キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


仮面ライダーグランプリ再現プロジェクト!
RGP panf
先月の予告の通り、『仮面ライダーグランプリ』を観たので、今月はそれを取り上げます。
仮面ライダーアギトの劇場版『プロジェクトG4』以降、すっかり恒例行事となった
平成ライダー劇場版ですが、私は555の劇場版がTVとはつながらないパラレルワールドの
お話だと知って以降は、観に行く気をそがれてしまい、以降ずっと無視してました。
でも今回の映画では仮面ライダーたちがレースをするという新しい展開で興味をそそられ、
当たり前の話ですが、クルマに乗る仮面ライダーがほとんどいないのにどうやって
レースをやるのかと不思議に思ってたら、バイクが多いのは仕方ないとして、
劇場用新ライダーが自動車乗りで、トライサイクロンという専用マシンが登場するだけでなく、
先輩ライダーの仮面ライダーBLACK RXをライドロンに乗せてエントリーさせ、
さらには仮面ライダーWにあの巨大車両リボルギャリーで参加させるという、
いささか、いやかなり力技をブッ込んできました(w

バイク、クルマ、巨大マシーンが入り乱れるレースって、これはもうフツーのレースではなく
あの『マッハGoGoGo』のマンモスカーが参加したレースを思わせます。
speedMammoth.jpg
ひょっとして、今回の映画の真の狙いはあのレースの実写化にあるのではないかと
ちょっと興味が湧いてきたのでしたが、この映画、正式なタイトルは
『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』でここのところ乱発してる「ナンチャラ大戦」の
最新作で、その名の通り「仮面ライダー3号」が登場というのが最大のウリのようです。
rider 3
その3号とはこういうキャラで、マニアに人気の高い旧1号を、
やはりマニア向けの『仮面ライダーFIRST』風味でアレンジしたような姿です。
これは現在の東映ヒーローもの制作現場の事実上のTOPである白倉伸一郎氏が
「ライダー1号・2号の後は3号じゃなくてV3なのは変だ」と言い出したのが企画の発端らしい
ですが、あまり仮面ライダーが好きではない彼は知らなかったようですが、仮面ライダー3号は
過去に存在しています。番組企画書ではV3の企画が固まる前に「3号」と呼ばれていたし、
TVより数ヶ月早い展開となる児童雑誌のマンガではフライング的に登場し、
3go manga
こういう新1号2号のデザインをほんの少し変えた姿で描かれ、「ゲルショッカーに続く
ゴーストショッカーのブラック将軍が、打倒1号2号のために作り出した新しいライダーが
いきなり裏切った」と設定されていたようですが、この3号はV3で完全上書きされたので
その後の展開はありません。まぁ、ゲルショッカー壊滅時にこの姿で登場してるんだから、
たくさんいたショッカーライダーの予備個体が覚醒した姿かもしれませんね。

だから「仮面ライダー3号」が出るという話を最初に聞いた時は「へぇ、細かいところ突いてくるな」
と感心したんですが、デザインが旧1号モドキなんでアレと思ったら、「白倉は3号がいた事
知らなかったらしい」という噂が聞こえてきて、ああいつもの思いつきかと納得がいったのでした。
そう白倉というプロデューサー(今の肩書きは違いますが便宜上こう呼びます)は、
これまでも思いつきで作品を作り、過去の作品の上澄みを掠め取りはするけど、
原点の設定はなおざりにするという所業を繰り返してきた人物ですが、
銭金勘定は得意なため、常に担当作品は商業的に成功しているので東映内でも順当に
出世を重ねている人物でもあります。そのため一時、制作現場からは離れていたのですが、
後進が上手く育たなかったのと、たぶん本人も制作そのものは好きなこともあって再び君臨し、
彼の作風を好まないマニアからは「リアルショッカー大首領」と呼ばれています。ヽ(`Д´)ノ

だから今回も「どうせいつもの白倉作品だろ?」とあまり肯定的に捉えぬ層が多かったようで、
「ゲルショッカーを倒したライダー1号と2号を倒したショッカーの秘密兵器」という設定なんで
このデザインはおかしいんですが、旧1号っぽいデザインには確かに魅力がありました。
だから変身するのが誰かということが俄然気になってきたのです。設定からすると現在は
60前後の役者を使わないといけないので、草刈正雄とか石田純一とか高見沢俊彦(笑)とかを
想像してましたが、及川光博だと発表され、まぁちょっと若いんですが、本人がうれしそうなんで
なんか許せちゃう感じがしてきちゃったんですよ(w



