キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

007と空飛ぶ円盤
♪夏がく~れば思い出す~♪ 恒例の夏の水もの特集です。
と言いつつ去年はスッカリ忘れてましたけど(テヘッ
今年ももう8月中旬ですが、まだまだ暑さは続きそうなので、その間、お送りしましょう。

diiscovorantemain.jpg
第一回の今日ですが、ちょうど覆面えるさんのところと勝手連ができるブツがありますので、
それからということで、『007/サンダーボール作戦』のディスコ・ボランテ号です。
この作品は当ブログではすでにアストンマーチンDB5とBSRバイクを取り上げているので、
映画の解説も省略と思っていたら、ブログ開設当初でほとんど何も書いてなかったので(笑)、
いつものようにブツの前に映画の解説を少しお読み下さい。

『007/サンダーボール作戦』は1965年の作品で12月25日公開ですが、
なんとこの作品、日本での公開が全世界で一番早かったという、
当時の日本での007ブームがいかに爆発的だったかを物語るエピソードが残っています。
そんな状態なので通常は上映用フィルムに付いてくる日本語字幕用の完成台本が間に合わず、
英語堪能な関係者を集めた社内試写を何回も行いセリフを聞き取り、徹夜でインチキ台本を作り、
そこから日本語訳していったという、実に強行スケジュールでの日本公開でした。
そもそも本国版の完成すら急ぎに急いだ状態で、そのために当時発売のサントラ盤には
後半の音楽を入れられず、あのクライマックスの水中戦で流れる音楽を独立して聞くには
ボンド映画30周年の1992年に発売された2枚組記念CDまでお預けでした。
『ロシアより愛をこめて』のボンドがレクターを奪うシーンで初登場した
「007」と呼ばれる壮大な音楽がさらにスケールアップして鳴り響いた後に、
特徴的なリズムの刻みはそのままに新たな旋律が加わり、だんだんテンポアップするその曲は、
曲の加速がそのままディスコボランテ号の暴走とリンクしているため、
聴いている間、少しもダレることが無い超名曲です。

その後、再発されたリマスター単独サントラCDには未収録曲も入りましたが、
リバイバル公開時にLPを買って、CD化されたときにも真っ先に買っていた私は、
さすがに基本的に同じもの3種はつらいのでリマスターCDは買ってません('A`)
でも、そのトラックは最高に燃えるので、どうかみなさんはお聞き下さい。


『サンダーボール作戦』は本来はイオンプロのボンド映画第一弾として制作されるはずでしたが、
この小説はフレミングが以前にケビン・マクローリーらとの間で進め途中で頓挫した
映画用プロットを流用したものだったため、マクローリーとの間に裁判沙汰となり、
代わりに『ドクターノオ』が最初のボンド映画となりました。
裁判の結果、『サンダーボール作戦』の映画化権を勝ち取ったマクローリーでしたが、
すでにイオンプロによるシリーズが『ゴールドフィンガー』まで3作進み、
世間のイメージはすっかり、コネリー=ボンドとなっていたので、
彼以外のボンドではショーバイが成り立たないだろうと判断し、
イオンプロとの間に「共同製作」という妥協案が成立したのです。
『サンダーボール作戦』が過去の作品より予算が格段に大きかったのは
イオンプロ側が過去の収益をつぎ込んだことに加え、マクロ-リーが引っ張ってきた
予算もあったからじゃないかと私は想像しています(笑)。

さて、今回お見せするミニ(カー)は、そんな『サンダーボール作戦』公開時の1965年に
ギルバード社から発売された膨大な007トーイの一つです。
ブリスターパックで発売され、その姿は覆面えるさんのページで御覧になれます。
私は基本的にブリバリ主義者なんで、このヴィンテージトイも容赦なく、
でもヘタレなことにはマニア開けで開封したので(爆笑)、中身をお見せしようと、
勝手連させていただきました。m(_ _)m

309409901_78756579a5.jpg
劇中ではラルゴの財力を見せつける象徴であり、同時にスペクターの移動秘密基地でもあった
この大型水中翼船ですが、緊急時には前半分だけ分離し高速航行する様子が実にカッコ良かった!

