代目で1989-2000年の11年の
長期間に渡り生産されたZ32ですが、Zファンからは3代目のZ31と同じように人気が無いタイプです。
Z31は半リトラクタブルライトという無くもがなの機能はあったりしたものの、
スタイルは過去のラインを大きく崩してはいなかったんですが、
こちらのZ32はハロウィーンのカボチャを思わせる平べったいスタイルに変わり、
車重も1365kgと先代よりも100キロ、初代と比べたら400キロ近い増量となり、
多くのZファンに失望を与えました。そのためカーチェイス漫画に出てくることも稀で、
多くのクルマがダブる『頭文字D』にもたぶん出てこないと思います。

ところがこの『湾岸ミッドナイト』ではその不人気さを逆手に取り、「これしか早くできない
商売的にはぜんぜんダメなチューナー」を出すことでお話に膨らみを持たせたのでした(笑)。
makoto.jpg
この「Z32編」のドライバーは女性です。オトコの気を引こうとインプレッサにお金をそそぎ込んでいた
森下マコトは、そのオトコと別れるとあっさりとインプを手放し、
たまたま知り合ったZ32しか早くできないチューナーである山下に興味を持ちます。
ポッカリ開いた心の穴を埋めようとしての行動だと思いますが、
マコトは客も付かずファクトリーを閉鎖しようとしていた山下にキャバで稼いだお金100万を渡し
Z32をチューンしてもらおうとするのです。マコトは特にZ32が好きなわけでもなく、
たぶんそれまで見たこともなかったんじゃないかと思われるのにそういう行動に出るあたり、
いかにも走りの理由がドライバーによって様々で、スピード一辺倒でない『湾岸』らしい展開ですが、
逆に言えば、Z32とは普通の走り屋はチョイスしないような、そういう持っていき方をしないと
湾岸というステージには登場させにくいクルマだったのかも知れません。

makotozyamasita.jpg
マコトの心意気に感じるところのあった山下は、その金にはなるべく手を付けずに
高価な物ではない自分で工夫した手持ちの特製パーツでZ32を整備し、
かつてのツテをたどって仕上がりをアキオ・高木・富永に見てもらおうとクルマを預けます。
そしてその結果、アキオの意見でボディの剛性を落としたと聞き不思議がる山下でしたが、
高木は剛性一辺倒で組まれたボディのもろさを指摘し、そこに気づくアキオが
いかに特別なドライバーなのかを山下に語ります。

Z32mangakoma1.jpg
実際にその手を加えられたZ32に乗った山下は、高木とアキオの正しさを体感し、
同時に富永のセッティングの妙技にも大納得するのでした。

こうしてマコトに渡されたZ32はしばらくの慣らしを経て、ついにブラックバードや悪魔のZと遭遇します。
そして彼らの常識を越えた走りを身をもって知り、クルマの完成度は申し分ないものの、
自分が全然その域に達してないことを痛感したマコトは、途中でバトルから下りてきます。
勝ち負けも決まらずクラッシュもないバトルの終焉ですが、「走れなくなった時が降りる時」という
哲学が貫くこの作品らしく、すがすがしい結果でした。
ホンモノの凄さを身をもって知ったマコトはキャバのバイトも止めて、
ファクトリー存続を決めた山下の元へ押し掛けバイトに入っていきますが、
それが彼女のマコトの気持ちだったのは言うまでもありません。
もっとも、その気持ちの奥にもう一つ深い想いがあるのかどうかは、
マコト本人にもよく解ってなかったようですが。ヽ(´ー`)ノ
(※今回のマコト編はアニメになってないので、カラー図版はゲームから引用しました)

z323sides.jpg
お見せしているミニカーはダイヤペットです。今はもう当地を撤退したお宝中古市場で
ルース品を300円だったかで買ってレストアしたものです。トミカが主流のこのお店でしたが、
タマにはこういううれしいミニカーも入ってくれたのは懐かしい記憶です。
またこういうショップが近くにできないかなぁ……。
ダイヤペットなのでスケールは1/40の全長約10.5cm。全体的にボテっとしてるのも
いつものダイヤペットですが、Z32の場合は元車がそうだから、あまり気にならないかな?(°∀° )
z32dooropen.jpg
ダイヤペットなんで、このようにドア&トランクがオープンするのはやはりうれしいギミックですね!


