キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


ディック・トレーシーの携帯電話
dtmain.jpg
今日ではアメコミの映画化はよくあることになり、「今度はどの作品が?」
という興味はあっても映画化されること自体には何の感慨も湧かなくなりました。
当然、全部追っかけるのも困難なので、「これはパス」の作品もけっこう増えてきます。

アメコミの映画化はモノクロ時代は別として、1978年からのクリストファー・リーブ主演の
『スーパーマン』シリーズあたりから盛んになってきました。
この『スーパーマン』は1977年の『スター・ウォーズ(EP4)』の世界的ヒットで
SF映画ブームが来た時に、その対抗馬として数年前から浮かんでは消えていた企画が
本決まりになったもので、ロバート・レッドフォードとか・バート・レイノルズが
候補に上がったこともあって、リーブに決まった時は正直、「誰だよ、それ?('A`)」
状態だったんですが、ガリだった彼がボディビルで鍛え上げ、
あのケープをまとった写真が発表された瞬間、
supermanreeve.jpg
そこにはまさしく、みなが思い描くスーパーマンの姿があったので、
とまどいは絶賛に変わりました。

このシリーズの成功の後、当然のようにバットマンの企画も上がったんですが、
これがまた難産で、実現したのは1989年のことでした。
こちらではイメージが全然合わないコメディ俳優のマイケル・キートンが
バットマンを演じるということで、反対運動までも起きたんですが、
batmankeaton.jpg
いざ漆黒のボディアーマーに身を包んだ姿が発表されると、
キートンの大きな目がむき出しになり表情がハッキリと読みとれることも手伝って
好評で迎えられ、以降の実写映像のバットマンはこのイメージに固まってしまう程でした。

そのキートン版『バットマン』の対抗馬として企画されたのが今日の御題の
『ディック・トレーシー』(1990年公開)で、大元は新聞マンガで、ラジオ、アニメ、モノクロTV等の
様々なメディアで展開された実績のある古典的作品なので、大いに期待されました。

dick-tracy-02.jpg
主演はウォーレン・ベイティで、原作通りのイエローのコートに身を包んだ姿は、
アゴのゴツさが少し足りない以外はなかなかハマっており(笑)、

dickmembers.jpg
敵の情婦の歌姫ブレスレスにマドンナが扮すると言う話題性タップリの配役に加え、
アル・パチーノ、ダスティン・ホフマン等の名優たちが本人の顔もハッキリしないほどの
特殊メイクで、原作マンガをさらにカリカチュアした悪役を楽しそうに演じ、
原色タップリの衣装が、ハデハデの街並みともマッチして、
懐かしいけれどもどこにも存在しない古き良きアメリカを「再現」する、
なんとも奇妙な味わいの映画に仕上がっていました。

そういう趣向ならば音楽の方もいかにも往年のアメリカっぽい、
たとえば『ダウンタウン物語』のようなノスタルジックなスコア一辺倒になるかというと
そうではなく、ダニー・エルフマンを起用したメインの音楽は、
古いテイストは感じさせるものの、いかにも彼らしいダークな雰囲気のもので、
bleslesscd.jpg
マドンナが歌う酒場のナンバーに懐古はオマカセという感じすらしてきます(笑)。


時代設定はだいたい1930年代なので、出てくるクルマもその頃の丸っこい
クラシックカーで、トレーシーのクルマは1936年のフォード・ビジネス・クーペです。
dt3sides.jpg
お見せしているミニカーは封切り当時に出たアーテルのダイキャスト製ミニカーで、
1/60程度のトミカサイズ、全長約7.5cmのミニカーがコレを含め4種類は出ています。
3cards2.jpg
他の3台はこちらで、ブリスターを開封してない状態でお見せします。

この4台は、トレーシーカーは開封状態で、例の怪しいインターセプターを
持っていた業者から買ったもので、1/43が見つからなかったし、安かったから、
ついでに買い取ったものだったと記憶してます。
後の未開封3台はヤフオクだったかどっかのショーケースだか忘れましたが
まとめて出ていたので補完のつもりで買い取りました。


