キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さなボディでパワーは全開!
fiatmain.jpg

今日も引き続き、『ルパン三世』が御題ですが、もう一台のルパンの車と言えばフィアット500で、
ベンツSSKとは大衆的なイタリアの大衆車です。
これは1stシリーズ7話以降ほとんどの演出を担当した宮崎駿監督が
「いつも盗みに失敗してるルパンは貧乏なはずだ」というキャラクター理解をしたための変更で、
シリーズを立ち上げた大隅正秋監督の「最高にリッチで、もはや金を必用としない大泥棒が
退屈しのぎに盗みを働く」という理解とは正反対のものでした。
この変更でルパンに親しみが増し、2ndシーズン以降の成功につながったのは確かですが、
同時にシリアスさを失ったことも事実で、後に宮崎監督自身が2ndシーズンの最終回で、
徹頭徹尾シリアスな演出で描かれる「それまで日本で活躍していたのはニセ者ルパンだった」
という仰天解釈が可能な「さらば愛しのルパンよ」というエピソードを演出せざるを
得なくなったことと考え合わせても、功罪の判断が難しい変更だったと言えるでしょう…。


宮崎監督の肝入りで採用されたこのフィアット500でしたが、
2ndシーズンではまたベンツSSK(やアルファのグランスポルト)が
大きくフィーチャーされたため、印象は薄くなっていました。
しかし、あの1979年の大傑作『カリオストロの城』で、宮崎監督がまたしてもルパンの愛車として
フィアットを使い、その小さなボディでのターボ全開の大活躍振りが大いにウケて、
以降は映画の評価が高まると共に人気も急上昇し今日に至っています。

しかし、実はこのフィアット500の『ルパン三世』の版権を取ったミニカーは
販売用の商品としては長らく存在しませんでした。
今日では信じられないことですが、『カリ城』の興行成績は低調に終わり、
2ndシーズンも映画公開後の8ヶ月後に終了してしまって、
84年のpart3の放送開始までルパン三世はしばしの眠りにつくことになったのです…。

その頃のオモチャ化の権利はバンダイが握ってたはずだから、『ルパン対複製人間』、
『カリ城』共に商品を出さなかったのは、2ndシーズンのオモチャの売れ行きが
それほど良くなかったせいでしょう。当時は映画のキャラクター商品なんか
上映中が勝負の短期決戦品で、オモチャ屋さんも従来の在庫を売り切ることを考えこそすれ、
新しい商品は欲しがらなかったんじゃないでしょうか?


gunzefiat.jpg

プラモデルとしてはグンゼからフィアットが出てましたが、これはロングセラーのため
新発売時期が今一つはっきりしません。しかし私は同時発売のメッサーシュミットを
『未来世紀ブラジル』を劇場で観て感激し、その仕様に改造した記憶があるので、
80年代後半にはすでに出ていたことになり、おそらくはこれが初の商品化でしょう…。

三年半の沈黙の後始まったpart3も、劇場版『バビロンの黄金伝説』もそこそこの人気に終わり、
新しいオモチャも特に出なかった記憶がありますが、ルパンの人気そのものは衰えず、
OVAだった『風魔一族の陰謀』が劇場公開され、89年からは年一本のTVスペシャルも始まり、
安定期に入ったという感じだったでしょうか…。

その事情が変わってきたのはフィギュアブームが到来し、ゲーセンのクレーンゲームの景品用に様々なキャラクターグッズ(プライズ物)が使われるようになった90年代後半からです。
建前上は販売しない景品であるプライズ物は、定価に対するパーセンテージ契約で
版権料が支払われるのがキャラクター商品の原則だから、従来の販売用商品より
版権料が安く押さえられるはずだし、対象がゲーセンに来る青年層以上なので、
放映中・上映中に関係なく、知名度の高いキャラクターなら何でも商品開発の対象になる訳で、
となるとルパン三世は格好のターゲットとなってきます。
95年の劇場映画『くたばれノストラダムス』の吹き込み直前に山田康雄氏が亡くなり
栗田貫一氏に変わるという悲しい事件が起こり、『ルパン三世』にいつもより
注目が集まったのも、商品化が増えた一因だったとは言えるでしょう。


fiat3sides.jpg

それでも当初はフィギュアが多い訳で、一通り主要キャラが出そろって
飽きられる頃になるとようやくメカの出番となります。
かくして2000年「ルパン三世・カリオストロの城・アクションフィギュア&ビークル」として出たのが、今回お見せしているこのフィアット500です。


zigengoemonup.jpg

本来は中に乗るのは緑ジャケットを着たルパンなんですが、
ルパンが運転するポピニカのSSKの隣に飾る関係上、HGシリーズサイズの
次元と五右エ門のフィギュアを乗せてあります。
このHGに代表される小サイズフィギュアの出来映えを見てみると、
ポピニカのSSK付属のそれと比べて、格段の技術の進歩を実感せざるを得ませんね。
このバンプレスト製のチンクエチェントはプラ製の簡単な作りのミニカーですが、
フィギュアとの対比からおよそ1/24相当だと思われ、SSKと釣り合いが
とれるサイズなんでGETしました。実はこれをコレクションに加えたのには
もう一つ大きな理由があるのですが、それはまた後日、お話ししましょう。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

