キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


サイボーグ009と私(笑)
2月になりました。お休みしたおかげで体調も上向いてきたので、本年度の更新を開始します。
またどうかお付き合い下さい。m(__)m

最近、ふとしたことでアニメの『サイボーグ009VSデビルマン』を観ました。
最近はこの種のクロスオーバーものは数多く作られ、パッとしないデキのも多かっただけに
あまり期待してなかったんですが、失望することもなく、アニメ技術の進歩が著しい
加速装置の描写に感心したりして、楽しめました。
この作品、時間軸が009側で言えばミュートスサイボーグ編の直前だし、
009 2015
キャラクターの作画設定が昔のまま(さすがに008だけは『超銀河伝説』以降版)なんで、
てっきり2012年の『009 RE:CYBORG』(以降『REサイボーグ』と表記)以前の製作と
思ってけど、調べると『RE』以降の2015~16年の作品じゃないですか!
あれ、『RE』はそれなりに成功して、つい最近もそのキャラを引き継いだ
『ホール・オブ・ジャスティス』とかいう作品があったはずなのにと思い、
続いて『REサイボーグ』を観てみたのです。

009 2012
1980年の『超銀河伝説』で008の黒人描写にNGが出されて以来、
各メンバーのステロタイプなキャラクター付けは危険視されてきましたが、
『REサイボーグ』では各キャラが大胆にイメージを改変され、
002の鼻が普通の人間のに変わり、
005のインディアンっぽい外見もかなり薄められ
006の戯画的中国人描写もリアルになっています。
この辺は前々からそろそろ規制に引っかかりそうだという話は聞いてたので
「ついにそうなったか~」と感慨深かったんですが、元のキャラに思い入れが
強かったので、なんとなくスルーし、それっきり未見だったんですよ。

それだけにある種の覚悟の下に鑑賞したんですが、キャラの激変より、
009が引きこもり気味で爆弾事件を起こしかける高校生で、003がジョーに 
「また私だけ年取っちゃったわね」と言い、立ったままセックスする淫乱年増という
意味不明の描写がされてることに驚かされました。
なんでもこのアニメは当初、押井守が監督する予定で、旧作品の世界観の破壊が
大好きな彼らしい「009と001と003以外のメンバーは死亡し、009はアパートに引きこもり、
003が犬になった001を連れ世界を旅する」とのコンセプトで作られる予定だったとか…。
でもさすがにそれは却下され、押井も改変を飲んだけど、
「フランソワーズだけが年を取って58才になってる」ことだけは譲らず、
結局監督を降ろされたそうなんです。
その昔、『カリオストロの城』の次の劇場用アニメの監督を打診され、
「ルパンが原爆を盗もうとするが、最後にルパンなんかいなかったことが解る」という
珍妙なプロットを出して解任されたのとそっくりで、押井ファンじゃない私は
「まだこんな中2病こじらせたようなことやってんのか」と呆れました…。('A`)

このように立ち上げが最悪の『REサイボーグ』ですが、一部のメンバーが
途中から戦いに参加しなくなったり、ハンパに「神」を劇中で描いたりして、
消化不良な部分もあったけど、まぁ普通の009作品にはなってる感じで、
大きな不満を言うなら、せっかくここまで外見をいじったんだから、
最初からリブートし直した方が良かったんじゃないか、という点です。

『サイボーグ009』に関してはアニメ版の方に先に触れ、劇場で観た映画2作目の
『怪獣戦争』で完全にハマってしまい、第1作はTV放映時に観て堪能し、 
歌が同じTV版も楽しみました。
1sakume.jpg
映画1作目は、原点として今見ても興奮できるし、009だけ白、003だけ赤、
他を薄紫にした配色のセンスの良さにも痺れます。白と赤という、子供が見ても
特別の仲になることを暗示させる配色と、何よりも「赤いマフラー」ですよ!