vorante3sides.jpg
3面図はこんな感じで、当時のプラスチックトイとしてはそこそこイイ感じの出来映えです。
と言うより、ディスコ・ボランテ(空飛ぶ円盤)号の市販立体物って、
たぶん全長約16cmのこれしか無いので、出してくれただけでもアリガタヤ状態ですね。

vorantebunri.jpg
この分離もしっかり再現してくれているのが泣かせますが、
ギルバードの007トイは本当に優れモノ揃いでした。ヽ(´ー`)ノ


一時的に手を結んだケビン・マクローリーとイオンプロでしたが、彼らの争いはその後も続きます。
詳しいことはこちらの記事で書いてますので、興味が有ればお読み下さい。

それからディスコ・ボランテ号ですが、何年前だったか「売ります」の広告が出てたけど、
その後どうなったのかなぁ…。
discoforsell.jpg
この写真だと前半分だけっぽくも見えるし、船齢では相当の老朽船なんで、
維持費も大変だと思いますが、記念艦としてなんとかレストアしてほしいですよね~。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

ディスコ・ボランテ号の分離・高速脱出シーン、、アタシも大好きです、、

007シリーズの中では、「サンダーボール作戦」が一番好きで、さらにこのシーンはその中でも一番お気に入りでして、、DVDを入手した日にわ、もうこの場面ばかり何度も、、、(爆)

で、何度も見てて気が付いたんですけど、たしかにディスコ・ボランテ号の分離シーンは、洋上で撮影されているのですけど、残された後ろ半分部分の戦闘シーンと、砲撃をうけての爆発シーンは、どっかの特撮プールの撮影みたいな気がします、、

ディスコ・ボランテ号の後ろ半分部分のディーテールも、洋上シーンと爆発シーンでは微妙に違いますし、というより、全体的に縮んだような、、(爆)

で、、ブリバリと勝手連、、ありがとうございました、、おかげさまで、反対側と分離後の姿を、じっくりと堪能させていただきまちた。。

これの、1/40サイズくらいのラジコン、、ほんと欲しいですよねー、、、かっこ良いだろうなぁー、、

【2010/08/09 13:19】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
御快諾ありがとうございます。

へ~、あの分離シーン、撮影場所分けてるっぽいですかぁ!
元々この船は、転売広告の状態を、後半分撮影用に継ぎ足したんじゃないか
って気もするし、後半分って自力では受けないんじゃないかなぁ(爆笑)。
それならプール撮影しないとクルー死んじゃいますよね……。

ディスコボランテのラジコン、ギルバードから発売予定はあったらしいって話もあって
海外サイトには図版も載ってましたね。
それから自作した人もいて、やっぱ向こうでは人気有るみたいです。
ほんとコレの他に、何か出て欲しいですよねぇ……。
【2010/08/09 22:31】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


大型水中翼船ディスコ・ヴォランテ号か…だとしたらBEETLE(FZIROさんとえるさん位にしか解らんネタかも)やぺがさす(長崎人しか解らんかな?)よりデカいかな?
幼稚園児の頃に、4つ上の姉ちゃんの1年の科学で見た水中翼船よりデカそうだな。
1年の科学で見た頃に運用されたハズ(40年位前だよな…確か、見出しが"海の超特急"だった様な)だから、それ以前に映画用とは言え実物があるのが凄い。

007に詳しいFZIROさんに質問ですが、サンダーボール作戦のテーマ曲ってトム・ジョーンズ版以外にもあるんですか?この間つべでウエスタン調の聴いた事のない(タイトルも"サンダーボール"で画面もサンダーボールのOP、更に高校の頃に007好きの友達からダビングして貰った007のテーマ曲&劇中歌集にも無かったもんで)曲があったのが妙に気になって…。

水中翼船の発進する所、実際に近くでみるとかなり燃えますね。
タービンのアイドリング音が響きソロソロと離岸、ある程度離岸した所で180°転回して水中翼展開、タービン音が全開の音に変わった途端にフロントUPしながら加速!
う~ん燃えるぜ!
【2010/08/11 12:36】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


>桃色ジープさん
そっか~、この映画の封切は1965年だから、当時はまだ水中翼船は珍しかったんですねぇ!
だからあんなにフィーチャリングしてあるんだ!
まさに秘密兵器だった訳ですなぁ…。

サンダーボールの主題歌は、劇中インストゥルメンタルで流れる
「ミスター・キスキス・バンバン」が最初歌曲として作られ、
シャーリー・バッシーとなぜかディオンヌ・ワーウィックでレコーディングされたけど
曲名がケシカランというので最終的にトム・ジョーンズのあの曲になったと
これまで報じられてて、はて、ウエスタン調の曲ってなんだろと調べてみたら
「ジョニー・キャッシュにも主題歌の依頼があって、書き上げて摘出したけど使われなかった」
という事実が比較的最近解ったみたいですねぇ…。
http://www.youtube.com/watch?v=R3rqS98seNA&feature=related
確かにコレじゃのんびりしすぎだ(笑)。

