キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボコップの地平線
今回は3巡目なんでロボットのターンで、ロボコップを取り上げます。当ブログはすでに過去、
Robocop-PATCAR.jpg
ミニカーと

robocopgun.jpg
トイガンで

このキャラクターを取り上げてますが、それだけ個性的なアイテムが揃っていて
なおかつ、私が好きって事になりますね(笑)。新作もできて分かり難くなってきたので、
呼び方を定義すれば単に『ロボコップ』(1~3作目)と書いた場合は旧映画シリーズ、「TV版」はTV、
「新作」と書いた時はもちろんデザインが変わった最新版を指すことにします。

今回はロボット玩具なんで、それに絞ってお伝えすれば、1作目からはロボコップ本体とED-209が、
2作目からは本体とロボコップ2であるケインが、3作目からはジェットパック付きのロボコップが
模型化されてますが、1作目の頃は商品も少なく、香港製の無版権電動玩具が一番手ごろで
かつ似ているアイテムとして珍重されてましたね。

H ROBOCOP MAIN
他に1作目当時から出て似ていた模型と言えば、今回メインのホライゾンのソフビがあります。
ホライゾンはアメリカのカリフォルニアのガレージキットメーカー
ということになっていますが経営母体は日本にあったメーカーです。
uv monsters
最初はどうもビリケン商店ラインを狙ったらしく、ユニバーサルモンスターを10種類前後出しましたが、

Punisher-1.jpg
やがてマーヴェルヒーローに移行し20種類前後出して、途中から平行してDCヒーローも
10種類程度出していました。アメコミヒーローもコミックス版と映画版の両方を出すようになって、
映画はその他にインディ・ジョーンズ(インディとヘンリーで、ヘンリーは年取ったショーン・コネリーの
フィギュアだから貴重、)や、今回のロボコップ(1が初出で3で再販、後にED-209)も出してました。

当初は基本的に共通な箱で30cmかそれよりもやや小さいサイズでラインナップを進めてたんですが、
ハルク辺りから30cmを超えるボリュームとなり、元々デカいハルクやマイティ・ソーはともかくも、
普通の人間サイズのキャプテンアメリカがそれらと同等サイズになって閉口した記憶があります(笑)。
当時はアメコミヒーローの1/6フィギュアってほとんど無くて、キャップはツクダのがお世辞にも
いいできとは言えなかったので期待して、雑誌の見本が良かったので買う気満々でお店に行ったら、
並べられないほどデカイんだもんなぁ…(ノД`) ただヒーローのフィギュアとしての完成度は
確実に高まってたので、たぶんアメリカ側の要望を聞き入れた結果で、メインのお客さんは
アメリカ人だったろうから、まぁ仕方ないですかね(笑)。

ROBOCOP SOFUBI 3SIDES
今回お見せしてるのはその最初のロボコップで、今のように全関節可動、顔も瓜二つ
というフィギュアがアタリマエになってる水準からすると特に秀でた点は無いように見えますが、
当時では素晴らしい完成度でした。
MFACE.jpg
ちゃんと顔も作ってあり、ヘルメットを外すとマーフィーの顔が露出するのもポイント高いです。
右手に構えたオート9が取り外せて脚部に収納できれば言う事無しですが、
まぁそれは無い物ねだりでしょう(笑)。

このロボコップを手に入れたからには、ライバルのED-209やケイン、さらには3作目のオートモも
欲しかったんですが、同スケールのは当時は出ませんでしたね。
Horizon ED209(参考写真)
期待のホライゾンのも1/9のハンパなスケールだったし…。

argonorts CAIN(参考写真)
ケインは確かアルゴノーツのソフビと他素材の混合キットがあっただけで1/12スケールでした。

オートモは肖像権の問題か何か出たの見たことないです(笑)。
Otomo robocop3
ノーマル顔はともかくもこっちのダメージドフェイスなら映画のキャラとして俳優の許諾無しに
出せるような気もしますが、自作向きかな?(°∀° )

今は、EDはホットトイスから約3万円でトーキング機能付きのまぁお手頃な1/6が出てるし、
TIPET REPLICA
約20万もするけどお金持ち用に映画でミニチュアを作ったフィル・ティペット製作(監修?)
というまさに「本物」の模型もエドとケインのどちらも予約を取っていたんで
そろそろ出たはずですが、ビンボーなfziroにはどちらも無縁でございます。(ノД`)



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

これもまた、ど真ん中ストライクであります。

以前の記事を拝見してから、いろいろと漁っておりますが、今回のフィギュアは良いですねー、、かなり欲しいぞーw

あと、米イーベを俳諧していると、たまに、中華パチものロボコップに出会ったりします、
彼の名は「RoboCap」(ロボカップ)w、、本物と瓜二つなんですけど、なかなか落札できなくてw

【2015/01/26 20:39】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
お、このソフビ、気に入っていただけましたか!
関節があまり動かない以外は完成度は結構高いんですよね。
当時のホライゾンの水準、なかなか素晴らしかったです。

日本市場ではもう見かけませんが
中華ロボコップ、まだアメリカでは生き延びてるんですね…
さすがのしぶとさだなァ(爆
【2015/01/29 19:53】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/484-06bcd1e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。