c1runner1kan
さて、『湾岸ミッドナイト』の実質パート2である『C1ランナー』ですが、
単行本発売が伸びたのは楠みちはる先生の描き直し作業の遅れという理由の他に、
43巻として続きで出すか、1巻として仕切り直しするか、その決定に最後まで、
先生と編集部、それから講談社の営業も巻き込んでのスッタモンダがあったんじゃないでしょうか? 
もともと新しい登場人物たちが絶賛不人気な『C1ランナー』なんで(爆)、
43巻だったらアキオファンで惰性で買ってる人も買うだろうけど、
1巻となれば「もういいや」とばかり脱落する人が多く出てくるだろうからです…。
ただ1巻だと御新規さんが入り易いというメリットもあるんで、
どっちが得策かとは一概に言えないんで迷ったんでしょうね…。
結果として「1巻仕切り直し」で落ち着いたわけですが、
さてこの決断、吉と出るか凶と出るか、はたしてどっちでしょうか? 

あ、『湾岸』の実写版映画も公開されてたんだっけ?
「ユウトをヨロシク!」って言いたい気持ちはあるけど見てないし、
ぜんぜん話題にもなってないんでもうイイヤ!(°∀° )
だって、ジャンク屋に積んであった悪魔のZが2by2になってる時点でもうダメじゃん、アレ!(爆


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

Z32って、ミニカーでは、京商とか、KATOとか、最近では例の日産名車シリーズとか、1/43サイズで意外とモデル化されていますけど、実車の方はパッとしませんでしたよねー、、

結局、GTーRのように直線番長にはなれなくて、かといって13シルビアみたく峠も攻め切れない、、という中途半端な立ち位置が災いしたのかと、、

ただ、警察マニアには人気が高くて、1990年代の栃木県警の白黒パトカーは、Tバールーフに無理やり赤色灯を付けた姿が今だに語り草になっています、、レイズの1/43パトカー仕様も大人気で、今でも品薄ぎみですし、

え、、湾岸ミッドナイト、、そそ、アタシ等おじさんには、やぱコレですよねー、、個人的にはZ32って、うねうねした処なんて大好きですよー、、
【2009/11/16 15:55】 URL | 覆面える #- [ 編集]

ドリフト!!!
こんばんは。・・・
z32を見た時は、マックに「ビックマック」が登場した時と同じくらいの衝撃でした。(意味は有りません。)
私は「バリバリ伝説」が好きでした。・・・  マンガで「爆音」を表現し、伝えるのは難しいです。それが感じられたのが「楠みちはる先生」です。
GT-R開発者も凄い「職人」(開発者)です。
映画で「頭文字D」が有ります。 なぜか「日本」が舞台なのに登場人物を「韓国の俳優」が演じてました。  ですが観たら、けっこう面白かったです。
「湾岸」も確か「OVA」で「1・2・3」で有ったような・・・
【2009/11/16 21:03】 URL | まったりウェポン #- [ 編集]

ドリフト!!!
こんばんは。・・・
z32を見た時は、マックに「ビックマック」が登場した時と同じくらいの衝撃でした。(意味は有りません。)
私は「バリバリ伝説」が好きでした。・・・  マンガで「爆音」「スピード」を表現し、伝えるのは難しいです。
GT-R開発者も凄い「職人」(開発者)です。
映画で「頭文字D」が有ります。 なぜか「日本」が舞台なのに登場人物を「韓国の俳優」が演じてました。  ですが観たら、けっこう面白かったです。
「湾岸」も確か「OVA」で「1・2・3」で有ったような・・・
【2009/11/16 21:06】 URL | まったりウェポン #- [ 編集]


