キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊臣秀吉がまだ木下藤吉郎だった頃の大怪獣
2014年のお正月の記事で、「今年はこの『仮面の忍者赤影』を、いろいろアイテムを集めながら
ツッコミを入れていこうと思う」と書いて、期待されてたんですが、なぜかそれっきりでしたね。
何か特別な理由があった訳わけじゃなく、単に忘れていただけですが(爆)、
第4週の「ナンデモあり回」で、さて何にしようかと過去ログを当たっていたらそれに気づいたので
コレサイワイと赤影テーマでお送りします。BGMはこちらをドゾー!

前回大まかな流れを解説した『仮面の忍者赤影』ですが、本放送時はソフビは出ませんでした。
仮面や刀の玩具やボードゲームは有ったけど、人形はシャンプー容器やパチのポリ製の位で、
怪獣は70年ごろ出たアゴンのプラモだけだったと思います。

赤影のソフビが充実しだしたのは2000年頃からで、まずはマーミットから
ミドルサイズで主要全怪忍獣とキャラセット3種が出て、
エクスプラスからスタンダードで、金目像&甲賀幻妖斎、千年蝦蟇&蝦蟇法師、
アゴン&虫寄せ風葉の3種が出て、以降にも大いに期待が持てました。
その次に頑張ったのがドリームロケットです。代表兼原型師の矢嶋淳一氏は、
役者の道からソフビ製作による自己の表現の場を見出し、ソフビ業界に参入した変わり種で、
最初にソフビとして発売予定だったのはスタンダードのアメゴン(キャプテンウルトラ)でしたが、
先に原型を作ってしまってから版権申請したら「他社に下したばかりなので難しい」と
東映から返答され、仕方なくこのアメゴンの原型はオクラ入りになったそうです…。
ちなみにこの時に被ったのは、マーミットの怪獣天国シリーズだったとのこと。

次は「赤影の怪忍獣をソフビ化しよう」と思ってドグマの原型を作ったら、
立ち読みしたホビー誌に「エクスプラスから赤影アイテムが出る」との記事が!
それでこの原型もしばらく寝かしておくことになったそうです…(ノД`)

矢嶋氏は版権もので2回頓挫したので、今度はオリジナルで行こうとグモースを作りましたが、
ワンフェスでの発売時に、ソフビの適切な抜き数がどのくらいか知らなかったので280個抜いて、
全部段ボールに詰めて会場入りするも、無名メーカーのオリジナルがそんなに売れる訳もなく、
売上はたった23個だったとか…。今のドリロケの少数生産を繰り返し毎回塗装に凝って
コレクティビィティを高める方針は、この時の苦い経験が生きているのかも知れないですね…。

そしてやっと2005年に『赤影』の版権が取れドグマの発売にこぎつけ、以降「怪獣包囲陣」と
題してラインナップを増やし、ガンダ、ガバリ、アゴン、ガッポ、ジャコーと根来編を完走し、
魔風編もギロズン、ガガラ、ザバミ、ジジゴラを、金目教編も一つ目と金目像を発売済みです。


その中で今日お見せするのはエクスプラスの千年蝦蟇で、
akagama main
『仮面の忍者赤影』第一部はこの大蝦蟇の咆哮で始まるので、何はともあれ欲しい怪獣ですが、
出来映えは見てのとおりすばらしく、あの大迫力の大蝦蟇が見事に再現されています。
akagama3sides.jpg
スタンダードサイズ硬質ソフビ製の、全長約22cm&全高約14cmで、3cm程の蝦蟇法師の
フィギュア付きです。マーミットですらミドルサイズしか出してない赤影怪獣にストレートに
取り組んだエクスプラスの心意気に、大いに期待した赤影マニアでしたが………。

以降の詳細はまた次の機会に……。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

おおおおおおおおおー、、1000年ガマではないですくわぁぁー
あの、お寺の屋根を突き破って登場する特撮は、木造土壁の日本家屋を知り尽くしたスタッフじゃないと、ぜったいに無理な、素晴らしいシーンだと思います。

あ、あと、今でも、オープニングのナレーションをソラで言えるのは、ナイショでありますw
【2015/03/02 21:38】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
あのあたりの特撮は素晴らしいですよね。
カットによっては『怪竜大決戦』の映像を流用してるので
ガマにツノがあったりするのは御愛嬌ですが、
東映全盛期のスタッフの仕事だけに本当に素晴らしい!

赤影のナレーションは当時3パターン憶えましたよね!
私の場合は今言えるかどうかはビミョーでつw
【2015/03/04 11:40】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/489-e01e2a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。