キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


やるぜ、おれは、おまえとやるぜヽ(`Д´)ノ
kaisermain.jpg
いささか扇情的なタイトルですが(笑)、今日の御題はレースアニメです。
『マッハGoGoGo』に始まるレースアニメは昔から男子の好きなテーマでした。
戦後、自動車産業が発展し、1964年日本グランプリでスカイラインがポルシェ904を
一瞬であっても抜いた様子に国民は熱狂したし、1960年代中盤にオモチャ・模型業界を
席巻した「スロットレースカー」ブームはその最も初期の爆発だったと言えるでしょう。
約10年後のスーパーカーブームもそういう土台があってのことで、ブーム火付け役の
『サーキットの狼』こそ映像化に慎重でしたが、ブームの徒花としてレースアニメが
1976~77年の一時期にのみ量産され、そのほとんどが散っていきました。
当ブログではこれまでそのうちの4本『マシンハヤブサ』、『とびだせ!マシーン飛竜』、
『超スーパーカー ガッタイガー』、『アローエンブレム グランプリの鷹』を
紹介してきましたが、いよいよ最後の1本『激走!ルーベンカイザー』に取り組みます。

アニメなのに東映動画ではない東映が製作し、和光プロに制作させたこの作品は、
平山亨・阿部征司といった東映TV実写特撮のプロデューサーが企画参加していますが、
これは東映動画から本社に移った飯島敬の働きかけによるものと思われ、製作費の安い
アニメで視聴率を稼げるなら何も東映動画だけにやらせておくことはないという、
東映得意の足の引っ張り合い、もとい各部署による積極的な市場参入の実現でしょう(爆
kamisibai.jpg
キャラクター原案担当が漫画化のすがやみつるなのも、本人がモータースポーツマニア
だったからでしょうが、何と言っても彼が仮面ライダーを初めとする東映特撮の漫画版を
多数手がけていたがゆえの起用でしょうね。音楽も菊池俊輔だし、声の出演も
納谷悟郎・沢りつお・市川治・村越伊知郎といった『仮面ライダー』常連組が多いし、
『仮面ライダー』の精神で作った「石森版レースアニメ」という感じでしょうか?

メカニック設定がメカマンなので、直線の多いメインメカは大河原さんで、曲線の多い
サブのアバロは中村光毅さんデザインと思ったんですが、wikiによるとバンダイの
村上克司(天皇)だそうで、彼はその直前に、カーデザイナーを志望し一時バンダイを
退社していたこともあり、この作品では意図的にリアルなデザインに徹したそうです。
kaizer3sides.jpg
このフォーミュラー1のミニカーは当然ポピニカで、全長約11.5cmのダイキャスト製。
フロントのバンパー状パーツが2種類取り替えられ、リアのウィング部分が取り外せる他は
特にギミックも無い正統的ミニカーの作りになっています。
kaizercastoff.jpg
取り外すとこんな感じで、外してもあんまカッコ良くはないんですよねぇ…。
もう一個のフロントパーツは例によって倉庫の中なので、今回は省略(笑)。

『ハヤブサ』『鷹』の両方を商品展開したポピーにしてみれば、商品開発は手慣れたものでしょうが、
放送時期が全く一緒の『鷹』と『カイザー』の売分けには苦労したようです。
『ハヤブサ』のようなハイパーメカ的バトル要素が入っているならまだしも、
『鷹』と『カイザー』は6輪F1マシンをメインとする複数のマシンがレースによって
出番を分けて登場し、大型トレーラーがその母艦となるところまで全く一緒です。
困ったポピーは『鷹』をやや低学年向けのギミック満載路線、『カイザー』を大人の
ミニカーマニアも楽しめる本格的ミニカーの作り方にして乗り切ろうとしたようで、
村上天皇がリアルなデザインに徹したのもその方針の現れとも取れるし、
そんなデザインにしちゃったからそういう方針になったのか、ハテどっちでしょう?(爆

結局のところ、『鷹』の方は大ヒットを飛ばしましたが、『カイザー』の方は………。
とまぁ、その辺もおいおい語っていくことにして、今回はこの辺で!