湾岸ミッドナイト&頭文字D、C1ランナー第1巻発売前に脱落気味であります。。。
Z32はスポーツカーと言うよりはグランドツアラー的な性格が強かったですよね。
元々Zは初代からアメリカでウケの良かったクルマですが、この世代はアメリカ市場を最も強く意識していたのかもしれません。個人的にはコレはコレでカッコ良かったと思います。
実写版湾岸ミッドナイト、観に行こうかどうしようか迷いましたが、ワイルドスピードMAXと時期が近かったのでスルーしちゃいました。。。Z、2by2だったのですか!?いくらなんでもそりゃないですよねえ・・・。
【2009/11/16 22:48】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>覆面えるさん
GT-Rほどにはあちこち強化してないし、シルビアほどには取り回しも良くないと、
まさに中途半端だったんですね(笑)。

あ~コレ、確かにパトカー映えしそうだわ!
『西部警察』が健在だったらなぁ~!ヽ(´ー`)ノ
【2009/11/17 00:16】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>まったりウェポンさん
あはは、たしかにビッグマック級のショーゲキだったかも?(°∀° )

『バリ伝』、私も全巻持ってますよ~!
箱根でバイクのシフトをミスッて、ガードレールけっ飛ばして
何とか転倒を免れるというリアルグンちゃん走りしたこともあります!(バカ
その時は一緒に行った仲間が、もう絶対事故ったと思ったとキモ冷やしてました(w

『湾岸』の映像化はVシネでけっこうあるにはあるんですが、
最初のは主演が大鶴ギッタンなんでアキオのイメージにほど遠くて△、
以降のはもうぜんぜん別物で×な仕上がりだったんで、
今度の新作映画には少しだけ期待してたんですけどねぇ……_| ̄|○
【2009/11/17 00:22】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>Ponys41さん
Z32、けっこうボロクソ言ってるけど、一番のロングランだったのは事実なんで、
セールス的には成功したクルマなんでしょうねぇ…。
その後のZがスカイラインとほぼ同じクルマになっちゃったこともあるし、
このZ32、再評価しないといけないのかも?(笑)

『ワイルドスピードMAX』と近かったですか~!
そりゃワイルドスピードの方にしますよねぇ(笑)。

撮影用のZですが、あの最初のジャンク置き場にある状態の奴をよく見たら
2by2だったんですよ。
ちょうどいいジャンク状態のS30のジャンクが見つからなかったんだろうけど、
後ろにシートあるのが見えちゃ興ざめですよね('A`)
まさか走らせる奴はそれをそのまま使ってはないでしょうが、
そのあたりの無神経さだけでもクルマ好きのスタッフが作ってないのモロバレで
萎えちゃいました(苦笑
【2009/11/17 00:30】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


Z32って32Rの出現のお陰で、変な意味で評価が低いんですよね。
32Rの出現があと一年遅かったら、結構エポックメイキングなポジションに居たと思うんですよ。
Rとロードスターと同時期のデビューは運が悪かったとしか…。

とは云え、高速ツアラーとしては結構イイ線行くんですよ。
足回りと吸排気・CPUで928GT(そういや928も変に評価低いな。湾岸でマサキも言ってたけど。)と同等の走りが出来るし。
ただ、劇中の様に突き詰めたチューンになると"熱"の弊害が…。
あれでもサイズ的にギリギリに設計(劇中でも言われてたな)されたから仕方無いか。
VG30エンジンもイヤになる位熱に弱い(SR20もだな)らしく、自分の仲間の32も冷却に苦労してましたね…それこそ「安い30か130にVG載せた方がイイかも。」と言う冗談が出る程。

