キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


三角頭のロボットはなぜ少年ジェットロボットと呼ばれたのか?
ブリキロボットコレクターの中で日本では「少年ジェットロボット」として
人気を集めていたロボットがあります。ロビーの頭をドーム型から円錐形に変え、
両手はスパナみたいのがぶら下がっているロボで、その名の通り『少年ジェット』に
出ていたロボットらしいですが、欧米にはこのキャラは浸透してないので
単に「コーンヘッドロボット」と呼ばれているようです。

(開始後1分くらいからご覧ください)
『少年ジェット』とはテレビ黎明期の昭和34年にフジテレビ系列で放映された番組で、
オートバイに乗る少年がシェパードのシェーンと共に悪人と戦うという、今の目どころか、
昭和40年代中盤にはもう時代遅れで鑑賞にはキッツい番組でしたが、
何もこの番組が特に酷かったんじゃなく、この時代のはみんなこんな感じだったようです(w



その中に確かに、宇宙人に操られるロボットとしてこのオモチャと似た頭のが登場します。
でも似ているのは頭だけで、手足は全然別物なんですよ…。('A`)
少年ジェット

私はこの時代は生まれていないので全く知らない世界ですが、資料を調べると、

1年前の『遊星王子』(宣広社制作で日本テレビ系放映)にも同じロボットが出てくる、
とされていますが、この時は頭が全く違う形をしていますよね。
遊星王子

そして大映テレビ室制作の『少年ジェット』でこのコーン型の頭になった翌年、
今度は松崎プロダクション制作(日テレ放映)の『鉄人28号』実写版に、
26号
『少年ジェット』時の姿で鉄人26号として登場しましたが、表面の輝きは無いので
黒く塗装されていた可能性があります。

『遊星王子』『少年ジェット』『(実写)鉄人28号』と制作会社の違う作品に3年連続で
登場したというのも不思議ですが、TV黎明期のこと、映像作品さえちゃんと納入できれば
それ以外は不問だったのかも知れず、ロボットのスーツを作れる工房も限られたろうから、
手直ししながら何回も貸し出され、使われ続けたのかも知れません。


まぁ、それだけ露出の多かったロボットだから、(無版権での)商品化も納得ですが(笑)、
なぜ日本の初期ロボットコレクターはこれを「少年ジェットロボット」と呼んだんでしょうか?
3回の登場のうち、『遊星王子』の時は全然姿が違うからそう呼ばないのは当然として、
「少年ジェットの宇宙人が操るロボット」より、「鉄人26号」の方が呼び名としては
しっくり来るんじゃないでしょうか? それに鉄人28号ブリキは各種出てるから
並べるのに好都合だし、野村トーイのNO3なんか大きさ的にもピッタリなんで、
「鉄人26号」としてコレクションした方がいろいろ都合がいいだろうになぁ…。

ロボット玩具の本では掲載は普通、本体の写真だけなので、この青いロボットを見る時は
いつもそんな事を考えていましたが、最近になってやっとその理由が解りました!
ヨネザワ玩具からでた「少年ジェットロボット」こと「(宇宙)ロボット」は、
版権は取ってないようですが、なんと箱絵の隅に少年ジェットが描いてあったんですよ!
SYOUNENJETBOX0.jpg(参考写真)
netで検索しているうちに箱の写真を見つけ、それを見ると箱右下に、
確かに笑顔でロボットを応援してるかのような少年ジェットがいるじゃないですか!
「版権」という概念が確立してなかった当時ならではですが、パチ専門の弱小メーカーなら
ともかく米澤玩具ほどの一流メーカーがいくらなんでも大胆すぎますよねぇ!(°∀° )

なおこの商品の箱には品名がただの「ロボット」と「宇宙ロボット」の2種ありますが、
「宇宙ロボット」の「宇宙」の文字の入り方がバランス悪いので、
最初「ロボット」として出して後に改名したっぽいですねぇ…。
ひょっとしたらこれが同社のロボット玩具の第1号で、好評で後続商品も売り出したので
区別がつかなくなって改名した可能性もあるから、由緒正しい商品な訳ですね。
少年ジェットの絵が描いてあれば、その名で呼ぶしかない訳です。
長年の謎が解けました!


今回、お見せしている品は、オリジナルにはとても手がでる訳がないので、近年出た
復刻というか外見を似せた中国製玩具で、製造はSUPT(上海珠球塑胶玩具有限公司)
ChinaGalaxyRobot.jpg
20年程前の元の商品に似ても似つかぬチャイナロボットとは違い、
最近の一連の商品はどれもよくオリジナルのイメージを捉えているので、
商品企画は日本らしいという噂もあるが詳細は不明です。
オリジナルのニセモノとして流通するのを防ぐためか、目の丸い部分の形が
ちょっと違うのも芸が細かいとも言えるから、やっぱ日本企画なんでしょうか?

