キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


戦艦が沈黙する時
missourimain.jpg
アメリカの愛国心に訴える前回に続き、今日の御題もアメリカの軍関係で『沈黙の戦艦』を取り上げます。
スティーブン・セガール主演の沈黙シリーズ第一弾で、日本では17本を数える長寿シリーズですが、
実はアメリカでは『沈黙の戦艦』と『暴走特急』の2本しかありません。
というのは他の15本は全く関係無い、多くはビデオ用の低予算作品を、
日本でだけ「沈黙ナントカ」と名付けてリリースしたからで、こういうインチキは
昔のマカロニウエスタンとかホラーもの、空手のドラゴン映画等ではよくありましたが、
1990年代に入ってやってるのは珍しい例だと思います(笑)。

undersiegeposter.jpg
そもそも第一弾の『沈黙の戦艦』にしたって、原題はUnder Siege なので、
「完全包囲中」や「完全制圧中」という意味で、戦艦ミズーリが乗っ取られた状態を差します。
それを「制圧中だから沈黙してる」と発想の飛躍をし、漫画の『沈黙の艦隊』に引っかけて
『沈黙の戦艦』という邦題にしたんでしょうから、これ自体はなかなかの名邦題だと思います。
ちなみに『暴走特急』の方の原題はストレートにUnder Siege 2なので、
邦題が『沈黙の特急』とならなかったのが不思議です。「沈黙シリーズ第3弾」と唱ってあるから、
配給元が違って「沈黙」が使えなくなっていた訳ではなさそうなんですが…。

また、なぜアメリカでは「沈黙シリーズ」は2本しか無いかと言うと、この2本目がコケて
製作費を回収できなかったからで、実はスティーブン・セガールが人気を保ってるのは
日本だけというのが本当のところなんです。このあたり本人が長く日本に住んで
日本人との間に子供まで為しているせいなんでしょうかねぇ?

terorist.jpg
さてこの『沈黙の戦艦』は先ほどちょっと触れましたが、戦艦ミズーリが、
搭載された核搭載トマホーク巡航ミサイルのブラックマーケットへの転売を狙う
トミー・リー・ジョーンズ扮するテロリストに乗っ取られますが、
コックとして働いていたセガール扮するライバックが元海軍特殊部隊「SEAL」の
対テロ部隊の指揮官だったため、単身で壮絶な奪回戦を開始するというストーリーで、
そのセガールのあり得ない強さが大いに受けた作品です。
strongestcook.jpg
この出世作で「史上最強のコック」という、強いんだか弱いんだかよく解らない
キャッチフレーズを手に入れたセガールは、
以降、名ばかりの「沈黙シリーズ」でタイプキャストを演じ続けるわけですが、
これも今の映画界には珍しい話で、いろいろとヘリクツ付けて続編出演を拒む俳優も多い中、
ここまで続けばむしろ賞賛すべきじゃないでしょうか?ヽ(´ー`)ノ 
最新作では「沈黙の~」の「~」の部分を公募するという苦肉の策なのかグッドアイデアなのか
よく解らないキャンペーンを張ったりして、そういうインチキ臭さもたまらない魅力です。
最近のセガ-ルはトシのせいもあって太り気味で動きも鈍くなってるんですが、
そういう男が強いというブックもいいところの展開も、
プロレスファンにとってはたまらない魅力なんじゃないでしょうか?(テキトーw

mizueri1.jpg
さて、この映画、戦艦ミズーリが舞台という設定ですが、細かい撮影は係留されている
戦艦アラバマの外観をミズーリ風に改造して行われましたが、
最初と最後等に写る全景はちゃんとミズーリを使ってます。
戦艦ミズーリはアイオワ級の3番艦で現在までに米軍が就航させた最後の戦艦となりますね。

missouri3sides.jpg
お見せしてるのはフィラデルフィアのBACHMANN(バッハマン?)というメーカー(生産は香港)の
Mini-Shipsというプラスチック製のシリーズです。スケールは1/1930というハンパなものですが、
たぶんパッケージサイズを一定に保つためでしょう。
bachmanpake.jpg
このイラストはパッケージ裏に描かれたものですが、いかにもそれらしいイイ感じですよねぇ…。

この模型を上の画面スチルと同じようなアングルで撮るとこうなります。
missouerisitlltic.jpg
細かい艤装が違っているように見えるのは、たぶんこの模型が第二次大戦準拠で作られている
からじゃないかと思いますが、そのあたり詳しい方、御教授願えると幸いです。m(_ _)m