チューンドの評価が低い32Zですが、嫌いになれない私。まぁ…R32がインチキ過ぎると言う話も…。

"ガードレールキックターン"こないだ私もやりました…志賀島でw
GSX-Rで外周を内海側から流していた時、前を走っていたTZR250が"ズルっ"と行って転倒。「何だ?」と思ってTZRを避けようとした瞬間、自分も"ズルっ"。ガードレールが迫る中、頭の中で
「カウルとデカールで16万!その前にカウル欠品!その前に年末に新品に替えたばかり!」思わず左足がガードレール蹴って何とか立て直し成功。
TZRの人が「信じられない」と云った感じの表情で見てました。

左足はこれといってダメージ無し。お母さん、頑丈に産んでくれてありがとうございます。
ブーツもノーダメージ。やるじゃん!カドヤ。

人間、イザとなったら何とかできちゃうもんですね…とか言いつつ20ウン年振りのガードレールキックターンを成功した時は"心臓バクバク・手足ブルブル"状態でした。
【2009/11/17 16:04】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


>桃色ジープさん
あ~、Z32って、やっぱ突き詰めないで乗る分にはイイクルマなんですね~。
取り柄無しじゃ、あれだけのロングランになる訳ないもんなぁ…。
ちょっとした知人で、別にエンスーでも何でもない人が乗ってたから
ヘェ~と思ったけど、気分に浸るには最適なのかな?(笑)

軍ちゃんキック、やりましたか~(・∀・)! それも志賀島でw
実家が博多を離れる際、荷物を整理しついでに九州ツーリングをしちゃれとばかり、
川崎から宮崎までフェリーで、以降はバイクで博多まで北上して帰ったことがあって、
その際に志賀島も走りましたよ~。
昔は名島からバスやクルマでかなり時間がかかった印象があったあそこだけど
あっさり着いちゃって意外だったなぁ……。
時間かかったのは渋滞のせいだったのかもとか思いながら、
しばらく海を見てました……。

こないだそのフェリーが廃止になったとかで、時の流れと不況を感じます……_| ̄|○
【2009/11/18 11:41】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


こんばんは。
当方、このカテゴリーは門外漢ですが『C1ランナー』第1巻は近所のセブンイレブンに2冊入っていました。
背表紙を見ただけなんですけど、コンビニのラックでも結構目立つ存在でした。
次の日にはなくなっていたので売り切れたんでしょうね。
(肝心の『サーキットの狼』復刻版は1冊も入荷しなかったりしますw)

Z32(っつ~かそのオーナー)には、昔、仕事でひどい目に遭ったので、二度と見たくないクルマなんですけど、まさか『レスキューフォース』に登場するとは・・・(絶版車なのにw)。
内心、かなり複雑な思いでありました(笑

現行のフェアレディやGT-Rのオーナーの多くが中高年っつ~のはある意味正しいことで、公道を高性能車で走る以上、果たすべき社会的責任も大きいのでは?などとつまらないことを思ってしまうワケであります。
【2009/11/22 19:59】 URL | どどまいや #LkZag.iM [ 編集]


>どどまいやさん
お~、『C1ランナー』ちゃんと売れてましたか~!
それはメデタイヽ(´ー`)ノ

Z32のオーナーですか~。
私も一人あまりタチの良くないの知ってるけど、そういうのが複数オーナーに
いるってことはやっぱ売れたクルマなんでしょうねぇ…。
そういえば『レスキューフォース』に使われてました!
やっぱかつてのSRフェアレディみたいに、今、中古の値段が安いのかな?(w

現行のZはともかくGT-Rは、
若いまともな人間が買える値段じゃなくなっちゃいましたもんね。
若くなくても普通の人間は買えないか、テヘッ(苦笑
【2009/11/23 00:50】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


毎度でつ♪

おそくなりましたが、お約束のパトカー仕様で、勝手連を発動いたしました、、よろしくお願いいたします、、
http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/15955931/
【2009/11/30 15:33】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
おっ、Z32連動ですか~!
何が出てくるか、楽しみですヽ(´ー`)ノ
【2009/11/30 23:53】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/300-a631032a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)