それから今回はもう一つのアイテムも御紹介しましょう。
dickwatch.jpg
これはディック・トレーシーのシンボルともなっている
腕時計型ハンディフォン(ラジオウォッチ)で、
今日ならともかく、1930年代にこういう小道具を使いこなしてるのは
本当にカッコよかったことでしょうねぇ…。

dickwatchbox.jpg
こういう箱に入ったこの品は、映画公開当時にアメリカのUltra-Terrestrial's collectionから限定で出た
映画と同じ仕様のレプリカプロップで、日本には個人輸入に近い形でしか入らなかった貴重品です。
ボタンを押すと" This is Dick Tracy. I am on my way. "としゃべるのでその気になれます。ヽ(´ー`)ノ

1980keitai.jpg
実は映画が公開された1990年当時の日本ではまだ、携帯電話って、
こういう肩下げのショルダーバッグみたいなのと共に持ち歩かないといけないような
かさばって重いシロモノだったので、このトレーシーのラジオウォッチは、
断然進んでる秘密兵器だったんですよね~。



このベイティ版『ディック・トレーシー』、決してつまらなくはなかったんだけど、
結局日本ではあまりヒットしなかったし、本国でも続編ができるほどではなかったようで、
これ1本で終わっちゃいましたね。
考えてみればアメリカ人にとっての『三丁目の夕日』みたいなもんなんだから
元々日本でヒットするはずも無い訳だし、それからマンガモロ出しの作風は
真面目な日本の観客には嫌われるのも事実なんで、まぁ、ショウガナイのかな~。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

おおっ♪、、日本ではほとんど話題にもならなかったディック・トレーシー、本国でも、あんまり売れてなかったんですねー、、

でも、この黒いフォードだけは、なぜか人気モノでして、ご紹介のミニカー以外にも、1/25スケールのプラキットでamtから出てましたし、、マイクロレーサーシリーズも出てますし、、いい感じなんですけどねー♪

で、この時計、、コレ、最高ですねー、、、初めて見ました、、
ウルトラ警備隊なんかよりずっと昔に、こんな素敵な腕時計なんて(爆)
【2010/03/15 17:09】 URL | 覆面える #- [ 編集]


この映画、ご紹介頂くまで存在を忘れていました。。。中々凄い出演者だったんですね~。
当方の知っているディック・トレーシーは、東京12チャンネル(古ッ)でやっていたTVアニメで、50~60年代位のフルサイズセダンとかに乗っていたように記憶しています。オープニングかエンディングでクルマが街中を走る様を真上から捉えた描写だったのが印象的でした。

・・・それにしても先の黄金銃といい、劇中車だけでなくこうした小道具をきっちり押さえているのは流石FZIROさんですね。
【2010/03/15 23:36】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>覆面えるさん
おお、このクルマはけっこう人気でしたかぁ!
映画仕様の1/43が出なかったんで、やっぱマンガチックなタダのクルマだしなぁ
と思ってたけど、純粋のクルマ模型ファンにはそれだからこそよかったのかな?(w

時計いいでしょ? 実はこんな小さいのに黄金銃の約半額したんだけど、
最初に買ってた2000円くらいのプラ製の奴に比べてあまりにデキがいいんで、
ついつい買っちゃいましたよヽ(´ー`)ノ
【2010/03/16 13:14】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>Ponys41さん
あはは、お忘れでしたかぁ!
確かに日本人には印象に残りにくいですもんねぇ…。
白黒TV版を御覧になってたPonys41さんでもそうなんだから、
昔のを知らない私は、懐かしさは全く感じませんでした…_| ̄|○

でも、嫌いな映画じゃないんですけどね。
そうじゃないと、そこそこのお金出して
このラジオウォッチ買ってないですもんヽ(´ー`)ノ
【2010/03/16 13:18】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


こんにちは。
本作はレンタルビデオで見ただけなんですけど、これだけのビッグネームが出演しながら興行的にふるわなかったというのは残念ですね。
3D映画で再チャレンジ!と勝手に期待したいところであります。

ラジオウオッチのプロップはすごいですね。サスガfziro様!
現実にこの手の製品が発売されると「ディック・トレーシーみたい!」と例えられるのは聞いたことがありますです。
【2010/03/17 10:00】 URL | どどまいや #LkZag.iM [ 編集]


>どどまいやさん
本国ではコケちゃないと思うんだけど、やっぱ続編できてないからなぁ…。
もっと手軽な新キャストでやればいいかもですねぇ(笑)。

おお、このアイテムをそういう風に例えで使ってくれる人がいたんだぁ!
これから連想するって、一番多いのはウルトラ警備隊、次がジャイアントロボ、
マニアでサンダーバードって感じですかねぇ?(笑)
【2010/03/17 23:48】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/316-1d2eb633
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)