こうなるともう見に行く気マンマンで、グランプリ参加車両も気になってきました。
というのも、私はポピニカサイズで仮面ライダーバイクを集めていて、
昭和ライダーはコンプリートし、クウガ以降の平成ライダーも集めるつもりでしたが、
555の時、食玩で出ていた同一サイズがテンバイヤーに買い占められ近場では揃わなかったのと、
その次のブレイドの時、ライダー4人中レンゲルのバイクだけが同じ規格では出なかったのと、
カブトの時に射出装置とセット売りになってバイクのサイズが並べると違和感を感じるほど
小さくなったので嫌気が差して、以降は集めるのを止めてましたんですね。
だから、この機会に欠けてる分を集め直してもいいなぁと参加車両を調べたら、
今回レースに参加する仮面ライダーとマシンは、まずはバイク勢が
仮面ライダーアギトマシントルネイダー
仮面ライダーカブトカブトエクステンダー
仮面ライダーディケイドマシンディケイダー
仮面ライダーオーズライドベンダー
仮面ライダーフォーゼマシンマッシグラー
仮面ライダーウィザードマシンウィンガー
仮面ライダー鎧武サクラハリケーンの7台

これにクルマ勢が
仮面ライダーBLACX RXライドロン
仮面ライダーWリボルギャリー
仮面ライダードライブトライドロン
仮面ライダー3号トライサイクロンの4台、総計11台だということです。 

これらのうち、マシントルネイダーとライドロン、そしてトライドロンはミニチュアを持ってましたが、
他のは持ってないし、トライサイクロンに至っては商品がありません…。('A`)

トライサイクロン
トライサイクロンとはこういうクルマで、見てすぐ解るようにユーロスロードスターの改造です。
最新型ですらない旧車の改造ってのはトライドロンのベース車のNSXもそうだから
釣り合いを考えたのか、単に予算の問題かは解りませんが(ノД`)、旧サイクロンっぽい
意匠にしてあるんで3号のデザインとの連続性があって、嫌いではありません。

trycycronmain.jpg
それで無いなら作っちゃえとダイヤペットのルースをオクで手に入れ大改造したのがこちらです。
映画見た後となっては何ヵ所か間違いに気づいたけど、キニ(゚ε゚)シナイ!
ts3sides.jpg
これがなんとか形になったんで他のもオクで大人買いしちゃいました。
1月分のホビー予算を使い切っちゃったけど泣くもんか…(ノД`)
そしてその全部をそろえて撮った写真がこちら!
riderGP.jpg
(クリックで拡大します)
せっかくの主役が先頭に来てないのは、食玩のサイズが一定せずに大小があったので、
なるべく不自然にならないように前後に差をつけて並べたからです。('A`)
レースに出てない仮面ライダーマッハのライドチェイサーが混じってるけど、
彼だけ仲間外れはあんまりなんで、fziro版では出走させました。

映画を観た後の印象では仮面ライダーGPって、マッハ号のマンモスカー編ってよりは
チキチキマシン猛レースでしたね。各車とも走るよりライダー自身やマシンの特殊能力で
ライバルの妨害に懸命なんだもんなぁ…。( ̄□ ̄;)!!
まぁ白倉が『マッハGoGoGo』をちゃんと見てるとも思えないから、ああいう展開なのも無理ないか…。
出走車両を11台と唄ってたのも♪ゴールを目指して11台♪ってことだったんすね…(°∀° )

ってな感じで、私的にはそれなりに楽しめた『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』。
いつもライダー映画を観に行ってる熱心なマニアからの評判は「いつもと同じ展開だ」と
ボロクソですが、それはシラクライダーのオヤクソクなんで、気にしてはいけまへん(爆)。
魔改造により公道を走れなくなったトライドロンがサーキットを全力疾走する姿は爽快だし、
たぶんそれがゆえに1台だけ初期の平成ライダーから選ばれたアギト&マシントルネイダーが、
TVのOP撮影以来、ツインリングもてぎに帰ってきた姿を堪能するのも
奥深いマニアのたしなみというもので、そんな大人の楽しみ方をするのが正解でしょう。(°∀° )


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

トライサイクロンが遂に商品化されたのかとww
労作お疲れ様です。眼福多謝。

大袈裟過ぎるマフラー、劇中では武器の一種なのでしょうか。
後付け満載のデザインがレトロで、いい雰囲気ですね!
【2015/04/05 03:28】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


おお、これが噂の初代ロードスターベースのマシンですか!?
デザインだけみるとチキチキよりもデスレース2000年っぽいカンジが・・・。
ストリーリーまでそっちだったら・・・子供には観せられませんね(笑)。
【2015/04/07 22:35】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>ねこざかなさん
これを作ってる頃は商品化は無かったんですが、
その後、プレバンで他のシフトカーとセットで出ることが解ったし、
ガチャでも出るみたいです。
までもどっちも小さいサイズなんでキニ(゚ε゚)シナイ!

前のガトリング砲だけでマフラーが武器ってのは無かったですね。
アカラサマに元車とデザイン元が解るトライサイクロンですが、
なぜか好きなんですよねぇw



【2015/04/08 11:21】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>Ponys41さん
おおそう言えばデスレースっぽいですよねw
実写版の『スピードレーサー』は確実にアッチよりのデザインだったから、
引っ張られたかな?

ライダー同士の殺し合いは平成ライダーでは悲しいことに日常茶飯事なんで
今の子供は案外平気で、怒ってるのは大きなお友達だと思います(爆)
【2015/04/08 11:27】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/494-754ed4f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)