キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


南の島と、とあるFake
え~、実は今回まで水もの特集続けるつもりで、とあるキットを入手してたんですが
諸事情で手を着けることができなかったので来年に回して、今年の特集は前回までとし、
今回は通常営業までのつなぎの、夏休み特別企画をお送りします。

zieitaicanon.jpg
「なぜ怪獣は日本だけ襲うのか?」という命題が、特撮に疎い人から出されることがあります。
常識人は「日本で作ってるから」、左巻きは「戦争で酷いことをした日本を糾弾するため」、
愛国者は「戦後、表面的な幸せに現をぬかす堕落した日本人を懲らしめるため」と、
それぞれの立場がよく解る答えをお出しになるようですが、
特撮マニアなら、そもそもこの命題が間違いであることはすぐ解ります。

『ゴジラの逆襲』のゴジラが氷で埋まった神子島は日本の領域からは外れてますし、
『キングコング対ゴジラ』で北極海で氷山の中から甦ったゴジラは、
すぐ近くの陸地に上陸し、赤い星をつけた戦車を持つ軍隊と闘います。
最初の『モスラ』のクライマックスはニューヨークを模したニューカークシティだし、
『大怪獣ガメラ』では光る円盤となったガメラは世界各国で目撃されてます。
『ウルトラマンG』『ウルトラマンパワード』等の海外が舞台のウルトラマンもいるし、
東映作品は海外版が作られることは当たり前になっています。

怪獣が日本以外も襲うため、怪獣との戦いに慣れている自衛隊がやむを得ず、
海外へ出兵することも、特撮世界では無い訳ではありません。
BAITAISIRYOU.jpg
今日、御題にする『怪獣王子』も南洋の火山島が主な舞台で、
そこの地下に眠るウラン鉱を目当てに島を侵略しようとする遊星鳥人や昆虫人間と戦う
怪獣王子ことタケル少年とその相棒ネッシーが主人公ですが、
彼らを助けて共闘するのが自衛隊選抜のレンジャー特別隊で、最初は通常装備で闘いますが、
シーラゴンの最後 2010-08-06 16_25_02_484
戦闘の激化につれ、破壊力が膨大なだけでなくウラン鉱への誘爆の危険性が無い
新兵器音波砲を開発し持ち込むだけでなく、
ジェット機編隊
特殊潜行艇808からの攻撃や、F-104 スターファイターの航空部隊も動員されるので、
当時、その「自衛隊の海外出兵」ぶりが一部で問題視されたという話もあります…。

『怪獣王子』は昆虫人間との話が決着しないまま26話で終了しているため、
現在は「視聴率不振で打ち切られた」とする説が蔓延してますが、その数字は不詳です。
事実として当時、子供達の間ではタケルの武器であるブーメランが大流行して、
あちこちの屋根や木の上に引っかかっていたほどだったし、
各地で怪獣スーツの展示やアトラクショーが催されたとの証言も集まっていますが、
はたして、本当に人気の無い作品なら、そのような副次的なブームが起こったでしょうか?

いろいろ資料を調べた結果、『怪獣王子』の打ち切りはスポンサーのロッテの意向のようです。
私のあるNET上の友人が、『怪獣王子』が『マグマ大使』に続いて放映された事をさして
「怪獣王子って、ガムがネッシーに変わったようなもんだよね」と指摘して、
その言い得て妙具合に感心させられましたが、子供にとってはガムがネッシーに変わろうが、
いい相棒振りは同じなんで本質的な差は無いけど、スポンサーのロッテにとっては大違い。
だってガムが売れなくなるじゃないですか!ヽ(`Д´)ノ 
ガムのガムは食べたいけど、ネッシーガムはビミョーですもんねぇ(爆笑)。

それからこれは考え過ぎかも知れませんが、ロッテは在日韓国人が経営する企業です。
その一社提携番組では、『マグマ大使』のように国内で自衛隊が活躍するところまでは
容認できても、『怪獣王子』の自衛隊が海外出兵する内容はさすがに拙かったのでは?
事実、ロッテからは1クールでの打ち切りが要請されたようで、
『怪獣王子』が、製作費は広告代理店持ちという特殊な状況だったため、
1クール分だけはなんとか延長させてもらったという話が伝わっています。
普通、視聴率が不調ならテコ入れしますよね。それすらも許さなかったということは……。