ルパンシリーズ及び玩具化に関する深い御高察、興味深く拝聴しました。

> 今日では信じられないことですが、『カリ城』の興行成績は低調に終わり、
本当に信じ難い話ではありますが、どちらかと言えばオトナ向けのストーリーが、
当時劇場に足を運んだお子さまには、いまひとつ受けなかったのかもしれませんね。

世俗の垢にまみれ・・・とまではいかなくとも、そのような「垢」の存在を
理解できる年齢にならないと、あの映画の良さは十分には伝わらなかったのかも~。

まだアニメが「マンガ映画」に過ぎず、市民権を得ているとは言えない時代でしたから(遠い目)
「おたく」なんてゆー言葉すらなかったなあ。

その後、アニメを取り巻く状況は紆余曲折を経て、現在では洗練かつ高度に商業化されたものになっているように思います(そのへんはFZIROさんがずっとお詳しいでしょうが)

ただ、当時の作品には「熱」のようなものがあった・・・とは中年猫の妄想かな(爆)
今回、ぜんぜん玩車のコメントになってなくて、ごめん。
【2007/06/08 05:14】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


どもでつ、、ルパン三世研究家の覆面不二子でーつ(ばき)

冗談はさておき、、ルパンはいいですよねー、、グンゼのキット、アタシも作りましたよぉ~、、
でも、グンゼのフィアット500は、少々大きくて、スケールが1/22ぐらいなのです、、付属の1/24サイズのルパンと次元と並べると違和感がありますので、私は、正確な1/24スケールのタミヤのフィアット500と組み合わせてやりました、、ずっと感じが好くなります、、
ぜひ、ご検討を、いずれ、アップ予定でつ、、

あと、シ1/24のトロエンは製作済みですので、銭型の410ブルのパトカーを1/24で製作予定でつ(いつも予定ばかりで、面目ない、、日東キット入手済みでつ)
http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/3884781/

ではでは、、
【2007/06/08 10:34】 URL | 覆面えるさん #YPjeMntw [ 編集]


>ねこざかなさん
いえいえ、『カリ城』を語るとき、みんな真剣になるものですよ(笑)。

今の作品は「売らんかな」主義とテクニックが先走りすぎていて、どうも私にはなじめません。
宮崎ブランドですら『ゲド戦記』で、「あれは私の作品ではない」と原作者に言わるテイタラクで、
そしてそんな作品がまた大ヒットを飛ばすんだから、困っちゃいます。
なんで今の人たちは自分でいいものを探すんじゃなくて、誰かの言いなりになっちゃうのかなぁ?
そうでない場合は、やたら独りよがりな判断基準を押しつけようとするし…。
最近多い、いろんな場面でのバランス感覚の欠如という事実に危機感を憶えますよ……。

『カリ城』、私は封切り初日の初回に行きましたが、
同時上映の『Mr.BOOギャンブル大将』がやたらつまらなくて、
そっちが先の上映だったから、『カリ城』を2回観るためにブーも2回見ざるを得なくて、
2回目ともなると『カリ城』の感動に水を差されるようで殺意を憶えたほどでした…。

きっと、あのチクバグな2本立てのせいで地方では割り食ったに違いないでつ(w

『惑星ソラリス』と『ケンタッキーフライドムービー』の2本立てもあったなぁ…。
【2007/06/08 13:44】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>覆面不二子さん
うわ、あのお髭顔で、ミニスカから銃を取り出す絵が浮かんで来ますた……_| ̄|○


えっと、ナントカ気を取り直して,,,,
そうですか~、グンゼのフィアットはデカイんですかぁ~。
実はこのバンプレのもHGとは少々スケール合ってないんだけど、
車の方が小さいから、よりそれらしさが強調されて、そんな違和感は感じてないんですが、
小さいはずのフィアットが大きいと興ざめですよね~(笑)。

シトロエンはいずれまた本文中でもリンクさせて下さいませ。 m(_ _)m
いや、見事な作例があるとインチキモデラーとしては助かります(笑)。
【2007/06/08 13:54】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


あ、、
今、見直してて気がついたのですけど、、フィアト500のエンジンフードって下ヒンジになってまして、、上のほうが開くんですよ、、

どうりで、作ってて違和感を覚えたわけです、、

http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/14099050/

えと、勝手連、、↑でお約束どおりに、連続で発動中でつ、、ご連絡が遅くなりましたが、よろしくお願いします、、
【2009/07/13 12:45】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
勝手連、ありがとうございます!
いつもながらの超美麗精密仕上がり、目の保養させてもらいました。m(_ _)m
【2009/07/13 17:51】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/44-18dd5b04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。