キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


なぜか不遇の傑作メカ
mightymain.jpg

今日の御題は『マイティジャック』登場の万能戦艦マイティ(MJ)号です。
これを潜水艦のジャンルに入れていいかどうかは迷うところですが、
轟天も入れているので、とりあえずここに(笑)。

『マイティジャック』と言えば、『サンダーバード』のメカ描写に仰天した円谷プロが、
それを超えるメカSFを目指して制作した作品です。
東宝映画での実績や「ウルトラシリーズ」の驚異的視聴率でTV界からも注目されていた
円谷作品だけに、昭和43年に日本TV界初の本格SFドラマとして、
フジテレビから土曜夜8時という最高のゴールデンタイムに放送されましたが、
視聴率が伸び悩み1クールで打ち切られてしまい、
複雑な設定を整理して怪獣も登場する子供向けに手直しした
『戦え! マイティジャック』として夜7時から再スタートを切るもそちらも2クールで終了と、
決して成功したと呼べる作品ではありませんでした。

マーチャン的にはイマイからプラモ、バンダイから完成品玩具が発売され、
『サンダーバード』に続く作品として大いに期待されていましたが、こちらも不振を極め、
『キャプテンスカーレット』の打撃等もあったイマイは、やがて倒産という事態に陥ってしまいます。


musasabi.jpg

これは放送当時にバンダイから発売されていたフライングスカイラルのオモチャです。
商品名が日本語訳の「ムササビ」となっているのは微笑ましいですが、
ひょっとしたら劇中もこう呼ばれていたのかも知れません。
私は本放送当時の実際の放送を見た記憶はほとんど無いんですが、
なぜか当時、このオモチャは持ってました。
実はこのメカって、敵方の、しかもたぶん1度しか登場しないゲストメカです。
当時でこういうものを単品発売したバンダイもすごいですが、
それを欲しがった子供時代の私も相当なものです(笑)。
もっとも他にマイティ号の50円のミニプラモを持っていたので、
ちゃんと敵と認識して欲しがったのかも知れません。


mjdock.jpg

『マイティジャック』のメカデザインを担当していたのは成田亨さんで、
単体メカはもちろん、このドックの全体の美術に至るまで、
彼特有のクールでシャープな感覚で統一されているのがよく解ります。

atago.jpg

独特な形状のマイティ号の艦橋ですが、旧日本軍の重巡洋艦である愛宕を
モデルにしているという説があります。上がその愛宕の写真ですが、
確かにイメージ的に近いものがありますね…。どこかで成田さんがそのあたりのことを
寄稿もしくはインタビューされている記事を読んだ記憶があるのですが、
今回は発見できなかったのは残念です。


mj3sides.jpg

お見せしているモノはイマイのプラモデルです。イマイから出された複数のマイティ号のウチの
全長34cm5mmのタイプで、水物でない、電動走行のプラモとして開発されたキットです。
私がこれを入手したのは1980年頃のことで、当時、往年のキャラものの再販をボチボチ始めていた
イマイがいきなり出してきた小松崎箱絵のバージョンで、当時1000円でした。

komatuzakihakoe.jpg

当時は今ほど情報が発達してなかったので、行きつけの模型屋で、
いきなりこの箱を見つけたときは大きな衝撃が走りましたよ(笑)。
後の再販ではイマイのマイティジャックシリーズは別の箱絵に変わりますが、
この時の小松崎箱はたぶん初版と同じなんじゃないかと思います。
マイティ号の色って、ドックの中の写真でお解りのように、実は軍艦色なんですが、
この箱絵と昔持っていたミニプラモの印象が強いので、作例はブルー系の色に塗ってあります。



konamihakoe.jpg

そのイマイも2002年に「倒産」してしまい、マイティジャック関連のアイテムを手にすることは
二度とないだろうと思っていましたが、なんと2004年にコナミが食玩として出してくれました。
これがパッケージ画像で、シンプルながらもセンスのいいデザインに期待は高まり、

konamilineup.jpg

このラインナップ一覧を見て、MJ側とQ側のメカが半々なのは納得でしたが、どちらも中途半端だし、
「マイティ号の敵として1台だけ出すならホエールじゃなくてジャンボだろう」と
失望も若干含んだ複雑な思いで発売を待ちました。きっと第二弾でラインナップ充足が
なされるだろうと期待し、売り上げに貢献するつもりで買う気マンマンだったんですが、
とうとう、近所のコンビニでは見かけないままに終わりました。

やはり、『マイティジャック』という作品はトコトン商売的には不遇なんでしょうか?
作品自体はともかくも、メカの魅力はかなりの傑作だと思うんですけどねぇ…。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

どもども、、

アタシが当時買った電動は、1985年ごろの再販で買ったハズなので、キット新しいパッケージなのですねー、、

再販とはいえ、このパッケージだけでも、かなり貴重品だと思います、、

で、ムササビなんですけど、たった一度の敵役ゲストメカだったのですねー、、どうりで記憶にないハズです、、
だいだい、マイティジャック自体、そんなに多くのメカが出ているわけではないし、、

玩具メーカー泣かせですね、、コナミも苦労したわりに売れなかっただろうと、、

ではでは、、
【2007/08/07 11:15】 URL | 覆面えるさん #- [ 編集]


>えるさんさん
これ以降の再販は宇宙をマイティジャックのメカたちが飛んでるイラストに変わりましたよね。
ビッグとかミニと一緒に再販したから、同じパケで揃えたかったのかもしれません。

フライングスカイラルは確か3話あたりの敵メカで、ほぼ同型の大型のレイブンつう奴の
艦載機です。なぜか昔から商品化されるのは小さい方ばかりだという(笑)。
【2007/08/07 12:20】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


マイティジャック・・・メカが格好いいと昔から思ってたけど、映像は未見だったり(爆)
愛宕がモデルとは!う~む、イワレテミレバ。ご教授感謝します♪
【2007/08/09 04:03】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>ねこざかなさん
今のとこ、証拠がみつかってないんで通説ですけどね~。
ファンコレのマイティジャックに何か記事があったと思うんだけど、
今見つからないんですよ~。
でも艦橋のシルエットは似てるでしょ?
【2007/08/09 04:39】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/70-b3de1681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)