ところで、このおよそ15cm前後の船舶玩具って、昔懐かしい50円のプラモと同じような大きさだし、
今日で言えばフルタの軍艦コレクションがまさにそのサイズですね。
下半分は赤い部分で分割でき、フルハルとウォーターラインのどっちでも飾れますが、
フルハルでも底面は平らなのでそのまま疑似海面に置いた状態が今日の一連の写真です。

Arizona_Memorial_PearlHarbor.jpg
ミズーリは現在ではハワイの真珠湾で記念艦として公開保存されています。
アイオワ級で戦艦大和とほぼ互角の規模を誇る大戦艦なんで、
一度でいいからハワイに行ってその大きさを体感したいものですが、
日本軍の奇襲で沈められ、文字通り「沈黙の戦艦」になったアリゾナの隣に係留されていて、
(写真の白い回廊がアリゾナの沈没地点の上に設けられたモニュメント)
場所が場所だけに日本人が行くと冷たい視線の集中砲火を浴びるらしく、実行に移せません。
特に民主党政権がアメリカを激怒させてる今となってはそれも加熱してるだろうから、
早く沈静化してくれることを心から祈ります。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

あ、、アリゾナ記念館、、アタシ、、なにも知らずに、視察で行きましたけどー、、

もう、20年近く昔で、、仕事だから、仕方がないのだけれど、、
「お前、、何しに来やがった!、、トットと、ケーりやがれ(注:早く帰りなさいの意、爆)」と、云わんばかりの、軽蔑と怒りの視線を浴びせまくられ、、ひどい目にあってしまいまちた。。

やっぱ、英語人は怖いや、、、
「水に流す、、」って、日本のことわざ、、英語人と半島国家の連中に教えてやりたいですー。。
【2010/02/26 17:30】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
お~、これは貴重な体験談ありがとうございます。
やっぱそんな感じですかぁ……(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

これが日本なら、たとえヒロシマにアメリカ人が行っても、
真面目な態度だったら決して白眼視しないと思うんだけど、国民性ですかねぇ…。
【2010/02/26 23:14】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


ホノルル・・・10年くらい前、陸軍博物館までは行ったんですけどねぇ。
アリゾナ記念館は、なーんとなく行きづらいものがありました(汗)

80年の米映画「ファイナル・カウントダウン」で、
アリゾナ記念館でパチパチ写真を撮影する東洋人ツアーの画があったけど、
あれはやはり、日本人をイメージ(揶揄?)してたんでしょうね。

> 日本人との間に子供
平成ガメラのあの人ですね~。
一作目当時、あまりにアレな演技に、ギャオスに喰われてしまえ!と思いましたが、
今はちょっとはマシになってるんやろか???

・・・・・そうそう、沈黙のお話(笑)
3作目以降、ビデオ作品だったとは知りませんでした。御教授多謝。
それにしても十数本リリースしてるってのは・・・それなりに人気あるのかな?
【2010/02/28 06:35】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>ねこざかなさん
おお、ねこさんも近くまで行かれたですか!
うへ~、そんな揶揄までしてあるようじゃ、やっぱ恨みは深いんだろうなぁ…。

そうです、平成ガメラのあの子と、たしかその兄さんもいたような。
まぁ演技はねぇ……。セガールだって誉められたものじゃ、ゲフンゲフンw

ビデオオンリーのリリースなら、レンタル屋が入れてくれれば
それだけでペイしちゃうんで、それに見合った予算で最初から作ってるんでしょうね。
それをやたら大げさな宣伝で煽って、うっかりした客がダマされたと思っても(笑)、
何作かに1本はある程度予算かけたの作って、その時は満足させれば、
それなりに「シリ-ズ」は続いていくんじゃないでしょうか?(笑)
【2010/03/01 00:57】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


ケーシー・ライバック、強過ぎますよね~(笑)。殆ど危機らしい危機に陥りませんもの。
でも、だからこそハラハラしつつ安心して見ていられるという不思議なシリーズだと思います。有り合わせの物でサクサク爆弾とか作っちゃうあたりも説得力が有るような無いような・・・。鉄ちゃんでもある当方はコケた2作目が好きで廉価版のDVDも持ってます。ラストの脱線転落シーンも模型・模型していて却って懐かしく新鮮だったりして・・・(笑)。
【2010/03/01 23:39】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>Ponys41さん
いや~、強そうなんだかおっさんなんだかよく解らないあたりが
逆に強く見えるというワケワカメ状態ですな。
今、TVでやってた『撃鉄』をウッカリ見ちゃったけど、
そこそこ楽しめましたもんヽ(´ー`)ノ
ホント、安心して見てられます(爆)

『暴走特急』はウチ的には鉄道ネタとしてイケそうだけど、
海外の鉄道の模型はコストかかるんですよねぇ……('A`)
【2010/03/02 15:46】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/314-d56b6bd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)