キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回れ、回れっ!
joescarmain.jpg
今日の御題は『ジョー90』です。この作品は1968年10月~69年3月に現テレビ朝日
系列で放映された、御存知ジェリー・アンダーソンのスーパーマリオネーション作品で、
前作の『キャプテンスカーレット』がシリアスになりすぎた反省を活かし、
主人公も子供にした痛快なアクション活劇に仕上がっています。
BIGRAT.jpg
9才の少年ジョーの頭脳にビッグラット(Brain Impulse Galvanoscope Record And Transfer)
という特殊電子装置で各方面の専門家の知識を一時的に植え付け、
体は少年、頭脳は専門家のスーパースパイと化し、
いろいろな任務に当たらせるというのが基本ストーリーです。


この軽快な主題歌に載って繰り広げられる冒険を当時、同じような年齢だったこともあり、
ワクワクしながら観てたんですが、大人の目で見てみれば、機械による洗脳、
子供を危険な潜入任務に当たらせる等々、ヤバイ要素が満載で、
実の父子と思ってたジョーとマクレイン教授が養子関係なことも含め、
たぶん今だったら企画が通らないプロットでしょうね…。
RENSAITOBIRA.jpg
なお、この作品、資料によっては『スーパー少年ジョー90』のタイトルで紹介されてますが、
上の写真の講談社『ぼくら』のように当時の雑誌展開等では「ジョー90」だけだったんで
当ブログではそっちの表記にしました。

今回お見せしてるのはディンキーのジョーズカーで、覆面えるさんのこちら
マル被り後出し勝手連ですが、有名アイテムなんでショウガナイですよね。ヽ(´ー`)ノ
もし他にも被ってる常連さんがいたらゴメンナサイ。m(_ _)m
joe3sides.jpg
全長約13.8cmのダイキャスト製で、さすがはディンキーで、
色も含めほとんど劇中の小スケールミニチュア同然の仕上がりです。

joewingopen.jpg
ギミック的には左サイドの突起を押すと主翼が左右に開き、尾翼も後ろにスライドして開きます。

それからリアのエンジン部分の赤いクリアの部品が点灯します。
これ買ったときは光ったんだけど、今回やったら光らなかったので
経年劣化かなぁと思ってたんですが、覆面えるさんの記事を元に分解掃除したら
接触不良だったみたいで見事に点きました。えるさんありがとうございます。m(_ _)m
joelightup.jpg
どうもコレ、点くだけじゃなく自動点滅の仕掛けを内蔵してるようで、
最近のバンダイみたいなことを40年以上間にあっさり開発してるあたり、
さすがは英国製のディンキーですね!ヽ(´ー`)ノ

普通このメカはマックスカー(マックレインの車)と呼ばれることが多いですが、
なぜかディンキーは「ジョーの車」ということで商品化してます。
なんか登録商標上の問題でもあったのか、それともマクレイン教授絡みの他の何かを
商品化するつもりだったんでしょうかね?

これに関しては1980年代後半に青山はビリケン商会で、
当時はすぐ近くの学校に行ってたのでこちらにも当然通いつめ(笑)、
幸運にも入荷直後の、箱から出した時に居合わせました。
「まだ値段付いてないから売れない」との店員さんの言葉に、強引に予約を入れ、
数日、いくら付くかをハラハラドキドキしながら待ち、1万5千円ということだったので
晴れて自分のモノとなったという思い出深い一品です。ヽ(´ー`)ノ
たぶん新品もしくはデッドストック品だったと思いますが、
当時のビリケンはミニカーにはそんなに無茶な値段は付けなかったので、
なんとか想定予算圏内に収まってくれた訳です。コレ、ミニカー専門店に出たなら、
当時の相場でも2~3万逝っても不思議はなく、2万超えてたらオテアゲでしたね…。


しかしビッグラットって、子供の英語知識じゃ「デカイねずみ」にしか思えないよなぁ…。
でもその語感はなかなかカッコ良かったのも事実で、
あのウィーン・キーンという効果音と共に強く印象に残ってますね。
私は残念ながら違うけど、眼鏡をかけている男の子だったら、
自分の眼鏡を「電子メガネ」に見立てて、もっと親近感が涌いたでしょうね!ヽ(´ー`)ノ

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

・・・・・・にしても、アンダーソンのメカって、なんでこうも皆、格好いいんでしょうね!

脂ののりきった黄金期のディンキーのつくりとあいまって、劇中車モデルの傑作といってイイものだと思います。値段つく前に予約いれられたお気持ち、よくわかります。

電飾、清掃で復活しましたか!ウチの子もやってみようかな。
あ、あと、以前、ちっちゃいのをUPしてました。クリンチ連動、御容赦↓
http://nekozakana.blog.so-net.ne.jp/2007-01-12
【2010/12/13 03:24】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


どもども、勝手連、ありがとうございました、、

で、そーなんです、このミニチュアのエライところは、ちゃんと電球交換とかのメンテができることなんですよねー、
同時期の日本製の玩具ときたら、ハメ殺しやしっかりカシメられてて、レストアにもえらい手間と度胸が必要になってしまうのです。。

あと、1980年代後半の青山はビリケン商会なら、アタシも週一で入り浸ってまちたけど、、いつも仕事中にサボッて寄ってましたので、ゼッタイにお会いしてますよねー、(怪しい、背の高いスーツ姿の男、、よく居ませんでちたかぁー、、ww)

で、仰るとおりで、当時のビリケンって、ブリキの玩具以外は、とってもリーズナブルな価格設定でしたよねー、、特に、古いプラモは、けっこう格安で、ここで仕入れたキットもけっこうありますよー、、