とまぁ、いろいろ憶測はできますが、単独スポンサーの強い反対により
『怪獣王子』が26話で打ち切られたのは事実であり、
実質プロデューサーだったピープロの鷺巣富雄氏は、別のスポンサーを捜して
続編の『怪獣王子海を渡る』を製作する気マンマンで、
怪獣造型担当の高山良策さんに第1シーズンでは使わない怪獣スーツ何頭かと、
新シリーズ用の怪獣の新デザイン「ウナギーラ」を発注しています。
しかしそれも、『怪獣王子』制作のために設立された日本特撮株式会社が、
種々の不都合を起こし崩壊したあげく、残党が裁判沙汰を引き起こしたため実現できず、
その騒ぎも収まった頃、台湾でドラマ部分を新撮した映画版が製作されたに止まりました。


今回お見せしているミニカーは、『怪獣王子』のレンジャー特別隊の新兵器「音波砲」と、
実際の劇中使用はよく解りませんが、使っていても不思議はないキャノン砲です。
音波砲はスクラッチビルドで、牽引器付きなのでトミカの自衛隊ジープに引かせました。
もう一つのキャノン砲ですが、表題のFakeというのはこれのことです。
トミカの自衛隊トラック(69-3)は幌付きトラックと牽引された大砲とのセットですが、
tomikazieitaitruck.jpg(参考写真)
本当はこういう構成で、完品だとショップで7000円、オクで3~4000円とけっこうなお値段です。
ところがある日オクをチェックしていたら、トラックだけが500円スタート、
キャノン砲だけが何と50円即決で出てるじゃないですか! 
実はキャノン砲はトミカの付属物じゃなく、マッチボックスの単品のルースで、本来なら、
fireldgun.jpg(参考写真)

こういうセットだったのが、付属品が無くなってしまっているようです。
つまり大砲欠けと大砲のみな訳で、純粋なトミカ&マッチボックスのコレクターなら、
箱無し&パーツ欠けの程度の悪い品はスルーですが、もともと私はレストア野郎(爆)だし、
そもそもこの軍用トラックを欲しい理由が、怪獣ジオラマのストラクチャーの武装としてなんで、
オリジナルより大砲が「マァ、ご立派!」(笑)状態になるこの組み合わせは大歓迎だし、
もしこのままトラックが500円で落ちれば、オリジナルの1/10程度の出費で済みます。
何よりビンボーな私にはウレシイ話なんでキャノン砲を即決し、トラックを入札したら、
なんとかそのまま、他に誰の入札も無く500円で落ちてくれました。
潔癖なトミカコレクターの方々、見逃してくれてアリガトーヽ(´ー`)ノ

このようにそれほど価値があるとも思えない今回のミニカーですが、
実はフィールドガンの方は、完品ならebayでそこそこの値段が付いているし、
日本ではあまり見かけないので、今回はこっちの3面図を撮影してみました。
canon3sides.jpg


それから、今回の怪獣ジオラマとは、話の流れから『怪獣王子』ネタなことはお解りでしょうが、
まず、相当なビンテージ品である放映当時発売の野村トーイのネッシーを
右後ろ足欠け、表面は汚れとカビで皮膚病のような状態だったのを、激安で入手し、
beforeafterrestor.jpg
このように、汚れやカビは穴を一個一個爪楊枝でほじくって落とし、
足は粘土で自作してレストアした訳です。