Planet&Galaxy
たぶん大きさ等は元の品とほぼ同じにしてあると思われますが、
ちょうどプラネットロボットと同等なので、これの初版の対抗商品として企画し、
その結果、手が短い突き出たモノになったのかも知れないです。
全く同じの突起じゃなくてスパナ状にしたのは、ヨネザワ玩具なりの一工夫かも?

胸のレバーを下げても停止しないというチャイナクオリティは相変わらずですが(苦笑)、
定価で2500円だし、それをオクで1600円で手に入れたので(゚ε゚)キニシナイ!!
この値段で「少年ジェットロボット」が手に入るんだからイイ時代になったものです!ヽ(´ー`)ノ



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

箱絵が語る、命名の真実・・・
まさに「紙のみぞ知る」といったところでしょうかww

今回も貴重な資料を駆使した考察ありがとおうございました!
【2014/02/03 11:08】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>ねこざかなさん
うまいっ!(°∀° )

リアルタイムでこの玩具を玩具店で見た、
あるいは買った人じゃないと
こんなの解りませんよねぇ…。
調べてみて自分でも勉強になりました。
【2014/02/07 11:30】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


確かに箱絵に少年ジェットが・・・入念な調査、とても興味深いです。
こういう旧い玩具について色々調べるのって楽しいですよね。
オリジナルのロボットは何だか可愛い感じですね。体形屋ポーズが
「どこでもいっしょ」のトロに似ているような・・・(笑)。
【2014/02/10 23:02】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>Ponys41 さん
さすがに私もリアルタイムで見てない作品なんで、
先輩マニアさんたちの文章や話の中に
「少年ジェットロボット」として出てくるのがずっと気になってたのが、
やっとその理由がわかってスッキリしましたよ!\(^o^)/

トロに確かにイメージ近いですねぇ(爆
おもしろいなぁ…(°∀° )
【2014/02/10 23:38】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


こんばんは!

私にとって『少年ジェット』といえば、ハリケーン博士の娘役の和泉雅子さんの美少女っぷりが半端ないことだけなんですが(笑)、fziroさんが仰るとおり、天文学的金額のプレ値がついたブリキ玩具のテイストを含んだ玩具が発売されるってのは有意義なことだと思います。

時代劇専門チャンネルで放送中の『斬り抜ける』で、北極化する前の和泉雅子さんが見れて、HDに変えてよかった!と思う今日この頃です。
【2014/02/12 20:49】 URL | どどまいや #q1cvaNjE [ 編集]


これ、復刻版はウチにも居ます、、大喜びで飛びついてしまいますたw

>>胸のレバーを下げても停止しないというチャイナクオリティ・・
あははは、、ウチのは、硬くてレバーすら動こうとしませんですたw

もう、笑うしか(´・ω・`)
【2014/02/13 22:15】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>どどまいやさん
あの頃の和泉さんってほんとオキレイですよねぇ…。
あの頃や、その成人しいてしばらくの彼女の美女ぶりを知る人は
南極にさえ行かなかったら……、って思ちゃいますよねぇw
【2014/02/17 17:21】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>覆面えるさん
おお、やはりえるさんもお持ちでしたか!\(^o^)/
おや、そちらのはさらにメカの状態悪いんですな…。
そんなにい悪いのがあるようじゃ、分解してみたら、
ハナから付いてるだけの無機能レバーかもしれんですなぁ(苦笑
【2014/02/17 17:24】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]

そ、それは今は亡きヨネザワが作った少年ジェットの三角ロボット・・・
少年ジェットのロボット…アニメの「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の「パパと呼ばないで」と言う回で、自分が面倒を見ることになった赤ちゃんが少年ジェットロボットの人形を手にしたのを見た両津勘吉が「そ・・・・それは今は亡きヨネザワが作った少年ジェットのロボット(少年ジェットの三角ロボットのフィギュア!だったかもしれませんが)ー!」と叫ぶシーンがあったのを覚えています。

「製作会社が違うのに同じ着ぐるみが使われた」と言うケースも面白いですね。
似たようなケース?では、東映制作の宇宙刑事ギャバンで映画の撮影所を舞台にしたエピソードの劇中に登場する怪獣映画の撮影に円谷プロの「ミラーマン」に登場したアロザと「ファイヤーマン」のダークマンダーの着ぐるみがで使われたようなものでしょうか?。
【2014/05/20 17:36】 URL | のび太の国有鉄道 #I9hX1OkI [ 編集]


> のび太の国有鉄道さん
おお、両さんにそんなエピソードが有りましたか!
あのマンガにはよく60~70年代のアイテムが出てくるけど
その前の時代にもウンチクあったんですね。

『探偵物語』にスペクトルマンが出てきた例もあったりするので、
比較的管理がアバウトな会社のブツが他社出演を果たすかと思ったら、
東映と円谷間のクロスオーバー(笑)は珍しいですね。
東映撮影所内に事務所があるアトラクチームが持ってたきぐるみを、
よく素性を確かめずに使ったのかな?

【2014/05/21 17:18】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/446-8f6558be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)