小杉太一郎作曲の主題歌を始め、数々のBGMは熱く情感に訴えます。

『怪獣戦争』は、これだけ見ても『サイボーグ009』の世界観が理解できる
優れた構成と、何と言ってもヘレナの超絶的なまでの美しさ!
009herena.jpg
やはり情感たっぷりのテーマ曲と共に心に刻まれてます。

reinbow.jpg
劇中、空を往くレインボー戦隊とすれ違い、互いに手を振るシーンがありますが
タイアップかと思いきや『レインボー戦隊ロビン』は放映終了済で宣伝する必要はなく、
この唐突な登場はスタッフが同じことからカラー動画が無いレインボー戦隊への
餞だったのかもしれませんねぇ…。
あ、そうか! 特撮だけど、戦隊シリーズの最終回のラストに、
現戦隊のレッドから新戦隊のレッドへと
バトンタッチが行われる恒例シーンの先駆けみたいなものか!(・∀・)

TV版は、モノクロというハンデはありますが、番組構成上の穴埋めという
企画成立の事情を逆手に取った制作スタッフの創作心の爆発がすばらしく、
太平洋の亡霊
メインシナリオライター辻真先が言い切った「テーマは反戦」という志を、
反日運動と結びつけることなく純粋に描ききれたのは「時代」のなせる業でしょうか?

このようでアニメで馴染んだ『サイボーグ009』ですが、マンガ連載は開始には
間に合わなかったけど「海の底編」は掲載誌で楽しみに毎月読んで、
続く「天使編」で、いきなりの中断を含め大きな衝撃を受けました。
敵を「キリスト教の神そのもの」というあまりに強大な存在に設定したことは、
石森章太郎の筆を遅らせ、「天使編」直後に青年誌でしきり直した
「神々の戦い」編もまた中断してしまいます。                              

風の都
それからしばらく時間が経ちますが、1975年秋『少女コミック』誌での「風の都」編を皮切りに
各漫画誌での「インサイドストーリー」の掲載が始まります。
そう、『サイボーグ009』はいくつかの中編ストーリーが組み合わさって構成されてきた
物語なんで、正編が先に進めなくても、脇道でなら新しいエピソードを描ける訳で、
ファンは「天使編」の進展を待ちながらも、脇道の新しい物語を歓迎したのでした。
1979年のサンライズ版TVアニメもその流れの中で生まれたもので、
『少年サンデー』で連載も始まった程の本格的な脇道(爆笑)でした。

初めて原作絵に近いアニメで各キャララクターが動き、音楽もすぎやまこういちという
最高の選択で、旧版音楽に余りに馴染んた私は若干違和感を覚えたものの、
世間的には好評で迎えられ、多数の商品も生まれたのです。

strengerGOU main
今回お見せするタカトクのストレンジャー号(合金版)もその際の商品の一つで、
サイボーグ戦士の乗るメカとして旧版からおなじみだったドルフィン(2世)号と共に、
ポピニカの対抗企画商品として発売されたのです。

このストレンジャー号はミニカーなんで、私のブログ開設時期、約10年前から
ずっと狙ってましたが、「幻の逸品」化していて、箱付き完品ともなると
二ケタ万台覚悟しないと無理でずっと未入手でした。
ところが世間的なオモチャのお宝化激化に比例して、状態のいい個体は
値上がりするけど、そうでもないのは逆に下がり、ルース品なら1万も用意すれば
なんとかなるようになってきて、8000円でゲットできたのが今回の個体です。
strengerGOU 3sides
全長約11.5cmのダイキャスト製ですが当然箱無し! 
本体パーツはだいたい揃ってるようですが付属品は欠落の状態で、
何よりもキャノピーが割れてるのが大きなマイナスポイントでした。
それでもサイボーグ戦士の戦闘服のデザインからインスパイアされたと思しき、
フロントビューのカッコよさは堪能できるので、レストア母体として購入し、
まず本体をリペイントし、割れたキャノピーはいずれ割れてないのと
ニコイチしようと思っていたけど、この状態にまで仕上げたら満足して、
それっきりになっちゃいました(笑)。


歴史の長い『サイボーグ009』だけに、まだまだ語りたい、語るべきことは多々あるので、
今回はここまでにして、最後は成田賢の主題歌を聞きながら締めとさせていただきます。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

あけまして御復帰おめでとうございますww
押井アニメ好きなんですが、オクラの009シナリオは、あんまりな設定ですね。
ストレンジャー号のミニカー、出ていたことに吃驚!
【2017/02/08 04:01】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>ねこざかなさん
あけまして、ただ今です(笑)
私は押井とか今川とか、原点を破壊するタイプのリクリエーターは嫌いですね。
破壊するならオリジナルでやればいいのに、と思います。

このいわゆる「新ゼロ」の合金は数が少なかったのか、昔から激レア品でした。
ドルフィンの方は「平成ゼロ」でも出たからまだいいけど、
ストレンジャー号はこの時の玩具だけなんで苦労しますわ…。
【2017/02/09 09:51】 URL | 覆面ドライバー #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/563-d1dfd4d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)