キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


月をクマ手でかき寄せようとする者とそれを笑う者
moonrakermain.jpg
今日の御題は『007/ムーンレイカー』です。1979年6月26日公開のこの作品は
前作の『私を愛したスパイ』で復調した007映画のさらなる拡大再生産という感じで
出来映えはピリっとしませんでしたが、ファミリー層を完全に意識したユーモラスな
作風のおかげか、全世界で大ヒットし、またまたシリーズの興行記録を塗り替えました。
実は『私を愛したスパイ』のエンドタイトルでは次回作は『For Your Eyes Only』と
告知されていたのですが、『私を愛したスパイ』の大ヒットが確定したすぐに
『ムーンレイカー』に変更されたらしく通常よりは速いペースで撮影が進められ、
1978年春~夏頃の『ロードショー』誌で宇宙ステーション内の大規模な撮影の様子が
特集されたのには驚いたものです。
moonrakerteaser.jpg
『黄金銃を持つ男』と『私を愛したスパイ』の間がハリー・サルツマンのブロッコリに対する
「嫌がらせ」で3年も空いただけに、その速いペースにはなおさら驚かされたんですが、
苦労人のブロッコリが『スターウォーズ』等の大ヒットによるSFブームの到来を逃す手は無く、
もともと原作の中でも荒唐無稽さが突出し、シリーズの作風からはみ出す『ムーンレイカー』を
映画化する絶好の機会とばかりの英断だったのでしょう。もちろん『私を愛したスパイ』の大ヒットが
後押ししたことは間違いなく、原作通りでも「巨大ミサイル」基地を作る必要のある
プロットをさらにスケールアップして、基地はもちろん複数のスペースシャトルが
ドッキングできる巨大宇宙ステーションまでを登場させたのですから、
「活動屋」としてのブロッコリのまさに真骨頂だったでしょうね。ヽ(´ー`)ノ

私が007にハマッたのは年齢的に日本でTV放映が始まってからなので
1974年の春以降で、『黄金銃を持つ男』は封切りに間に合うタイミングだったんですが、
さすがに小学生で007を見に行くわけにはいかず、初劇場封切りは『私を愛したスパイ』、
そして2本目がこの『ムーンレイカー』でした。
映画の完成度もそこそこある『私を愛したスパイ』はともかくも、『ムーンレイカー』を
TV画面で見たら、あの宇宙戦のシーンなんかコメディにしか見えないでしょう。
あのユラユラと漂う両軍の兵士の群は、確かに滑稽なんだけども、大画面で見ると
バカバカしさを大マジメに極めたようなそれなりの説得力を持っていたことも確かで、
封切りに間に合ってよかったとつくづく思います(笑)。

moonraker3sides.jpg
お見せしているミニカーはコーギーの封切り当時のモノで、全長約16.5cmのダイキャスト製。
スペースシャトルは巨大なんでスケールは小さいですが、標準サイズの範疇に入ります。
ムーンレイカーは、ブースター付きスペースシャトルのリペイントなんで、
けっこう立体化されていて、封切り当時にはエアフィクスやレベルから、
airfixmoonraker.jpg
そして1990年代には童友社からもプラモデルが出ましたね。
douyusya.jpg

コーギーは覆面えるさんのこちらで御覧になれるミニも出しているし、
標準サイズは後にドラッグスのフィギュア付きで再販されていますので、
今から手に入れるならそっちを狙った方がいいかもしれません。
corgisaihan.jpg(参考写真)
なお、写真の絵面が似通ってくるので、手持ちの品では取りませんでしたが、標準サイズの方は
このように背中のハッチが開閉し、中に人工衛星が収納されるというギミック付きです。

『ムーンレイカー』って、1970年代中頃の私の007研究の事始めの頃には
すでにもう唯一の未映画化の原作長編でしたが「ムーンレイカー」という
言葉の意味もよく解らなくて、RAKEが道具の「クマ手」という意味なんで、
「月をクマ手で引き寄せようとする人」ということで「月ロケット」の名前としては
科学の進歩に対するいかにも英国らしい皮肉が効いてるなぁと思っていたんですが、
実はコレ、英国の民間伝承に基づく言葉らしく、
つまりは、破壊ミサイルを月ロケットだと騙されているロンドン住民に対する
さらに一段深い皮肉が込められている訳で、ちょっと感心してしまいました。

