キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


ピンクの悪魔さん(;´Д`)ハアハア
diablomain.jpg
『カウンタック』の2回目は、カウンタックの後継車であるディアブロを取り上げます。
スーパーカーの地平を切り開いたカウンタックは大ヒットしたクルマだけに、
実に多彩なバリエーションを生み出し、約2000台ものロングランを重ねますが、
さすがに80年代も後半になると基本設計の古さがネックとなってきて
ランボルギーニは本気で後継車の開発に乗り出します。
この時代ランボルギーニはクライスラー傘下に入り、経営的に安定していたこともあって、

L150
それまでも細々と開発は続けていた「カウンタック2」(一例としてL150)的発想から
大きく脱皮し、地を這うイメージや、ガルウイング風ドア等は引き継ぐものの、
全く違うクルマとしてデザインされたのがディアブロで、悪魔を意味する言葉ですが、
このクルマの場合はそう呼ばれた伝説の猛牛からのネーミングだそうです。
基本デザインはカウンタックと同じガンディーニですが、クライスラーのデザイナーに
よって丸っこくアレンジされ、不本意とするガンディーニとの間にトラブったそうですが、
契約書に「クライスラーによる細部のデザインの小変更は可能」と書かれていたので
納得せざるを得なかったようで、この丸っこさは好みの別れるところです…。

ディアブロはいいとしてなんでピンクかというと、劇中登場仕様だからなんすよ (;´Д`A ```
これはバトルの相手として出てきたんじゃなく、主人公空山のかつての走り屋仲間で、
互いの青春の終わりのラストランを戦ったかつてのランチアストラトス乗り、
沢田玲の所属する芸能プロの女社長である小野寺ナオミの愛車です。
diabro.jpg
沢田を迎えにこんなお色気ムンムンな登場をし、カッコ良く走り去った彼女でしたが、
子(ょぅι゛ょ)持ちなことが判明します。空山はヒョンな事から、そのょぅι゛ょの
お守でディアブロを転がすことになり(トホホ)、それだけでなく、そのルーフ板を楯にして
本当に戦うハメになる訳ですが、そのおかげでょぅι゛ょのハートを鷲掴みに!
ま、それはともかく、結局、このクルマそのものの走りの凄さは、そんなには作品中で
語られなかった気もするぞ。他のディアブロが出てきたことはあったけど(爆笑)

diablo3sides.jpg
紹介するミニカーはマイストです。1/40スケールのダイキャスト製で全長約10.8cm。
もちろん近年の品ですが、ドアオープンとブルバックゼンマイのギミック付きで、
diablopen.jpg
こういう細工を仕込みたがる職人気質はアジアメーカーならではかもしれません(笑)。
これは4~5年前まで近場にあったお宝鑑定団系リサイクルショップで手に入れた品で、
たしか200円の激安でした。ま、新品でも1000円程度なんですがそれにしても安い!
劇中登場車は正確にはVTロードスターですが、ディアブロにもものすごく多くの
バリエーションがあるし、この値段だから(゚ε゚)キニシナイ!!

diacoun.jpg
くしくもスケールが同じ1/40なので前回のLP500sと並べて比較できますが、
車格はほど同等でしょう。カウンタックの車庫の高さは、これはダイヤペットの定めで、
実車に起因する差ではないですが(苦笑)、直線的なカウンタックに比べ、いかに
ディアブロがマイルドになったかよく解りますね。個人的にはあまり丸いとフェラーリ
っぽくなると感じるんで、ランボにはスパルタンさを持ち続けて欲しかったですが、
居住性が上がったのは確かだそうなんで(モチロン ノッタコト ナイ(つД`)、
必然的に中高年が多くなる現実のオーナーにとっては歓迎だったのかも知れません。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

L150の画像、初めて見ました。MS-06Fに対する06FZつーか・・・。
カウンタックが統合整備計画されると、こんなんなるのですね(ヲイ)

で、ゲルググ・・・じゃない、ディアブロですが。

丸っこいデザインには、そんな裏話があったのですね。御教授多謝。
1/40ってところが、ダイヤペットと並べてと言わんばかりでナイスですねww
【2012/10/01 00:05】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


2回目は女社長のディアブロですか
カウンタック300km/hチャレンジの話の時には先行するイオタを追いかける瞬の為にスリップストリームの引っ張り役やったりとナカナカの活躍でしたね。
デビュー当時のゲンロク誌に、フェルッチオ氏のドライブでディアブロのインプレッションをやる企画がありましてフェルッチオ氏が「クライスラーはイイ仕事している」と褒めていたのが印象的でした。

>クライスラーのデザイナーによって丸っこくアレンジされ…
ディアブロ関連の書籍にガンディーニのオリジナルデザインの写真がありますが、かなりトンガったデザインでいかにもカウンタックの後継車な感じで買うことに勇気が要りそうw

【2012/10/01 00:25】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


>ねこざかなさん
おお御覧になるの初めてでしたか!
いかにもカウンタックをチョット丸っこくしましたって感じで、
このまま後継車でございって出しても、あまり評価は得られなかったかもですねぇ…。
プロトタイプぽい感じもあるんだけどなぁ…。
結局はこれを元に(どの程度継承されたかは別として)、最終型のアニバーサリーが
出たみたいで、私は嫌いですがアレはそこそこ人気だったから、
新型としてじゃなく、モデルチェンジとして販売の判断をしたのは正解だったんでしょう。

ディアブロの丸さは当時は嫌いだったけど、今は許せる感じがします。
やっぱ体力削ってクルマに乗るというのは若い頃だからできることでしょうね(笑)。
【2012/10/01 00:41】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>桃色ジープさん
ああ、そうだった、あそこで引っぱったのディアブロでした!
完全に忘れてました、御指摘ありがとうございます。m(_ _)m

おお、ディアブロをフェルッチオも評価してたんですか!
その一言が好セールスを後押ししたのかな? さすがショーバイ人(爆笑)。

オリジナルディアブロデザイン、そんなに尖ってるんですか!
それをココまで丸くされたんだから、ガンディーニが怒るのも解る気がするナァ…。
【2012/10/01 00:45】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


そういえばクライスラーがランボルギーニを傘下に収めていた時期がありましたね~。
その後の両社の変遷を見ると、自動車業界の非情さを感じてしまいます。
フォルクスワーゲンと言う会社も製品は素晴らしいですが会社としてはキツい所があるので…。
今のランボルギーニは元気なように見えますが…幸せなんでしょうかね~。
【2012/10/01 23:48】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>Ponys41さん
今、ポルシェ傘下でしたっけ?
フィアット傘下でフェラーリと仲間になるのもけっこうアレだったけど、
ポルシェと仲間になっちゃうってのも、もっと違和感有りますよねぇ…。

なんとか経営を安定させて、今後もスゴイ車を作り続けて欲しいものです。
【2012/10/02 20:11】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/409-f12fb7bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)