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

v-518こんばんは、お久しぶりのドルフィンです。
当時民放2曲しかなかった静岡では「ルーベンカイザー」は見られませんでした。
雑誌等を見て「トドロキスペシャルよりもリアルだな」とは思いました。
EDの「父の残したマシンに乗って―」と聞いて「え?型落ち??」と思いましたね(笑)。
プラモでルーベンの6輪とロータス78を合体させてオリジナルF1作りました。当時はまだ78のベンチュリー構造の意味が判明していなかったので、サイドポンツーン底部はプラ板で平らにしてしまいましたが(もったいねー!!)。
【2012/06/01 21:20】 URL | ドルフィン #xRJCGGbg [ 編集]


当方はマシンハヤブサとグランプリの鷹は観ていましたが、この作品は未見です。。。
グランプリの鷹もそうですが、マシンが6輪だったり8輪だったりするのは、やっぱり
タイレルP34やマーチの試作F1の影響なんでしょうね。荒唐無稽に見えないのは
それら実車もユニークだからでしょうか。
【2012/06/02 01:13】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>ドルフィンさん
お久しぶりです!ヽ(´ー`)ノ
おお、プラモ流用のオリジナルF1、すごく夢のあるお話ですねぇ!
もし私だったら、いいとこドリのつもりで、
8輪で後ろの車輪は横にも2つづつタイヤ付けたかも?(爆

この作品は私もよく知らないんで、勉強しながらオイオイ書いていきますね。
【2012/06/02 15:54】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>Ponys41さん
この作品は特にマイナーなんですよねぇ…。
車輪の多さは間違いなく当時のタイレルやマーチの影響でしょうが
それらがその発展してたらどうなったんだろうなぁ…。
なんかイロイロ妄想が膨らみますよね(笑)。
【2012/06/02 15:57】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


うぉぉぉぉー、、カっク良いぃぃー!
ルーベンカイザー、、今見ても、なかなかですよねー、人気の方はアレでしたけど、大好きであります。

で、このモデルって、確かに、普通のスケールモデルそのまんまの創りですねー
かなり欲しいですー


【2012/06/06 23:36】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
シンプルだけど印象的で、なるほどカーデザイナーになりたかった人が
キッチリとデザインしたって感じがよく出てますよね。
ハデさはないけど、リアルにカッコイイ!
そのせいか、このポピニカも地道に人気が上がっていって、
今では新品だと万越えが普通になりましたね…。
【2012/06/07 23:03】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


ルーベンカイザーは殆ど見てなかったのからイマイチ印章に無い(アバロ・レーシングのプラモは何故か買ったけど)なぁ…。
今見ると6輪って事を除けば、当時のF1のスタンダードって感じの手堅い作りしてて結構いい感じ。
マッハ号の設定画なんかもそうだけど、好きな人が描くとどんなギミックも妙に説得力が出るという好例だと思いますね。

コレと轟スペシャル(T-1)とSV01並べて仮想日本GPのジオラマとか作ると面白いかも。

それにしてもコレってやっぱり後四輪駆動なんだろうか?
気になるw
【2012/06/08 05:15】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


>桃色ジープさん
直線主体の基本に忠実なデザインなんですよね。
だからてっきり大河原デザインかと思ってました(笑)。
後四輪駆動って強力そうですが、それは当時のF1レギュレーション的には
どうなんでしょうか? って考えるだけヤボかな?(爆

空想グランプリはいずれやりたいですねぇ。
どうせならノーレギュレーションで!ヽ(´ー`)ノ
【2012/06/11 13:07】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


ルーベンカイザーのメカのデザインを出がけたのはポピーに職属していた村上克司。元々、村上克司はカーデザイナーになりたかったらしく、村上の念願は叶わず、結果的にはアニメや特撮のメカデザイナーとして就任。ルーベンカイザーでは元々、自動車のデザイナーを志望していた事もあってリアルなレーシングカーをデザインしている。
【2013/05/12 10:30】 URL | マイケル村田 #PT/AXcTs [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/396-af87cadd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【やるぜ、おれは、おまえとやるぜヽ(`Д´)ノ】

いささか扇情的なタイトルですが(笑)、今日の御題はレースアニメです。『マッハGoGoGo』に始まるレースアニメは昔から男子の好きなテーマでした。戦後、自動車産業が発展 まとめwoネタ速neo【2012/05/31 01:50】