キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


バットウェポンのダイナミックデュオ
batboatmain.jpg

今日の御題もバットマンで、バットマンにロビンがいるが如くの、
バットモービルの相方である海のバットウェポン、バットボートです。
このバットボートはTVのアダム・ウエスト版の大好評により製作された
ほぼ同じキャスト・スタッフによる1966年の映画、今日では他の作品との混同を防ぐため、
『バットマン オリジナル・ムービー』と呼ばれる作品で初登場し、
以降のTVシリーズにもそのまま流用されました。


orizinalmovie.jpg

この映画版ではTVシリ-ズの常連の敵、ジョーカー、ペンギン、キャットウーマン、ナゾ(リド)ラーが
総登場し、一致団結してバットマンとロビンのダイナミック・デュオに挑戦するという、
いかにも映画版にふさわしい豪華さでした。


BatmanVillians.jpg

原作やTVシリーズではそれぞれバットマンの強敵としておなじみのこの4人ですが、
総登場するエピソードはそれまでは予算的にも放送時間的にも無かったので、
この豪華な顔ぶれは『バットマン オリジナル・ムービー』で初めて実現したことになり、
後のワーナー版でも再現されていません。


batboat3sides.jpg

今回お見せしているこのミニカーはコーギーのバットボートの初版ですが、
本体は初版、キャリーは2版というちょっと変わった取り合わせです。

というのもこのバットボートにもいろんなバージョンがあって、
大きく分けて、サイドのシールがオリジナル通りの炎のようなパターンで、
垂直尾翼もちゃんと黒と白と赤に塗り分けてある初版と、

BatmobileBoat2.jpg

こちらのセットに含まれているような、シールが赤地に黄色い点線のパターンで、
垂直尾翼も赤一色という、全体的に雑な2版があり、
それぞれに単品売りとかセット売りで実に多彩なバリエーションがあるので、
なかなか全貌がつかみにくいのです。

私は最初、バットモービル3版と、2版のバットボート&キャリーのセットを
それぞれ単品で手に入れ、その後、どちらも初版を手に入れることができたんですが、
バットボートは本当の初版で、キャリー無し、キャリーにはめ込む下の穴も無いモノでした。
三面図の中央の写真で、キャリー下部の凸部がはっきり見えるのはそのせいで、
本来はボートに開いている穴にこの部分がはまりこんで固定される仕組みです。
下に穴開ければいいんだけど、さすがに初版のミント品にそんなオイタをする勇気はありません(笑)。


batandoriginal.jpg

あまりにバットモービルとデザインの共通性があるため、このバットボートを製作したのも
モービルと同じ、ジョージ・バリスだと思われてきたようですが、
熱心なファンの調べにより、有名なレジャーボートのメーカーである
グラストロン社のスタッフによって作られたことが判明したそうです。
上の写真を御覧下さい、左がバットボートで、右はそのベースとなったと思しき、
グラストロン社のV-174型ボートのスーパースポーツバージョンです。
こうやって並べてみると、オリジナルの下半分はそのままに、
上半分の意匠をバットモービルと近いイメージに改造しているのが解りますね。


このコーギーのバットモービルとバットボートのセットは、
当時の子供たちの憧れでしたが、時代が下った70年代後半にも発売されていた
2版以降の品の組み合わせならまだしも、初版の時代ともなると、
当時、両方で二千円近くしたそれを買ってもらえたのは
極一部の裕福な家庭の子供だけだったことでしょう…。
私もこれが揃ったのはようやく20代中盤になってからでした……。

ではその憧れの的の、初版のバットモービルとボートのセットを最後に御覧下さい!
サイズが大きいのでクリックしてどうぞ…。
cogibatmobileboat1st.jpg


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

すごいすごーい、、

実はバットボート、、大好きなのですが、その素性については、ぜんぜん知らなかったのです、、映画版のバットマンのLDにも散々登場しますが、、ぜんぜん知りませんでした、、
コーギーのモデルはいろいろなバリエーションがありますので、ほんとキリがないですねぇ、、

今回は、大変勉強になりました、、なんか嬉しいでつ、、ではでは、、
【2007/07/16 23:36】 URL | 覆面えるさん #- [ 編集]


>のーまるえるさんさん(w
バットボートのオリジンは私も今回調べて初めて知りました。
映画用に作られたってことまでは知ってたんですが、メーカー直々の改造品とは、
当時のアメリカでのバットマン人気のなせる技でしょうね~。
これも今でも健在で、アメリカのあちこちのイベントで展示されてるみたいですよ…。
【2007/07/17 00:07】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


バットボートのルーツ、ご教授ありがとうございます!
上半分の改造で、かなり雰囲気が変わるものですね~。いい仕事してますね。

それにしても、まだ健在とは・・・さすがバットマンとゆーべきか。
使い回しの上、廃棄や爆破されちゃった本邦特撮車たちを思うと、感慨もひとしおです。
【2007/07/17 05:19】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>ねこざかなさん
バットボートはほんと少しの改造で雰囲気変わるもんだと、感心しました。
元のボートも、もし今あったらカッコイイだろうなぁ!

向こうはこういうプロップを昔から大事にしますからね~。
撮影終わったら売りに出して、その後は買った人が大事に保管するんで、
現存率高いみたいですよ。
ボロボロになった状態で放置されてる場合もタマにはあるけど、
それもそういう状態であることが公になったら、ほとんど引き取り手が現れて
レストアされるようだし…。

日本は一昔前までは、東映では撮影所の敷地内の草むらに放置し、
数がたまると、その場で粉砕してたみたいですよ…。
私は戦隊物のバイクが多数とメタルダーのサイドファントムが放置されてるの見たし、
友人はジャングラーからカウルが外されて、コナゴナに粉砕される現場に通りがかって
涙をのんだそうです………。
【2007/07/17 13:26】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/60-833bc3d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)