キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お母さんと一緒のロボット
今日のお題は『ロボット刑事』です。この作品に関しては当ブログではすでに
愛車のジョーカーのポピニカを取り上げましたが、
今週は3巡目でロボットの回なので、主役のKを取り上げます。

BGMはこちらをドゾー!

前回も触れましたが、この企画、主人公の名前はJ(ジョー)だったのが、
なぜか終盤にK(ケイ)に変わりました。だからクルマもジョーカーだったので、
本来なら「ケイカー」に変わるべきが、単なるウッカリか軽自動車っぽい響きを嫌ったのか
定かではありませんがジョーカーのままで、その方が断然カッコイイから結果オーライです(笑)。
今回さらに調査すると最初の企画は「ロボット刑事K2」といい、主人公はハザマ博士製作の
ロボット刑事K2(ケイ)とパートナーで身長30mの巨大ロボットK3(ファザー)だったそうで、
FATHER.jpg
ICBMを内蔵するファザーは、ケイが額の十字架から乗り込み巨大ロボットとして活躍、との設定。
『ロボット刑事』は1973年4月放映開始ですから、普通、企画が練られるのは前年秋位からで、
『マジンガーZ』の漫画連載が1972年10月開始なんで、対抗意識があった可能性はありますね。
なにせ豪ちゃんは元アシスタントで、『サイボーグ009』の魔神像を描いたそうですから(笑)。
しかし企画変更されファザーはマザーに代わり、巨大ロボットによる戦闘の要素は無くなりました。
東映TV部は『ジャイアントロボ』で巨大ロボット特撮は体験済みでしたが、同作はスポンサーは
乗気だったのに製作体制の都合、たぶん予算不足で2クールで終了してるんで、
その時の記憶が特撮現場に二の足を踏ませたのかもしれません…。 
しかし4年後の『大鉄人17』ではようやく巨大ロボット特撮を実現させているんで、
その間に慎重に準備を進めていたんでしょうね。

さてその主役のKですが、人気キャラだけに放映当時から実にたくさんのTOYが存在し、
とても全貌はつかめませんが、今回はバンプレストのプライズである
「東映特撮ヒーローアクションフィギュアコレクション」のKを紹介します。
BANPRE PSIZE K
全長約9cmのPVC製で、スターウォーズ以来の伝統的なアクションフィギュア仕様。
こういうブリスターパック入りのところも典型的で(笑)、帽子やミニマザーも付いてます。
このアクションフィギュアは「東映特撮ヒーロー」謳うだけはあって
パッケージにある写真のキャラクターだけでなく、仮面ライダーや宇宙刑事等のものもあり、
造形が素晴らしいだけでなく全てにそのキャラに関するミニフィギュアが
付いているため集めて非常に楽しいシリーズでした。

K up
このように充分にUPに耐えるできばえで、等身大キャラは小さいサイズで集めたい私には
とても好ましいシリーズでしたねぇ…。     

って、アレ?なんか背景に写りこんじゃってる!
写真くらいちゃんと 撮れよ~!ヽ(`Д´)ノ

ナンツッテ、背景のは実はこんなモノでした!\(^o^)/
K Mother main
マーミットのスタンダードサイズソフビのマザーです。実は今日のメインはこっちなんですよ!
3面図もこっちだけしか撮ってないしw
K Mother 3sides

ビニパラベビーで『ロボット刑事』登場のロボットたちをほぼ網羅してくれたマーミットが、
ちゃんとマザーも忘れずに全高25cmのちょうどいいサイズでラインナップに加えてくれ、
ガレキではあったかも知れないけど一般流通品はずっと上のフィギュア付属のしか無かった
マザーを、ようやく手にすることができました。

マザーの内部にはKの生みの親である霧島サオリ博士が住んでおり、Kの修理や休養が
行なわれる基地でもあったため、いつまでもマザーに甘えていたKですが、漫画版設定では
Kの頭脳にはサオリの母の脳を人工培養した組織が収納されていているので、
マザーの額に十字架形にKが格納されるというのは「本来あるべき場所に還る」という
実に深い意味を持つ行動なのでした。

だからロボット刑事をロボットとして取り上げるためにはマザーと一緒でなくては
意味が無いので、その入手をずっと狙っていた訳でしたが、
ようやく実現できて感無量です。\(^o^)/
















テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

ファザー ICBM内臓って・・・・
一体、どんな意図があってICBM内臓なんでしょう・・・
嗚呼、恐ろしや・・・ 南無阿弥陀仏・・・・
バドーが某Y組と手を組むより凄いぞ!
【2015/09/22 20:08】 URL | ドラックス #- [ 編集]


>ドラックスさん
このファザーの元ネタと思われる『サイボーグ009』の
ミュートスサイボーグのアトラスにも、
ボディに大型ミサイルが内蔵されてたし、
冷戦時の緊張をそのままひきずってたのかも?
【2015/09/24 13:44】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/513-48936f5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。