キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


帝国軍人の意地の塊
gouten.jpg

今日の御題は1963年の映画『海底軍艦』に登場した轟天です。
押川春浪が1900年に書いた小説が原作ですが、脚色というよりは、大胆すぎる翻案で
全く別のストーリーを展開する映画で、轟天も実は原作には出てきません。
原作にも電光艇というスーパーメカは登場しますが、「海底」軍艦という名の通り、潜水艦で、
先端に突起物があってそれを武器にする点は同じですが、全長40m程の船でした(轟天は150m)。
当時のことですから潜水艦はやっと実用が始まったばかりで、奇しくも同1900年に
「ホーランド」という潜水艦がアメリカ海軍に採用されていますが、
押川がこれを知っていたかどうかは微妙で、電光艇が「三尖衝角」という名の
ドリルと同等の働きをする突起物を装備しているあたりから考えても、
むしろヴェルヌの『海底2万哩』あたりにインスパイアされたんじゃないでしょうか?


gouten3sides.jpg

今回お見せしているのはオオタキのプラモデルです。全長約25cmと、ほどいい大きさの
この模型の初版は、映画公開と同時期発売の由緒あるキットで、上映後数年で改修され、
「パロン」というオオタキのオリジナル潜水艦として発売されていたそうなんですが、
あいにく私はそのパロンすら見たことがありませんでした。
1970年前後のTV放映で初めて『海底軍艦』を観て大興奮した私は、
なんとかこの轟天のの模型を手にしようと、普通の潜水艦のキットと、
ドリルの付いたメカを合体させて作ろうと考えたこともありましたが、
当時の技術では実現不可能で、机上のプランに終わりました(笑)。


goutenhakoe.jpg

このオオタキのキットをやっと手に出来たのは1980年代後半の話で、
朝日ソノラマの『宇宙船』の働きかけで、こういう昔のSFプラモが脚光を浴びるようになり、
イマイやバンダイはかつてのキットを再販し出したんですが、なんと、
オオタキまでがその動きに乗ってこの「海底軍艦」を再販してくれたのです。
上がその時の箱絵で、轟天をデザインした小松崎茂画伯の迫力あるイラストが使われました。

ちなみにこのキットの初版のイラストを描いたのは池松という画家の方で、
実は私その初版を一度所有したことがあるんですが、とあるモデラーに
「複製するから貸してくれ」と頼まれ、その人を信用して渡したところ、
それっきりになってしまったという苦い思い出があります…。
それだけにこの再販が出たときは「やっと作れるなぁ」と感慨深いものがありました(笑)。


fuzimihakoe.jpg

轟天は人気メカなので、今日までに大手メーカーもガレージキットメーカーも
数多くの商品を発売しています。プラモで言えば、近年出たフジミ製のキットが、
金属製のドリルや、ドッグ、マンダ等の各種オプションパーツも豊富で、
決定版的存在かもしれません。

しかし、個人的感覚で言えば、初期図面を参考にしたと思われるため形も正確じゃないし、
ドリルも回らないオオタキのキットが、やはりあの頃の興奮を一番伝えてくれる名キットなのです。
だから今回お見せしている作例も素組で、色を塗っただけにしてあります。
窓の先端部が側面の傾斜に沿わずにまっすぐ続いているあたりを
修正しようかとも思ったんですが、オオタキのこのキットの味として
敢えて、そのままにしました。
帝国軍人の意地の塊であるこの海底軍艦には、
そういう意地っ張りもふさわしくはないでしょうか?(笑)


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

これも懐かしいキットです。フィギュアとして再発されていますが、元々はゴム動力で遊べるものでした。
記憶が曖昧ですが、お尻のジェット吹き出し口?のところがただの穴になっていて、中にスクリューがあったような・・・
パーツが上下に分かれた艦体はネジ止めだったような・・・・(ちょっと自信がありません)
【2007/07/27 21:36】 URL | Aquirax #mQop/nM. [ 編集]


>Aquiraxさん
またまた貴重な証言をありがとうございます。
そうですか、初版はそういう方式でゴム動力で動いてたんですね~。
なにせ、私、初版は東京のショップで買って、帰りに立ち寄った大阪の某所で、
その某氏に渡してしまったもので、中身をじっくりと見る暇すら無かったんですよ……_| ̄|○
あのキット、今頃どうなってるのかなぁ………。
【2007/07/28 02:07】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]

ドリル萌え
轟天は小松崎画伯のデザインだったのですね!
この艦の肝は、やっぱドリルかな。ドリルがぁ、ドリルがぁぁぁ、はぁはぁ・・・・・・失礼(汗)

オオタキの復刻は私ももってます。けっこう数が出たのか、割と入手容易でした♪
初版をめぐるトラブル、ほんと厭な出来事ですね。。。
【2007/07/28 05:48】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>ドリル萌えざかなさん(w

ビミョーな三尖衝角(モリやキリの穂先みたいなもの?)から
完全なドリルにしたところがさすが小松崎先生です。
たぶん、日本の実写SFメカでは初じゃないですか?

オオタキのは売れ行きは良くなかったそうなんですが、
そのおかげで今でも入手はそんなに難しくないですよね。
メーカーに感謝、と言いたいけど確か潰れちゃってますよねぇ……。
やっぱ応えたのかなぁ……。

初版の件はいい社会勉強になりましたよ。
【2007/07/28 16:15】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


>>複製するから貸してくれ、、それアタシでつ(大嘘)、、、でも、モデラーの風下にも置けないヤツですなぁ、、、

で、この映画、大好きで、何度も見直しましたよ、、豪華キャストで当時の力の入れようがわかります、、昔の俳優さんは、みなさん帝国海軍の制服が良く似合います、、
あと、冒頭で、初代プリンススカイラインのハイヤーが、岸壁から海に飛び込むシーンで、このハイヤーのナンバープレートが黄色なのです、、
営業ナンバーが黄色地から緑地に変更されたのが、昭和37年4月からでして、、さすがに新車は使ってないな、、っと、、

ではでは、、
【2007/07/29 05:33】 URL | 覆面えるさん #- [ 編集]


>覆面えるさんさん

>このハイヤーのナンバープレートが黄色なのです、、
あのシーンはおねいちゃんのビキニしか目が逝かないものでつが、
ナンバーを見てらっしゃったとはサスガでつ! 
いつかぜひ、あのシーン再現してくださいまし。

もちろん、おねいちゃん付きで(爆)



【2007/07/29 19:03】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/66-aad377f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)