sougengensaku.jpg
当時の創元推理文庫では未映像化作品はボンドの顔がデザイン処理された共通の
カバーデザインでしたが、『ムーンレイカー』では赤地模様のその本を何度も読み返し、
発射寸前のムーンレイカーのすぐ下に拉致されたボンドとヒロインのガーラが
ロケット噴射の火炎をいかに避けるかをハラハラドキドキしながら堪能したものです。
この作品も映画化権がイオンプロ以外の手に渡ったと一部で伝えられていたため、
映画化が遅れたのはそのせいかとも考えていたんですが、英文のwikiによると、
よそに先に買われたその権利はあくまでオプション(一時金を先渡しし、一定の間、
権利を他に売るのを留保させ、その間に資金を集める慣習)で、本契約には至らなかったようで、
サルツマンが映像化権をまとめて買った時にはその権利は失効していたとのことです。
なおこの時のサルツマンの権利もオプションで、本契約用の資金繰りが難航したため、
ブロッコリの共同制作の申し出を飲まざるを得なかったのがイオンプロの成り立ちらしく、
作風が水と油に近いこの2大プロデューサーはこんな経過でもないと交わらなかったでしょう。
今シリーズを制作しているバーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンは
ブロッコリの縁者ですが、『カジノロワイヤル』『慰めの報酬』と2本続けて
サルツマン路線のシリアスな作風を続けているのは皮肉な話です。
でも彼等が主導権を取り始めた『ゴールデンアイ』以降、しばらくドハデ路線が続いたので、
シリーズ全体を通してみるとバランスが取れているのかも知れませんねえ。ヽ(´ー`)ノ

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

どもども、、勝手連、ありがとうございまーす♪

こーやって見ると、ドラッグスのスペースシャトルは、当時、話題になっただけあって、モデルもいっぱい出ているんですねー、、

エアフィクスのモデルは、なかなか貴重で、今でも未入手なんですが、コーギー大サイズは、箱ごと在庫していますんで、そのうちにでもアップさせてくらはい。。

ということでも、別ネタで、早速に勝手連返しとまいりました、、よろしくお願いいたします、、でわでわ。。
http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/20165440/
【2010/10/26 12:46】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
御承諾、ありがとうゴザマス!(・∀・)
スペースシャトルって、たくさん立体出たんで、それを利用することができるメーカーなら
シール貼るだけでムーンレイカーになりますからね(笑)。
勝手連返し、たしかに受け取りました、グハッ!

【2010/10/27 12:15】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


ボンドシリーズは硬軟入り混じったユーモアのある作品の方が好きな当方ですが、
このムーンレイカーはちょっと行き過ぎというか、スパイものじゃなくてSF映画みたいになちゃってて当時は余り好きになれなかった記憶があります。

最近会社の同僚からマット・デイモンの「ボーン・シリーズ」のDVDを借りて観たのですが、これがなかなか面白くて結構ハマってしまいました。・・・で、ふと思ったのですが、ココ2作の007ってシリアス路線で「ボーンド・アイデンティティ」みたいだな~と(笑)。ダニエル・クレイグがユーモアを兼ね備えたボンドを演じたらどうなるか?観てみたい気もします。
【2010/10/29 22:50】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>Ponys41さん
原作はネタこそ核ミサイルだけど、スリルとサスペンスに富んだお話なんですが、
なんでああなっちゃったんですかねぇ(苦笑
監督がこういうのに向いてなかったのかなぁ…。

そろそろダニエルもユーモアを憶えないと古参ボンドファンの半分から嫌われそうです。
私も『慰めの報酬』は、決して手放しでは喜べなかったし…。
【2010/10/30 08:57】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


嗚呼ムーンレイカー 
素晴らしきシャトル 我がドラックスインダストリーが生んだ最高の工芸品。

原作版に登場するトーロン少佐って「オクトパシー」に出てきた
南米某国将校トーローの元ネタなんですかね?

ロジャーボンド曰くとろい名前って・・・ それじゃ港署のトロい動物みたいだ・・・
【2013/02/05 18:55】 URL | ドラックス #RY5jrbXk [ 編集]


どもども、毎度ですー♪

と云うことで、丸かぶり勝手連返し、発動となりますた。
http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/31230247/

どうぞ、よろしくお願いいたします。
【2013/09/27 11:52】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
お、楽しみです。
【2013/09/29 09:17】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/351-f72d7c32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)