キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーになろうとした男の最終兵器
BANDAI DX GX-05
2週目なので今週はトイガンです。今日の記事はこちらをBGMにしてお読み下さい。

「仮面ライダーになろうとした男」とは『仮面ライダーアギト』の高視聴率記念と
映画版『PROJECT G4』の宣伝を兼ねて放映されたTVスペシャル『新たなる変身』の
冒頭で、G3(X)の紹介として使われたフレーズですが、G3(X)とその装着者である
氷川誠のことを見事に言い表しています。G3は警視庁が未確認生命体による事件の
教訓を活かし、今後新たな未確認生命体の出現を想定して、小沢澄子管理官が人類の
味方として活躍した未確認生命体第4号を元に開発した対未確認生命体用強化服で、
試作の2作品を経ての第3世代(Generation3)であることを意味します。
ここで言う「未確認第4号」とは本来は仮面ライダークウガのことを差し、
『仮面ライダーアギト』が当初『仮面ライダークウガ』続編企画から始まった名残ですが、
大人の事情で2作のつながりはボカされることになったため、触れてはイケナイ、
もとい、忘れられた設定になりました(苦笑)。

だから1話ではアギトより先にG3が出動してる訳で、クウガが生死不明の状況で、
準備を重ねていた小沢班にとっては初の実戦の機会で勇んで出撃したのですが、相手が
コレまでの未確認よりはるかに強力なアンノウンだったため哀れボコられかけたところ、
突然、クウガに似た金色の超人に救われたので茫然自失という感じだったのでしょう。
その後も、何度出撃してもアギトの足手まといに過ぎないG3は、このままだと
プロジェクト廃止に追い込まれること必至でした。そのため焦った小沢管理官は、
開発はしたが人体への負荷が大きいと半封印だったG3-Xの実用化に取り組んだ訳で、
悪魔に魂を売り渡したも同然ですが、小沢本人にしてみれば、さらに人体への負荷が大で、
非常時には装着者が死んでも動き続けるG4の封印は解かなかったことで、
ギリギリのところで科学射的良心を保ったつもりだったのでしょう…。
ところが、そのG4がさらに功名心に富む自衛隊の深海理沙によって盗み出され、
開発運用されてしまったのだから、小沢の心中はいかばかりだったことか…。
ディレクターズカット版で復活した台詞では小沢は深海を「人間をG4の餌にする」と、
評したそうですが、そんな危険なスーツを設計する小沢も相当です。('A`)

G3-Xは攻撃力・防御力・運用性の全てG3をはるかに凌ぐパワードスーツですが、
運用の多くがAI頼りなため、その負荷が装着者へ与えるダメージも増大しており、
健康かつ頑強な氷川ですら身体の不調を訴え、小沢の師でありライバルでもある高村が
開発した制御チップ装着までは、潤滑な運用は不可能なほどでした。

最初から神に与えられた超能力を持ち、バーニング&シャイニング化とエクシード化で、
さらに神に近い攻撃力を持つようになったアギトやギルスと対等に渡り合うため
人間が必要としたのが、極限までの機械化&ハイパワーではなく、
むしろそれを押さえることだったのは皮肉です…。

AGITO hekiga
このように『仮面ライダーアギト』は「神と、神へと近づこうとする人間との戦い」を
根本テーマとする作品です。神から与えられた超自然の力でその道を辿るのがアギトと
その亜種のギルスなのに対し、G3は人間の力だけでその域に達しようとする、
いわばバベルの塔の建造者的存在なので、設計者小沢は罰せられるが筋で、
現に『アギト』の後期オープニングで小沢に血相変えて詰め寄る氷川の姿が
描かれたので、終盤の一波乱を期待したものでした。
しかし結局罰せられること無いまま、G3が最終進化したアギトやギルスと同等の力を持つ
G3-Xに進歩できたのは、小沢の替わりに氷川が、人間そのものを否定するG4に
「もういいだろう」と引導を渡したことで、G3は神に許されたからであり、
最後に氷川が自分のことを「ただの人間だ」と誇らしげに宣言するのは、
この作品の根底に流れる「人間礼賛」の精神の発現なんでしょうね。

途中、アギトに変身する翔一君がG3-Xの一時的な装着者になったこともあったので、
氷川もアギトに覚醒し、リミッターを外したフルパワーのG3-Xとして活躍するかとも
思ったのですが、ただの人間の強さを描くことがこの作品の大きなテーマである以上、
全員が超能力者になることは無い訳でした(笑)。

gerbelos still
GX05ケルベロスは元々銃が主力武器のG3がG3-Xに進歩した際に強化された装備で、
いわゆるガトリング砲です。東映特撮では『特警ウインスペクター』のギガストリーマーで
強い印象を与え、『特捜ロボジャンパーソン』にも多少の仕様替えだけで再登場しましたが、
今度はちゃんと新型です(笑)。G3-Xはこのガトリング砲を乱射し、さらに先端に
GX弾を装填してロケットランチャー化し、ケルベロスファイヤーという必殺武器を
放つことで、アギトのライダーキックと同等の破壊力を持つようになりました。

仮面ライダーがガトリング砲をブッ放すという絵柄は非常に印象的でしたが、
この武器が映像作品で大々的にフィーチャーされたのは、古くは『続荒野の用心棒』の
Django Gatring
ジャンゴが最初だろうし、その後ヘリ搭載のものが『ブルーサンダー』で注目を浴び、
それを『プレデター』でジェシー・ベンチュラが持ち運んでたのが印象的で、
predator jessy

『ターミネーター2』ではシュワちゃんが使ってましたが、本来は人間が
持てない重さなのに、ジェシーに「負けられねぇ」って感じだったのかな?(笑)
T2 gating


今回紹介のトイガンはバンダイから当時出された品で、
GX05 BOX
子供用のオモチャなんで弾発射はできませんが伸張時は56cmもあるし、
ライト&サウンドに乗って砲身回転のギミックが付いているので、
それっぽい気分は充分に楽しむことができます。\(^o^)/
もちろん、持ち運び時のスーツケース形態への変形も可能で、
ロック機構も付いてるのでオモチャとしては万全でしょう。


kerberosandcase.jpg
このバックが茶色の写真は、他の銃との大きさの差が解るように
ケルベロスをウォールガンラックの前に置き、同比率で別撮りした
スーツケースモードを合成しました。背後の銃の一部が切れてるのは御愛敬w















テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

こんにちは。
プレデター第1作 懐かしいです。ブーバ!

ジェシー・ベンチェラ演じるブレインが見えない敵にぶち抜かれて死亡。
恐怖にかられたシュワちゃんご一行が ガトリング儒をはじめとする大小銃器でありったけの弾丸を撃ちつくし ジャングルをミンチにしちゃうシーンは強烈でしたよね!

今回ご紹介いただいたケルベロスをはじめ ギガストリーマー オートデリンガーあたりは プレデターのあのシーンの影響が大きいのでしょうか?
【2014/09/15 18:59】 URL | どどまいや #mQop/nM. [ 編集]


>どどまいやさん
近年のアクション映像で持ち運びガトリングが流行ったのは
たぶんあの『プレデター』の影響でしょうね!
やはりあの爽快感はインパクトがデカイですもん(笑)

【2014/09/16 22:01】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/467-67bb4093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。