それでマルサンのジャイアントゴリラをゴズラスに見立てて遊んでいるウチに興が乗って、
kaizyuouziorama07.jpg
テラノドンを余った紙粘土で、タケル等をボトルキャップフィギュア改造で自作しました。
この写真がけっこうイイ感じに撮れたのでますます調子に乗って、
いつぞやの夏のようにジオラマ展開したいというビョーキが発症し、
searagonsousingekigosei.jpg
写真は大きいのでクリックして御覧頂いて、今はこういう状態ですが、
今回はステージはそんなに大きくなく約一畳分ですかね?
怪獣のメンツは、黒い鳥がジアトリマ、青緑のゲスラみたいのがシーラゴン、
その後がマルサンのジャイアントゴリラ代役のゴズラス、
赤いのが野村トーイのネッシー、その右の黒いのが最終回のサボテン怪獣こと
パキセハロザウルス、その右の羽根付き赤目がテラノドン、前のオレンジ色が角竜、
その前がマルサンステゴザウルスを使った剣竜で、メーカー名が無い奴は全部自作しました。
そこに当ブログ紹介済みの61式戦車や自衛隊シャーマンも動員し、
ボトルキャップで作った昆虫人間や、駄菓子屋パチ玩具を着色した遊星鳥人を
kaiizyuouzifigures.jpg
はめ込んだのが上の写真です。

活躍の様子をアップにするとこういう感じになり、
onpahouhaibi.jpg

missilsoubi1.jpg
小スケールの玩具とヘタレスクラッチのため、ディテールはイマイチの部分もありますが、
そこは(゚ε゚)キニシナイで、気分はすっかり南の島で奮戦するレンジャー特別隊です! ∠(`へ´*)
ここまで揃えてくると『怪獣王子』の全怪獣を勢揃いさせたいという野望も生まれてきましたが、
やっと全体の半分というところなので、はたしてどこまで気力が続きますことやら……。
どうか怪獣ファンのみなさんも生暖かく見守ってくらさい。m(_ _)m


さて、今月はカレンダーの関係でいつもより多い5回の更新となりましたし、
まだまだ残暑は厳しいので、ここらで恒例の夏休みを取らせていただきます。
2回分休ませてもらって、次回更新は9月20日頃の予定ですが、
どうかみなさんもお元気でお過ごし下さい!ヽ(´ー`)ノ

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

こんばんは。大変ご無沙汰であります(恥

「怪獣が日本を狙うのは何故か?」っつ~と、(かつては)静岡県に秘密基地が乱立(!)していたから、日本と言うより当県を狙っているものとばかり思っていました(大ウソ)

私事で恐縮ですが、自衛隊と言えば、今日昼食を食べていたら総合火力演習を終えてお帰りになる隊員御一行と思しき皆様がドヤドヤお越しになられ、取り囲まれてしまい、何故かコソコソお蕎麦を食べておりましたw
(でも、隊員さんはトラックの運転手さんと並んでもあまり違和感がなくて馴染んだ光景なんですがw)

それはともかく、お~おらあ~~!な『怪獣王子』ですか。懐かしいですね。
(ブーメランはCX系では『海底少年マリン』に引き継がれていくんですよね(ちょとウソ))

ジオラマは圧巻の一言です。
fziro様がお休みの間にじっくり拝見させていただきます。くれぐれもお体をお大事にしてくださいね。

【2010/08/30 22:58】 URL | どどまいや #LkZag.iM [ 編集]


>どどさん
お疲れさまでした~!
静岡は機械獣から狙われッぱなしでしたもんねぇw
リアル自衛隊のみなさまに囲まれてのガチムチな昼食、さぞムサもとい頼もしかったことでしょう!(°∀° )
冬だったらまだ良かったのに(爆)。

そのマリンもブーメランでしたよねぇ。あっちは射出タイプだったけど…。

ジオラマ、下手なりに手間はそこそこかかってるんで、楽しんでいただければ幸いです。
今日もまた猛暑日で、ホント今年の夏は酷いナァ……。
【2010/09/01 00:15】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>>なぜ怪獣は日本だけ襲うのか・・
うんうん、、ウチのヨメも、ウルトラ大好き人間なのに、よく言ってますー(爆)

で、さすがのレストア技術ですねー、、
この手の生態系玩具のレストアって、かなり難易度が高いんで、当方はいつも敬遠しているのですが、あまりの完成度に吃驚でありますー!