トム・ジョーンズの起用はギリギリになって、本来彼には高すぎる声域で歌ったんで
最後の超ハイトーン&引き延ばしの後、ぶっ倒れたというエピソードも有名だけど、
なるほど、キスキスでNG2つの後、さらにもう1曲NGがあったんだから、
ギリギリになるはずだよなぁと、改めてガテンがいきました!ヽ(´ー`)ノ

【2010/08/11 13:06】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/08/11 20:14】 | # [ 編集]


おお、この曲、水中銃での応酬を思い出しますね。戦っている所にサメが来たりしてましたよね。ハラハラ、ドキドキして観たものでした。小型潜水艇が欲しいなあと思ったり・・・核を積んだ爆撃機を海に沈めたストーリーも奇想天外でしたし、オースティンパワーズでネタにされてた粛清シーンもこの作品ではなかったでしたっけ?そして何よりラストの方で分離したディスコボランテ、カッコ良かったですよね~。流石にあの冊子シリーズでは出ないですかね・・・。
【2010/08/12 10:58】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


謎のウエスタン調の曲の解説ありがとうございます。凄く気になってモヤモヤしていたのがスッキリしました(スッキリボタン連打!スッキリ~スッキリ~スッキリ~)。
記事内に貼られてるつべの画面を見て思い出したんですが、フロッグメン部隊ってモデル化されてた様な記憶があるんですが、記憶違いですかね?
中坊の頃、近所の問屋の片隅で埃被ってたのを見た様な…。

皆さんの※見てると凄く面白そうなので(コネリー&ムーアのボンドで何故かサンダーボール作戦だけマトモに見てない)見てみよう。
ディスコ・ヴォランテ号にも興味が出て来たし(23日迄仕事休みだし)…。

あと、このブログへのリンク(アメ◯バ以外のリンクはお気に入りじゃなくて、何故かブックマークになってしまいますが…。)を私のブログに貼らせて貰ってもよろしいですか?
【2010/08/12 19:36】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


>Ponys41
合成でなく、大量の人員を配しての水中戦は、動きがモタモタしてるという
悪評もありますが私はけっこう好きです。
ボンドが埋没しちゃってるとの指摘は、そうならないように背中にしょった水中ブースターで
水の中を飛ぶのボンド、を見せてるわけだし、私にはカッコよく思えました。ヽ(´ー`)ノ

ディスコ・ボランテ、本当にあのマガジンで出てほしいですよねぇ…。
【2010/08/12 21:24】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>桃色ジープさん
いや~、こっちも一つ勉強になりましたので、よかったですよ。
こうやって45年後にまだ新事実が出てくるあたありはさすがの歴史の深さだなぁ…。

フロッグメン関係はイマイから実はたくさんプラモがでてたんですよね(ニヤリ
まだこの作品御覧になってないなら、できるだけ大きな画面で観て下さい。
Ponys41のコメントにも書きましたが本物の凄みがよく解りますから、
なにせ原爆積んだバルカン機も原寸大のプロップを沈めて撮影してますからね。

リンクはどうかよろしくお願いします。
ここは一つ、相互リンクと行きましょう!ヽ(´ー`)ノ
【2010/08/12 21:30】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>>BEETLE、、FZIROさんとえるさん位にしか解らんネタかも・・
うーんうーん、、って、一応2人とも地元でつし、、

で、同じ水中翼船でも、BEETLEは最新型の外洋縦翼式なので、ずっと快適ですよねー、、

ここわやっぱ、昭和40年台の、防予汽船や瀬戸内内海汽船の、内海用水中翼船と行ってみましょー、、

実際、子供のころ、柳井から松山まで乗った水中翼船は、静かな瀬戸内でも、けっこう揺れて凄い乗り心地でちた。。

んで、ほんと、この冊子シリーズ、特別枠でもいいので、ディスコ・ボランテ号を出してく欲しいですよねー

あ、、そーそ、私を愛したスパイで、エスプリを追っかけまわした黒いサイドカー、次号で出ますよー、
できれば、側車のロケットを発射した姿がいいのだけれど。。

でわでわ。。

【2010/08/13 13:32】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
お~、あのサイドカー出ますかぁ!
そちらで御紹介の北朝鮮ホバーといい、あのサイドカーといい
アシェット本国版は気ぃ狂ってるなぁ!ヽ(´ー`)ノ
【2010/08/15 18:32】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/343-40b8cab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。