キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


翼とは関係ないレッドブル
刑事ドラマは日本でもハリウッドでも多数作られていますが、その中でも、 刑事が逃走犯を
追って違う地域に来るケースは「よそ者刑事とその土地の刑事 とが協力あるいは反目しながら
犯人を追い詰めていく」という王道パターンに乗っ取って数多くの名作が生まれています。

Red_Heat poster
今日のお題の『レッドブル』はそれを少しひねった1988年の映画で、よそ者刑事がなんと
シュワちゃん扮するソ連の刑事というのがミソw レッドってのはもちろん共産主義の揶揄ですね。


シュワちゃんがヒゲ顔大男を雪の中で殴り倒した後に流れるメインタイトルは、やたら響きが
ガッキガキのいかにもな社会主義ゲージュツ的音楽ですが、これはセルゲイ・プロコフィエフ作曲の
『十月革命20周年のカンタータ』の第2楽章「哲学者たち」をアレンジしたものだそうです。
音楽担当のジェームズ・ホーナーは元々こんなゴツゴツした曲が得意なので、このアレンジも
さぞノリノリだったろうけど、案外彼の音楽的ルーツの一つだったのかもですね。

そのムキムキガッキガキのアカであるイワン(の馬鹿)・ダンコンもといダンコー大尉が
シカゴで組むのはジョン・ベルーシの兄であるジェームズ・ベルーシが扮するリジック刑事ですが、
そのキャスティングからしてもゆるい、いやむしろダラシないと言ってもいい人物で、
ムッツリとトンデモないことをやらかすダンコーに振り回されてばかりでした。

リジックはどうもダーティハリーに憧れてるらしく、スミス&ウェッソンM29を
「世界一強力な拳銃だ」とハリーのセリフそのままにダンコーに語りますが、
すぐに「いや、ポドビリン9.2mm拳銃だ」と否定されてしまいます。
Podbyrin Pistol
その聞きなれないポドビリンとは、こんな形の武骨ながらなかなかカッコいい銃で、
ソ連でのみ流通している特殊な拳銃かと思いきや、なんと実在しない映画オリジナルだとか…。
なんでもデザートイーグルの本体のグリップをワルサーP38のと交換し、先端に延長したバレルを
取り付けたモノらしく、こんな小細工しなくても素直にデザートイーグルを使えばいいと思うんですが、
アメリカやイスラエル製の銃を「ソ連の誇り」的に使う訳にはいかなかったんでしょうね(笑)。
そんな小改造的架空銃なんで、さぞかしトイガンメーカーが既存パーツを組み合わせて生産したかと
思いきや、不思議なことに未発売。『ターミネーター』や『スーパーマグナム』では
無版権で張り切った(笑)チヨダからも出てないから、ラインナップにデザートイーグルが無かったのか、
当時もう倒産してたんですかねぇ…。

marui deserteagle
という訳で今回のトイガンはデザートイーグルです。これは人気銃なんで現役の
メーカーラインナップでもよく見かけますが、この個体はヤフオクで600円程度で入手したもの。
値段にひかれて落札したら、説明文には書いてないのにマガジン欠品でムカついたけど
銃身の長さが約28cmもあるたぶんフルサイズなのに安かったんで、
「撃てなくてもいい」という自己判断基準に基づき、不問にしました…。
どうも東京マルイの商品の初期型みたいで、ちゃんとメカは作動するし、マガジンはパーツで
取りよせ可能だけど、どうせ撃たないからいりまへん(・∀・)
上のポドビリンとよく見比べたらトリガーガードの形も四角から丸いのに変えてあるようですね。  

しかしこの映画、原題『RED HEAT』を「レッドブル」という邦題に変えたんで、
あの「翼を授ける」エナジードリンクみたいでヤだなぁと思ってたんですが、
今、世界的にあのドリンクを製造販売してるのはオーストリアの会社だそうで、 
もしかして同国出身のシュワちゃんに合わせたのかしらん?(笑)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/536-005c14e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)