キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和の歌声、聞かせてくれる……
koredermain.jpg

先日亡くなられた作詞家阿久悠さんを偲ぶ意味も込めて、
今日の御題は『スーパーロボット マッハバロン』登場のマッハトリガーにします。
『マッハバロン』は1974年に放映されたロボット特撮もので、
『レッドバロン』『マッハバロン』『ガンバロン』の3つを「バロンシリーズ」と呼ぶこともあります。
お話にも放映時期にも直接のつながりはありませんが、第二期ウルトラシリーズ時に
円谷プロの人員整理で解雇されたベテランが集まり作られた会社である日本現代企画、
および、その残党である創英舎が制作に関わっているところに、シリーズとしての
連続性をみることができるでしょう。そして後にアニメ版『レッドバロン』が創られたのは、
原案に参加した野口竜つながりの企画だったのでしょうか?

mbgasatu.jpg

当時、見ていた印象で言うと、ズングリムックリだったレッドバロンに比べて、
マッハバロンはスマートでシャープなイメージが強かったですが、
スーツが高下駄式だったみたいで動きがかなり制限された感じで、
全体としては一長一短でしたかねぇ…。


mbpuramohakoe.jpg

この作品、マーチャン的には大成功だったようで、ウィキペディアによれば
アオシマから発売されたプラモは1975年度に最も売れたプラモデルだったそうです。
たしかにアオシマお得意の、5~6個集めて大きなマッハバロンと基地を構成するプラモデルは
友達が持ってたのをうらやましく思ってた憶えがありますね。
でも私が当時買えたのはイマイ製の確か50円の小さいプラモでした。
『レッドバロン』の時はマルイ製のリモコンのプラモを買ったので、たぶんこの時も
同等のが出るのを待ってて、50円のはガマン出来ずに買っちゃったんですね(笑)。
上の写真のイマイの当時200円だかのキットは、大きさはマルイのとほぼ同じらしいと
後になって知ったんですが、動かないキットだったのでスルーしてました。
マッハバロンのプラモはバンダイからも出ていたんで、版権管理がどうなってたのかが
ちょっと気になるところですが、たぶん独占契約を結ぶほどのヒットは当初誰も予期せずに、
アオシマの大ヒットを見て、他のメーカーも後から参入したって感じだったんでしょうか?(笑)


koreder3sides.jpg

このミニカーはポピニカで、後ろのウィングまで入れても約9センチ6ミリと
当時のポピニカにしては小ぶりですが、これは巨大な主翼が付いてるせいですかね…。
車種的には初代のフェアレディZの改造で、フロントはより大きなカーブが付けてありますが、
リアビューなんかそのまんまです(笑)。

arasidayo.jpg

主翼の折り畳みの他は、フロントのバンパーの突出部を押すと、
四角いケース(?)に入ったパイロットが飛び出すというギミック付きですが、
これが劇中の仕掛けを仕掛けを再現したものなのか、
コーギーのアストンマーチンDB5の影響によるものなのかは、
記憶がもはや曖昧なので解りません(笑)。


epjake.jpg

さて、話を歌に向けますと、あのギンギンのサイケデリックなオープニング、
それから静かで美しいバラードのエンディング共に、
作詞は阿久悠さんで、作曲は井上大輔(井上忠夫名義)さんです。
期せずして、どちらも故人のコンビなってしまったのは残念です……。
歌唱を担当したすぎうらよしひろさんは情報があまり無い人なんですが、
『ガンバの冒険』のエンディング「冒険者たちのバラード」や、
それから杉浦芳博名義で『行け! 牛若小太郎』の歌2曲を吹き込み、
それからノラというフォークグループの持ち歌の作者にもこの名前が見受けられるので、
元はフォーク畑の人だったのかも知れません…。


阿久悠さんも井上大輔さんも、アニメや特撮主題歌の世界だけでなく
歌謡曲の世界でも活躍されたアーチストでした。
オープニングのグラムロックテイストを取り入れたというハイテンションさも、
エンディングの祈るような安らぎも、単なるアニソンを超えたすばらしさを持っているのは
厳しいヒットチャートの世界を生き抜いてきた経験のなせる技なんだと思います。

お二人とも、どうか安らかに、眠れ、眠れ、……。
きっと誰もが、丸く囲んでお二人の歌を口ずさみ、
平和の歌声を聞かせてくれることでしょう…。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

番組は見てない(見られなかった)ので、マッハトリガーのことだけ・・・。
うちにこのポピニカの羽根と人のないのがありますが、
そうなると最早、出来のよくないフェアレディのミニカーにしか見えません(苦笑)
次から次へとミント品を見せてくださるFZIROさんに感謝♪
【2007/08/04 03:21】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>ねこざかなさん
こちらこそ、いつもコメントありがとうございます。m(_ _)m

そうそう、これ、主翼外そうと思えば外れるんですよね~。
でも外しちゃうと屋根に大穴開きっぱなしだから、
出来損ないのタルガトップみたいにしか見えないですよね~(笑)。

劇中この車は、マッハバロンの足に収納されて、
そこからパイロットはボディの操縦席に上がっていくはずだから、
きっとこの四角いケースみたいのは一種のエレベーターなんでしょうねぇ…。

【2007/08/04 04:24】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


うーむ。相変わらずイイモノお持ちですね♪
私はキャラモノが大好物なんですが、
特にマッハトリガーの様に、ロボと密接な関係にあるマシンは外せませんねv-10
ダイモスのトライパー、ダイターンのマッハアタッカーetc...
古くてもイイモノはイイですなーv-237
【2007/08/04 12:58】 URL | トモブー #- [ 編集]


今だ 出撃 マッハバロ~ン♪ スパーロボット マッハバロ~ン♪・・・・
♪・・マッハコレドワァー、ぶっぱなせぇー、、きたぞぉララーシュタインのロボット軍団っ、、
頼むぅ 頼むぅ 頼むぅ マッハバロン~♪ (^^)

血管、切れそう、、、
【2007/08/04 13:06】 URL | 覆面えるさん #- [ 編集]


> トモブー さん
コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、イイモノは時代を超えた魅力があると思います。
ロボのコックピット系のミニカーは他にも持ってますから、
またそのうちお目に掛けることができると思いますよ。
どうかよろしくお願いします。
【2007/08/04 15:58】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


>血管切れ仮面さん(w
ウチらの仲間内ではカラオケにチョンボで遅れてきたら、
「マッハバロン3連チャンの刑」に処すことが決まってまつ(w
明日は久しぶりに行くことになりそうだから、さぁ誰かその運命が待ってるかな?(爆


でも、歌ってるすぎうらよしひろさんて、
ララーシュタインみたいな髪型なパンクjな兄ちゃんだと思ってたら、
どうもフォークの人みたいなんで意外でした(笑)
【2007/08/04 16:02】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/69-35a2126e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。