あと、ジオラマも、いつもながらの手際のよさと完成度に感服いたしました。。
細かな登場人物(?)とメカの製作、、考えただけで、気が遠くなりそうです、、いやいや、ほんと楽しませていただきまきた、、

ということで、夏休みの間に、過去記事について勝手連と行かせていだきますが、なにとぞよろしくお願いいたします
【2010/09/01 14:28】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
やっぱキッチリ見てない人はそう思っちゃうんでしょうねw
ま、ほとんど日本を襲ってることには違いないんですが…

レストアをおほめいただきありがとうございます。
達人のえるさんにそんな言葉を頂くと実にウレシイですヽ(´ー`)ノ

ジオラマの方はいつもの手抜きジオラマごっこですが(笑)、
汎用の効く小道具をため込んでおいて良かったかも…。
このレンジャー部隊、実はアメリカ独立戦争兵士の改造だったりするんですが(爆

勝手連、楽しみにしてま~す!
ちょっとレスポンスが遅くなるかも知れませんが、お気になさらずに~(笑)

【2010/09/02 09:15】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


すいません。。この作品は全然知らないのですが・・・(汗)
ソフビのレストアお見事です。この子はFZIROさん家に来て幸運ですね。
仲間も沢山いるし・・・。可愛いけれど凛々しくも見えます。
当方も哀れな姿で入手したミニカーを修復中なのですが・・・
作業が遅いのでいつ完成するやらです。。。
【2010/09/03 23:40】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>Ponys41さん
この作品、いろいろあったもんで再放送にも恵まれないし、dvdもかなり昔に限定で出たきりで、
今捜すとけっこうプレミア付いてたりすることが多いんですよ…。

それでソフビもかなり高騰するのが普通なんだけど、コレクターが見向きもしない
コンディションだったので何とか手に入りました。
レストア作業は時間をかけただけいい仕上がりになるんで、
お互いノンビリボチボチやっていきまショー!ヽ(´ー`)ノ
【2010/09/04 17:21】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]

オォラ~!
こんにちは。
『怪獣王子』観てました。もちろんブーメラン遊びもバンバンやってましたよ。
最終回のタケル少年がネッシーと島に帰り、見送る双子の弟が「さようならお兄さん…」とつぶやくシーンが未だに記憶に残っています。
大人の事情については全く知りませんでした。

「怪獣王子」と名乗っていながら従えているのが一匹だけとうのは子供心に疑問でした。
アメリカンアニメにも邦題『怪獣王子』というのがありまして、そちらは何匹か従えていたので「こっちの方が王子らしい」と思っていました。
【2010/09/06 18:39】 URL | ドルフィン #xRJCGGbg [ 編集]


毎度ですー♪
新シリーズ、、”丸カブリ勝手連”(Ponys41さん命名、、、爆)発動いたしまちた。。
よろしくお願いいたします。。
http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/19561662/
【2010/09/07 11:24】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>ドルフィンさん
おお、ドルフィンさんもごらんになってましたか!ヽ(´ー`)ノ
タケルとミツルの兄弟は本当の双子なだけに実感出ましたよね。
最後の別れも永久のそれじゃなくて、きっとネッシーに乗って
時々遊びに来るつもりだったと思いますよ(笑)。

確かにネッシーだけじゃ少ないですよね。
アメリカンアニメって「怪獣王ターガン」ですか? それとも他にあったのかな?
アレは地方によって放映されてた作品にずいぶん違いがありますからねぇ…。

【2010/09/07 19:52】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>覆面えるさん
あはは、なんか面白そうですね!
あとで伺いま~す!!
【2010/09/07 19:53】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


「怪獣王ターガン」だったと思います。
テレビ静岡かSBSで夕方放送していた…。
「富士の富士宮、御殿婆さん追って―」です(ローカルネタ)
【2010/09/09 18:37】 URL | ドルフィン #xRJCGGbg [ 編集]


>ドルフィンさん
おおやっぱそうですか!
最近ターガンはオモチャが出てて食指をそそられるんだけど、
高いから自分で作っちゃおうかという気もしてます(爆
タングロー、リキラー、マリュー、ヒューヒューとポーポー、
どれも個性的な怪獣ですもんねぇ! ヽ(´ー`)ノ
【2010/09/10 22:55】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/346-24900b66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)