でわでわ、、
【2010/12/13 17:21】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>ねこざかなさん
お~、そうでした、ねこさんとこでも取り上げ済みでした!
コメントまで書いておきながら、記憶から消えてる自分が情けないです…_| ̄|○
つうことで、改めてまして、クリンチ勝手連ありがとうございました。

ほんと、このディンキーの品、
逸品という言葉はこのためにあるような素晴らしさですよね!
電装は、万一、電球が切れてても簡単に取り替えもできるので、
ねこさんとこのも点くと思いますよ。
【2010/12/13 20:23】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>覆面えるさん
御快諾ありがとうございます。
詳細な電飾部分の解説もありがとうございました。
あの記事がなかったら怖くていじれませんでしいたよ(笑)。

そっか~、あの頃のビリケンにも通われてたんですね。
そのちょっと前のトム・ソーヤといいビリケンといい、まさに長年、同じシマで
出物を狙い合ってたライバル同士だったんですね~(笑)。
今後とも、仲良くケンカしませう!(爆)

【2010/12/13 20:28】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


ついにマックスカー来ましたね~♪
ディンキーのシリーズはまだ運良くデパートで売っている時代に、1000~1300ぐらいでしたね。
記憶違いがなければ、¥1300で買ったヤツを持っています。
ナショナルの古いデザインのスリムな単四電池が衝撃的でした。
当時は単三より小さな電池は市販されていませんでした。
さすがに電池は切れていますが、液漏れもなく未だに購入当時のものを装着しています。
【2010/12/18 12:15】 URL | 覆面ドライバー #- [ 編集]


>覆面ドライバーさん
ディンキーもまだウチでは紹介してないのがありますので、
みなさんに被りつつ少しずつ(w

そうですか~、正規国内価格はそんなものでしたか。
たぶん、実際に感じる価格感は今だとその3~5倍ってところでしょうが、
それにしてもウラヤマシイ。ヽ(´ー`)ノ

この時代に単4ってあったのが驚愕ですよね。
ミニカーマニアはミニミニカーで単5を知り、
ディンキーで単4を知った、という訳ですな。
ミニカーの教育効果って高いなぁ…。ヽ(´ー`)ノ

【2010/12/18 23:07】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


ジョー90は残念ながら当時TVで観た記憶はないですが、そのメカのカッコ良さはプラモで知りました。・・・しかし、モデルのコンディションも素晴らしいですが、往年のディンキーはホントに魅力的ですね。プロポーションとギミックを高度にバランスさせているのは流石だと思いました。
【2010/12/19 22:04】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


こんばんは。
「ジョー90」見ていたのですが、ストーリー的には記憶に残っていないんです。
ビッグラット?の中で知識を得る―という事だけは覚えていました。
マックスカーは近所のお兄ちゃんがプラモ?を持っていて、見せてもらいました。
ソレも翼が飛び出すギミックでした。
今回の検証でだいぶ記憶が蘇ってきましたよ。
【2010/12/19 22:08】 URL | ドルフィン #xRJCGGbg [ 編集]


>Ponys41さん
『ジョー90』はお話自体は子供向けに戻って他愛ないんですけどね(笑)。
ディンキーのこのミニカーは、ディンキーの全キャラミニカー中でも
追跡先頭車と1・2を争う傑作だと思います。
精密さではタミヤのプラモなんかもあったんだけど、
やはりダイキャストという素材はこんな華奢なボディでは利点が多いです。
子供が普通に遊んだだけでは、まず壊れませんからねぇ…。
大きさ的に踏むことは難しいだろうし、たぶんお尻の下に敷いちゃっても
お尻が痛くなるだけでしょうヽ(´ー`)ノ
【2010/12/19 23:58】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>ドルフィンさん
プラモはタミヤの奴ですかね? 今では超が付くくらいレアなキットです。
アレも精密だったけど組立難しそうだったから、怖くて手が出せませんでした(笑)。

今回、検証してみて、自分でも意外な設定がけっこう出てきました。
こういう子供活劇にいろいろヤバイ設定を盛り込むとは、
さすがイギリス製ドラマだけあってビターですわ(笑)。
【2010/12/20 00:02】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


あ、また覆面ドライバーのままでした;v-12
¥1500だったような気もしますが、
コーギーのバットモービルが¥1200でペネロープ号が¥1300だったのは確かです。
バットモービルに不具合があり、交換に行ったついてに、心変わりにして¥100足して
ペネロープ号に変えてもらったのは以前も書いたかもしれませんが、
どれもそのような金額で学年が上がってゆくまでは準クリスマス級の扱いだったと思います。
後年、買い増しした箱入りはやはり¥15000くらいはしていましたね。

イギリスで90年代?に発売された新金型のものも、主脚が引き込まれるギミックが結構良いですよ!
【2010/12/20 10:35】 URL | #68 #- [ 編集]


>♯68さん
書き込み内容からほぼ察しは付いてますのでダイジョブです。(・∀・)
当時のディンキー・コーギーは高嶺の花でしたもんね。
ウチはビンボで、幼少時は父親の出張のお土産以外では買ってもらえなかったので、
揃えたのは1977年以降の、高校生でバイトするようになって
体感物価が下がってからです(爆笑)。

90年代のっってVIVIDの奴ですか?
そっか、あっちにはそういうギミックが仕込んであったのカー!
さっすが英国、近年になっても侮れない(・∀・)!



【2010/12/20 11:18】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/358-41b045ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。