キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


溶岩が鍛えた大きな力! ヤ\(^o^)/~!
今回はロボット玩具ネタです。BGMはこちらをドゾ~!



ganger main
『アストロガンガー』は日本テレビ系で1972年10月から1973年3月まで、
毎週水曜日に放送されました。 ナック(現ICHI)と宣弘社制作の作品で、
ナックはその直前に『正義を愛する者 月光仮面』を制作していたので作画のイメージが近く、
『月光仮面』の方の第2部に「ジャスティス」という正義の巨大ロボットが出てくるので、
その頃から巨大ロボットを志向していたのかなと思ったら、『ガンガー』の企画段階では
「少年がヘリコプターのような乗り物で巨大ロボットに合体して操縦する」という設定になっていたのが、
具体的な作業に入る段階になって 「メカニックな取り扱いはダメ、ロボットは生きた金属でできた
生き物にしろ、合体もメカ的に行うのではなく少年が宙を飛んで行って溶け込むようにしろ」
というクレームが入って改変を止む無くされたそうです…。
その結果、純粋なロボット物というより、巨大ヒーロー物のような作風になり、

NETUGANGER.jpg
ガンガーは研究所で作り上げられたものじゃなく、豆腐大の生きている金属に
ガンガーの絵を刻んで形を覚えさせ、海底火山の近くに置いてそのエネルギーを
吸収、成長させるという謎プロセスで誕生し、単体でも行動は可能だけど
極めて知能が低く戦闘では負けてしまうために、主人公が光に変身して合体し
頭脳になるという、後の『勇者ライディーン』のフェードイン的展開を見せました。

そして敵は、全員同じ姿で額の数字だけが違うブラスター星人という宇宙人が、
怪獣やロボットに変身して襲ってくるという科学的には説明不能な世界観になり(笑)、
しかも、それだけでは2クール分のエピソードを作れなかったのか
blackfairy.jpg
「太陽の黒点から来た魔女」とかいうさらによく解らない敵が出てきたりもしましたが、
そのブラックフェアリーという魔女が余りに奇怪な姿なんで強く印象に残ってますね(笑)。

ロボット物をファンタジーに変えろというクレームを誰がつけたかは定かではありませんが、
『アストロガンガー』は『マジンガーZ』より2ヶ月も放映開始が早いので、企画段階で
ダイナミックプロからのクレームが入るとは考えにくいから、たぶん日テレ上層部の判断でしょう。
この無理強いは『マッハバロン』の記事で触れた「日テレンシュタイン」の陰謀と似てるので、
ロボット物がよっぽど嫌いな上司が、その頃の日テレにいたんでしょうか?('A`)
『マジンガーZ』より早かっただけじゃなく『アストロガンガー』もいろんな意味で
巨大ロボット作品史に残るべきなのに、その後ずっと冷遇されている点も
バロンシリーズと重なります。('A`)

MAYA.jpg
『ガンガー』のキャラクターデザインに関して考えると、この写真の主人公カンタローとその母マヤ
のように人間に顕著ですが、バタ臭いアメリカっぽい絵柄で、
『マッハGoGoGo』の九里一平の画風にも似てます。
でもタツノコ関係じゃない田中英二という人の担当で、どこかで見覚えがある絵柄だなぁと思ったら、

chargeman.jpg
かのカルトアニメ『チャージマン研!』や

pranse.jpg
『星の王子さま プチ☆フランス』も担当したキャラデザイナーだそうで、
ああ確かに同じ顔だとガテンがいきました(笑)。

『アストロガンガー』は残念ながら2クールで終了してしまいますが、
各エピソードの完成度は高く、今日の目で見ても充分に鑑賞に耐える出来栄えで、
『マジンガーZ』の人気隆盛を横目で見ながらの終了とは全く惜しいことをしたもんで、
オモチャもタカトクからトーキング人形やソフビが出てましたが、販売期間が短かったので
正規品はほとんど幻の逸品と化し、一時期は50万円オーバーとか付いてましたね…。('A`) 
比較的出回ってる無版権30cmソフビでさえ、20~30万円台をキープという、
極めて入手困難なロボット玩具でした。

しかし数年前に「怪獣軒」からワンフェス限定で1万円程度で30cm級のソフビが販売され、
それはすぐに転売ヤーの餌食になりましたが、その後、メディコムトイによって受注生産されたので、
今ではそう高値を出さなくても入手できるようになったのは嬉しい限りです。

ganger 3sides
今回お見せしてるのもメディコムトイ生産分で、この通常カラーの他に、
色味を渋くしたフェイクカラーというのも出たんで、てっきり第10話に出てくる
偽アストロガンガーを再現したのかと思ったら、あれは全身は通常カラーで、
目の下に青い三重の隈取がされている仕様でした。
となると、あのフェイクカラーとは何だったんでしょうか?(笑)

謎は残りつつ、今回はこの辺で…。 ガンッヽ(゚Д)ノ゚ガー

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

昔、勤めていた会社にアストロガンガーそっくりな人がいました。
あと、その会社には「消されたライセンス」のサンチェスそっくりな人もいました。
アストロガンガーにサンチェス、今思えばすごい会社だったなー
【2017/03/28 08:36】 URL | ドラックス #- [ 編集]


>ドラックスさん
いやぁ、それはなかなか貴重な体験をw
私もガンガーに似てる人とサンチェスに似てる人は別々に知ってますが
その両者が一緒ってのはめったにないでしょうねぇw
【2017/03/28 10:49】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/568-e3311533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)