キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


世界最古のボクシングパペットの正体が判明!
今回は久々にボクシングパペットを取り上げます。
これまで解ってる中で最古の市販ボクシングパペットは、
第二次世界大戦中に発売された可能性の高い
261603_2212888258_227large.jpg
ジョー・ルイス&マックス・シュメリングのペアだとしていましたが、 
それについてさらに詳しいことが解ってきました。

tiger kid puppet(参考写真)
というのも、とあるオークションに箱入りの状態で白人ボクサーが出たからで、
箱の説明文によると、1950年にザイニートイというメーカーが出した商品名「Tiger Kid Puppet 」で、
黒人・白人共にハッキリと誰とは唄っておらず、黒人がジョー・ルイスにそっくりなので
そう認定され、ならば相手は最大のライバルだろうとシュメリングだとみなされてきたようなんです。

dendou.jpg(参考写真)
以前お見せした「スポーツ殿堂」での展示でもルイス&シュメリングとされていたので
私も信じたんですが、同じ写真を別のサイトでみつけ、それによると「スポーツ専門骨董市」での
販売風景だというじゃないですか! ということは権威あるところが認定してるんじゃなく「売り主の主張」に
過ぎなかったようで、どうにてルイスはそっくりだけど、シュメリングはあまり似てないはずです…。('A`)
そもそもどっちも「オールアメリカン」って書いてある服を着てるんだから、両方アメリカ人と
みなすべきで、1950年はルイスは引退するかしないかという時期だったので選ばれて当然ですが、
白人で凶悪な顔で、ルイスと同等のチャンプ級ボクサーは誰がいるだろうと調べてみたら、

261603_2212888255_134large.jpg
50年頃は『ロッキー』のモデル、ロッキー・マルシアノがチャンプの座を狙いつつある時期で、
翌年ルイスを引退に追い込んだ彼なら相方に相応しいですが、マルシアノの顔はもっと愛嬌があります。  

261603_2212888261_40large.jpg
むしろ、このパペットの目も鼻も唇もブ厚い凶相は、その10年ほど前に引退した
ジャック・デンプシーによく似てます。彼はもちろんあの「デンプシーロール」の発明者で、
それまではカカトに重心を置き棒立ちの間抜けポーズで、相手と距離を置き殴り合ってたのを、
つま先に重心を移して相手に突進し、一気に連打する近代ボクシングの形式に変えた
偉大なボクサーだったので、彼がモデルなら「オールアメリカン」の名にも値するしピッタリです。
試しにデンプシーで検索すると、その名称でルイスとペアにして売ってる業者もいたので
決して珍説ではないようだし、以降、私もこのペアをジョー・ルイス&ジャック・デンプシー
とみなすことにします。

想定より10年後の商品と解ったんですが、それでもジョー・ルイス&ジャック・デンプシーが
確認されている限りで市販品最古のボクシングパペットであることには変わりありません。

実はその最古のボクシングパペットのうち、ルイスの方はebayで2年前に手に入れていたんですよ。
最初に見つけた時は200ドル(約2万4千円)と全く手が出ない値段でしたが、ヲチしてると、
数日で100ドルに下がり、その1月後には75ドルになったんです!\(^o^)/  
まだ下がる可能性もあったけど即決設定なので粘り過ぎは危険だし、
この価格ならなんとか出せるので落札した次第。

こうなると相方も欲しくなるもので、Max Schmelingで登録したけど全く引っかかってきません。
ナチ時代のドイツ人ボクサーなんでアメリカでは無理でしょうが、ドイツでも出物がないので、
やっぱりルイスより現存数少ないのかとあきらめ気分でしたが、「BOXING PUPPET」で
検索してたら、こんな写真で単に「VINTAGE BOXING PUPPET」と題された出物があったんです。

dempsyusiro.jpg
頭の塗装は大幅にハゲてるし、服はなんかシミが付いて汚れてるし、そもそも顔見えねーしで
売る気が全く感じられない出品で、実績もまだ3つ程しかない新米出品者のようです。
フツー、このままスルーだろうけど、私は服の「ALL AMERICAN」のプリントにピーンと来たので、
もしかしてと検索の一覧から実際のページに行くと、ちゃんと顔が見える写真もありました!
dempsymae.jpg
このようにやっぱり狙ってたブツだったけど、なんかコメカミから出血して不気味で、
元々の凶悪な面構えとも相まって呪われそうだからこっちは見せなかったのかなw
ただ20ドルと安かったので、その金額で入れるとそのまま落ちてくれました。
もしかしてJack Dempseyで検索してたらもっと早く見つかったかもしれないけど、(゚ε゚)キニシナイ!!

届いて、よく見ると服のシミは全体に同じ色なんで、カーキ色のバージョンもあったんだと納得。
フラッシュが反射した部分が「殿堂」の服と同じ灰色っぽく写ってたので、
地のカーキ色がシミに見えてただけのようです(苦笑)。
頭髪のハゲは同じ色を調合し塗装、コメカミの血はマジックインクが付いたらしく
完全には取れなかったけど、薄くはなったので(゚ε゚)キニシナイ!!
60年前の子供が、激しい殴り合いを再現しようとして描いちゃったと思えば微笑ましいし。\(^o^)/
しかしこのフィギュアの顔は見れば見るほど味のあるいい造形です。カリカチュアされてるけど、
モデルの特徴をよくとらえ、知っていればすぐ誰だか解るようになってます。
今でこそ認定に戸惑ったけど、新発売時はすぐ誰だか理解されたんじゃないでしょうか?(°∀° )


261603_2212888254_65large.jpg
かくして歴史的ボクシングパペットのペアが、我がWPBに参加してくれたことになりますが
65年間もよく原形を保っていてくれたもんだと感無量です。
ボクシングパペット界のレジェンドとして、大いに活躍してくれること間違いありません!ヽ(`Д´)ノ

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/565-abd20d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)