キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


みんな大好き、ちっちゃなネリー!ヽ(´ー`)ノ
なんとかパソコンの不調も落ち着いて、御約束通り更新できることになりました。
007ヘリ特集の最後はこのカワイイコちゃんといきましょう!ヽ(´ー`)ノ

nellymain.jpg
ジェームズ・ボンドが初めて空中戦を繰り広げたのが、このオートジャイロ、リトルネリーです。
『ロシアより愛をこめて』で執拗にヘリに追いかけられた彼は、大空への憧れを強め、
『ゴールドフィンガー』終盤での敵の小型ジェット機内での死闘を経て、
『サンダーボール作戦』の冒頭で飛翔したものの、ホンの一瞬だったので満足せず、
5作目にしてようやく、自らの翼を手に入れた訳です。 ⊂二二( ^ω^)⊃ ブーン

YOLT Little Nellie
劇中ではリトルネリーと呼ばれるこの小さなヘリコプターのような機械は
正式名称はWA-116 Agile(アジャイル;俊敏な)というオートジャイロです。
ヘリとオートジャイロはどう違うのかというと、ヘリはエンジンで直接、上のプロペラを
回して揚力を得ますが、オートジャイロはお尻に付いた小さなプロペラで前向きの力を得て、
主翼の替わりに上のプロペラが風の抵抗で回って揚力を得るのです。
ヘリはエンジンの水平回転を打ち消すために、後にメインペラとは垂直方向に
サブのペラを取り付け、それも回さないといけません。ヘリが墜落寸前に自分も
横にクルクルと回ってるのは、このサブローターが止まって制御不能になるからです。
またヘリは自力で飛び上がらないといけないので一般にエンジンは大型になりますが、
オートジャイロは前進させる力だけなので75hp前後のバイク程度のエンジンでも
飛行可能ですが、機構上、その場で止まるホバリングは基本的にできないし、
滑走路も必要なので、ヘリの発達に連れ衰退し今はレジャー用にしか残ってないそうです。

4caces.jpg
『007は二度死ぬ』が公開された1967年頃には、すでにオートジャイロの衰退は
始まっていたと思いますが、そのコンパクトさから、小型トランク4個に分解して
運搬可能という設定(あくまで設定で、メインのボディは入らないと思うw)が
嘘臭く見えないので採用されたんでしょうか? 後のアクロスターもそうですが、
スタッフがこんなコンパクトな乗り物こそボンドにふさわしいと考えてるんでしょうね。

nelly3sides.jpg
(写真に収まらないのでメインローターは外してますw)

お見せしている模型はエアフィックスのプラモデルで、ボディの全長は約13cm。
今でこそリトルネリーのミニチュアも、コーギーや京商等から
各種出るようになりましたが、20年くらい前まではこれが唯一でした。
封切り当時に作られたにしては、複雑なあの形のイメージをけっこう適格に捉えており、
スケールは1/24なのでけっこう大きなフィギュア、それもタキシード姿じゃない、
ちゃんと劇中と同じ服装のボンドのが乗っていますが、他の製品では乗員無しが多く、
外から人がモロ見えのこの機体では、遊ぶ時にいないと不自然なので、
その意味でも今日も存在意義の大きなキットです。ヽ(´ー`)ノ

1stkit.jpg
2007年頃に再販も出たようですが、私の持ってるのは初版を組み上げたもので、
箱絵が今のとは違っています。最近の箱は映画の公式のビジュアルを使ったものですが、
昔のはそれを元にしたプラモオリジナルのイラストでした。公式ビジュアルに勝るものは無いんだけど、
初版絵も味があっていいですよね。こっちにはちゃんと火山基地も描いてあるのもポイント高いし…。

Qにもボンドにも健気なイイコと評されたちっちゃなネリーですが、
でもやっぱネリーって誰なのか未だ解りません(爆)。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

最初拝見した時はボンドカーコレクションのアレにフィギュアを乗せたのかと思いました・・・。
海外のプラキットはアメリカにしろヨーロッパにしろ旧くても素晴らしい傑作が多いですね。
箱絵もホント、ワクワクしてしまいます。
【2013/01/31 01:26】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>Ponys41さん
実際に目の前で見ないと大きさは伝わりませんもんね!
実はミニカー版が出たとき、このプラモよりデキが良くはなかったので
買い換えるに至ってません(笑)。
フィギュアが無いのがデカイんですよねぇ…。
007マガジン版はどうなのかなぁ?
【2013/01/31 22:17】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


リトルネリー 映画のためのオリジナルと思っていましたが実在のものなんですね。
こんなコンパクト(すぎる)なのにミサイルやら火炎放射器まで標準装備なんて凄いですよね、
アクロスターにもミサイルを装備すればよかったのに・・・・
そういえば私を愛したスパイのエスプリもウェットネリー(おねしょのネリー)という別名があったような
【2013/02/01 20:53】 URL | ドラックス #RY5jrbXk [ 編集]


>ドラックスさん
実在の機体だったんですよ! ミサイルは実際に飛ばせたろうけど
あの火炎放射は特撮のウソかも知れませんがw
アクロスターはおっかけっこだけじゃ空中戦も見たかった気もしますね。

おねしょのネリーに関してはこのブログの第2回
charaminicarbase.blog102.fc2.com/blog-entry-2.html
(初回はポリシー表明なので最初のレギュラー記事)で触れてて、
今回はそれにちゃんと呼応した記事だったりします(爆)
【2013/02/02 22:19】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


オープンボディ(笑)にはフィギュアがないと・・・ですよねww
精密につくられていて、フィグの顔もいい加減じゃなくて、見栄えがしますねー。眼福多謝。

追伸 過去記事にリンクさせてもらいましたのじゃー。連動御免!
http://nekozakana.blog.so-net.ne.jp/2013-02-03
【2013/02/03 03:39】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


うおおおっっー、、憧れの初版箱っ、、

で、素晴らしい完成度ですねっー、、
当方は、1990年代の再販版を在庫してますが、機首のぐるぐる渦巻きマークの塗装が怖くてw

どーやって塗ろうかと考えてるうちに、他にいっぱいモデル化されちゃいますたw
【2013/02/05 00:22】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>ねこざかなさん
ブンドドするときに、フィギュア居ないと寂しいですもんね!ヽ(´ー`)ノ

勝手連ありがとうございます!
後で観に行きますね~。
【2013/02/06 16:08】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>覆面えるさん
まさか再販されるとは思わなかったから作っちゃいました!

いろいろ塗装はねぇ…。ホント苦労しましたよ。
それも有るんで他の機種を買う気になりマヘン(°∀° )
【2013/02/06 16:10】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/419-0ce194e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)