キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄さんのロボット…
今月の2旬目はロボット玩具でいきます。
「古い玩具色々沢山/のらくろ/おまけ玩具/古玩具/ソフビ/昭和レトロ/おもちゃ/ジャンク品」
というタイトルの出品が先日、ヤフオクにありました。
10周年で記事を書いて以来、『のらくろ』を研究中でヲチかけてたんで引っかかったんですが、
そのメインの写真を見て驚きました。
600x400-2017060700138.jpg
「のらくろ」ってのは写真を四等分したら右下の部分にあるブロウ一体成形の
駄玩具のことでしょう。物は悪くないけど、右目のシールが完全にはがれて
失くなってるんで、そんなに欲しくありません。
でも、その上にある青いクルマに目が止まったんですよね。
これって『ガッチャマン』のG2号っぽいじゃないですか!
さらによく見ると、その上に先端部は無いけどゴッドフェニックスもあります。
『ガッチャマン』関係は他にもあって、写真左下の白い大きなブーメランの更に下にある
「黄色い大きな長細いプラモ」はG3号のジャンクでしょうし、
その右上に小さなG4も有りますね(笑)。

次に目に付いたのは右上に写ってるボロットです。このボロットはリメイクアニメ
じゃなくて、昔のオモチャであることは間違いなく、均一に夜行色になってるんで
塗装じゃなくて夜光塗料を樹脂に混ぜて成形してあるように見えます。
たぶん古谷製菓のモノで、銀色成型色のはよく見ますが夜行仕様は初めて見ました。
20cm級の大型で、銀色のは8千円程度で落ちてますが、
夜行仕様なのでさらに珍色価値が付くかも?

他にもボロットの左下に『キャプテンスカーレット』の追跡先頭車の
プラ製玩具もあるし、バンデル星人や黄金バットの駄菓子屋玩具もあるなぁ…。

と全体をツラヅラと見回して、箱入り未組なら30万とか付いてるG3号の
プラモジャンクの破損具合をもう一度良く見ようとその辺りを注視したら、
ふと、中央左端のカメラのオモチャの下あたり、左端に見切れている
両腕の無いロボットに気づきました。あれ、これどっかで見たことあるなぁと
じっくり見て、ガビーン(゚ロ゚ノ)ノ!!
こ、これは、『レッドバロン』のライバルの
飛竜じゃないですかぁ!

飛竜とはレッドバロンと同じく、紅健一郎博士によって作られ、
万国ロボット博覧会に日本代表として展示されるも、鉄面党に強奪され、
健一郎博士にソックリなアンドロイドを操縦席に乗せて襲ってきたため、
最初はレッドバロンは全く反撃できず、片腕をもがれる大被害を被り、
アンドロイドの罠がバレてからは、レッドバロンに抱きついたまま超高熱を発して
操縦者もろとも、レッドバロンを溶かそうとした強敵です。


初期登場ロボットの中では最強の敵なので、人気も高くいくつか商品化されましたが、
今回の写真のブツのシャープなモールドはソフビじゃないプラモデルだし、
G3号や白いブーメランと比較してけっこう大きいから、駄菓子屋パチプラモじゃなくて、
幻のマルイのリモコンじゃないのか? と気づいて心拍数上がりましたよ、ええ(°∀° )

マルイ飛竜箱絵(参考写真)
マルイの飛竜と言えば、『レッドバロン』関係では最難関の激レアアイテム。
箱入り未組だとウン十万、完成品でも3万は下りません。

hiryuu3hennge.jpg
なぜそんなに高騰するのかと言えば、もう金型が無くて再販不能なんですよ。
その過程も複雑で、こちらの比較参考写真を御覧ください。
まず1973年に左端のオリジナルの状態で新発売されましたが、
1980年前後には早くも型が改変されジャガーランダーと改名され、ゼンマイ動力で発売されました。
中央の2体(パーツ差し替えで、ロボット状態とメカアニマル状態になる)がそのジャガーランダーですが、
この時点で、オリジナルとは全く別のロボットとなり、パーツを詳細に見比べていくと
なんとか面影が拾える程度にまで改変されています。
そしてガンプラブームでこれがさらなる改変を受け、右端の「コンバットメカ ウォーカースーツ05タイプ」
というザクもどきに成り果ててしまって、ここまで来たら、もう全く面影はありませんね…('A`)

今回のブツは両腕が無いのでコレクターは敬遠しそうだけど、
ワタシ的には欠品パーツは作れそうなのでむしろ好都合。
そもそも何の説明もなく「のらくろ」の中にチョロっと混じってるので、
レッドバロンコレクターでも飛竜の全身像を記憶してる程の
コアな人じゃないと気づかないかも?(°∀° )

ということでヲチ入れて終わりを待ったら、終了間際でも1800円で止まってます。
これはもしかしてと参戦し、まず3千円入れたら、さすがに更新されました。
でもめげません。実はそのちょっと前に、粘ったけど2万を超えて
敗退したブツがあったんで予算が残ってたんですよ!(゚∀゚)アヒャ
つうことで、30分ほど張り合った結果、見事に6810円で落札。
税金と送料を加えると約8千円の出費となりました。

無事に落札できたとは言え、そんなに値段が上がらなかったので取り消されたり、
途中で無くなって届かないこともなくはないので、
数日ワクワクハラハラしながら待ったら、無事に到着。
手元でよく見ると、素組ではなくて、ムラだらけだけど全身塗装されてました。
たぶん当時勝った子供が一所懸命に塗ったんだろうなぁ…。
違った色を塗ってる箇所も多々あるけど、頑張ってますよ! (°∀° )

飛竜メイン
それはそれで味があるんだけど、幻のプラモデルなんで残念ながら再塗装決定。
ということで腕をスチレンボードでスクラッチビルドし、再塗装したのがこちら!
両手先の握りこぶしは感じを出すためにレッドバロンのを
おゆまるで型取りし、石粉粘土で作りました。
ひざの星形模様は頑張った元の持ち主に敬意を表し、そのまま利用してます(笑)。

飛竜3sides
ああ、放送中の1973年に学校帰りにいつも立ち寄ってたおもちゃ屋で
同じくマルイのレッドバロンと並んで積まれていたこのキット。
レッドバロンだけは即買いしたけど、小学生のお小遣いではそれが精一杯で
いつの間にか誰かに買われていったこのキットを44年ぶりにやっと手に入れ
レッドバロンと並べることが出来て感無量です。

飛竜RD
では最期にペアで出たレッドバロンとの2ショットを御覧下さい。
ひょっとしてNET初公開かも?(°∀° )
両腕が自作パーツなのはキニ(゚ε゚)シナイ

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

コンバットメカ・ウォーカースーツだけ、僅かに記憶がありますが、
そんなに由緒正しい特撮モノがルーツだったとわ!

良いお買い物をされましたね。
ほかのブツの御紹介も心待ちにしております!
【2017/07/26 02:52】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>ねこざかなさん
ありがとうございました。
まさに十年に一回レベルの奇跡でした(笑)。

ああ、ザクもどき御存知でしたか!
もちろん、ガンダムもどきもあって、
そっちはレッドバロンがナレノハテってます( TДT)

残りのメンツ、おいおい紹介の予定です。

【2017/07/26 09:12】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/577-0b37e70f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。