キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


ジェット気流が新兵器?
magumamain.jpg

今日の御題は『マグマ大使』です。昭和41年7月4日に放送が始まったこの作品は、
『ウルトラマン』と並ぶ「第一次怪獣ブーム」の花形でした。
科学特捜隊員が実質主人公で、あくまで大人目線で物語が進行する『ウルトラマン』に対し、
主人公がマモル少年とガムという少年コンビのため、子供目線で話が進み、
彼らに対して真剣に誠実に接してくれる大人たちの姿が極めて頼もしげに映るという、
子供番組としては理想的なフォーマットを持つ作品でした。
特に序盤はマモルの母が誘拐されたため、パパと二人で助け合い事件に対決する姿が健気で、
マグマ一家にはモルという理想的な母がいるところもいい対比になっていましたね。

magumafamily.jpg

アース様とマグマファミリーです。マグマはいつもは巨人ですが、
身体の大きさを自由に変えられるという設定なので、こういう写真も間違いではありません(笑)。

マグマ大使とはアース様が御創りになった「ロケット人間」です。
いちおう「生きているロケット」というような説明がされていたと思いますが、詳細不明です。
単なるロボットではないことには、大破した時には機械的修理だけでなく、
大地に埋まって、マグマのエネルギーを吸収することで復活するという描写が、
原作では成されていた記憶があります…。


maguma3sides.jpg

『マグマ大使』の玩具と言えば、怪獣ソフビが中心で、ブルマァクを始め数社から出てますが、
まぁそれらは専門のサイトにまかせて、ここでは触れずにおきましょう…。

今回お見せしているのは、ワンフェスで買ったガレージキットで、大きさは9.5cmです。
かなり昔の物で、確かゴアの円盤も一緒に買ったはずですが、
今回、マグマだけが偶然に発掘されました。

kitform.jpg

一応、組み立てて色は塗ったけど、元がこんな感じの2パーツのムクキットなんで、
削って穴あけるのに苦労しそうだし、間違ってたら取り返しがつかないので、
ロケット発射孔がどうなってるの資料が見つかるまで、そこは放置です…。

マグマ大使は多彩な武器を持ちますが、表題に使った通り、ジェット気流が新兵器でもありました。
「ジェット気流」というのは「ジェット噴射のように強く吹く風」のことなので、
このフレーズは今だったらとても考え付かない文句でしょうが、一応劇中でも、
敵の回りをロケット形態で高速回転しジェット気流を作り出して攻撃してるので、
全く意味不明で使った訳では無かったようです(笑)。

『マグマ大使』を製作したピープロというプロダクションは、社長が漫画家のうしおそうじ氏のためか、
いろいろな素材の管理に杜撰なところがありました。
そのため製作された作品はフィルムは残っているようですが、音楽テープは未発見で、
一連の作品は、レコード会社が管理していた主題歌・挿入歌しかレコード化されていません。
今回のタイトルに使ったフレーズが用いられている『マグマ大使主題歌』は山本直純氏作曲で、
BGMも彼の手になるものです。それらをまとまって聞くことはまだできないのが残念ですが、
あの勇壮なイントロで始まる主題歌だけでも、聴くたびに充分なパワーを分けてもらえるので、
BGMテープ発見の日まで、この歌と無邪気な「ガムの歌」を繰り返し聞いて、ガマンしましょう(笑)


では、最後に歌の通りに、今日も空を行くマグマの勇姿を御覧ください!
magumafly.jpg


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

ども、、子守でクタクタえるでつ、、

しかし、アース様とマグマファミリー、、今みると、けつこうマヌケでいい感じですね、、写真全体から、あのころのにおいがプンプンしてきまつ、、
マグマ大使は、当時白黒テレビで見ていたハズですが、カラーで見た記憶もありますので再放送だったのかなぁ~、、

で、コレ、良くできていますねぇ、、元がもとなだけに、これで十分ですね、、
ではでは、、
【2007/07/01 20:11】 URL | 覆面えるさん #- [ 編集]


>頼もしいパパえるさん
マグマファミリーいいでしょ?
アース様が神様ってより気のいいおじいちゃんキャラだったんで。
ほのぼの度が強まってましたね~。

当時はもちろん知らなかったけど、モル役の女優さんは「失神女優」としてならした方だそうなんで、
きっと当時のお父さんたちはニヤニヤしながら見てたんでしょうね(笑)。

このGK、小さいけど、なかなかいい感じです。
マグマのロケットって、なぜか当時は出なかったんで、1990年頃のワンフェスで見つけたとき、
大喜びで買いましたよ。値段も今みたいに大ボリじゃなくて、たしかウン百円だったと思います。
ワンフェスもいつの間にか「売らんかな」のディーラーばかりになってしまいました…。
【2007/07/01 23:48】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


ども、ヤフ○○でクタクタねこざかなでつ(まねっこ♪)

マグマファミリー、なぜかおとーさんだけが金ぴかなのね。
TVでは失神女優さんは変形しなかったのでしょうか?プロセスを見てみたい。。。

ロケットのGK、これぞガレキ!って感じで好ましいでつね。
合成もいつもながら見事でつ~。
【2007/07/02 15:02】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>掘り出し物ザックザックの目利きねこさん(w

パパは金、ママは銀、息子は白と赤というハデハデ一家でつ(笑)。
マグマの妻のモルの衣装は50年代SFのアヤシイ宇宙人そのまんまでつよね。
このモルって名前、どこから持ってきたのかよくわからないんでつが、単位のモルか、
あるいは失神女優なんで、そのはずみに「もる」ところからついたのかも?(ゼッタイ違

ちゃんと彼女も変身しますよ。ただマグマみたいなプロセスを追う描写は無くて、
カメラのフレーム外で変形したんじゃないかな?
小さいけど、写真見つけますた。http://akhd.sakura.ne.jp/tvhero/MAGUroket.jpg

上の小さめの銀色のロケットがモルで、ちゃんと腰のクビレがあるところがセクシーでつ(縛


【2007/07/02 22:01】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


ども、、引っ越しショックででクタクタの#68でつ
このガレキは、いいプロポーションですね。
マグマ一家は地球最後の日のザ・スペースアーク(今、模型売ってるの?)ばりの
ナイスロケット達ですよね。
笛もほしかったけど、3機一緒にお手頃な立体がほしいものです。
シークレットがゴアの円盤とかで食玩は出ていませんでしょうか?

合成写真は噴射熱で空気が蜃気楼ってるんですね!わかります。
【2010/11/03 22:13】 URL | #68 #- [ 編集]


>68さん
おや、こっちへコメント下さるとは、あそこの写真のせいですね(笑)。
お引っ越し、特にコレクターのはいろいろ大変ですよね~。早く整理がつきますように!

家族3機&ゴアがせっとになってるガレキはチョコチョコあるようだけど、
食玩は今のところ無いですね~。前のコナミの路線が続いてればよかったんだけど、
撤退しちゃったからなぁ…。ピープロモノはパイが小さいのか、難しいですわ。

合成写真は、もちろんそれっぽくしたんですよ、ナンツテヽ(´ー`)ノ
【2010/11/04 07:53】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/53-382efb91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)