キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビンに詰まった色とりどりのガムたち… 1個目は青い蛇
cobramain.jpg

今日の御題は映画『激走!5000キロ』で、スーパーカーブーム初期の1976年に公開され、
今でこそ「スーパーカー映画」と認識されているかも知れませんが、当時は違いました。
と言うのも、この映画に出てくる車たちの主だったところはいずれも高性能であることに
間違いありませんが、スーパーカーには分類されていない車だったからです。
シュルビー・コブラやカマロはアメ車なので失格、ジャガーEタイプやメルセデス・ベンツ300SLは
古すぎてダメ、フェラーリ・デイトナ、ポルシェ911、シボレー・コルベット・スティングレイは
なんとかスーパーカーの範疇に入りますが、人気があるのはポルシェのみというのが
当時の一般的なスーパーカー小僧の認識でしょう。
やはり人気はカウンタック、ミウラ、イオタ、BB、930ターボ、ボーラ、パンテーラあたりの
『サーキットの狼』に出てくる車たちであり、この映画の車たちはちょっとシブかったのです(笑)。



tirasi.jpg

上がこの映画のチラシですが、当時、私はこのチラシを手に入れて公開を知り、
見に行こうかどうか迷ったんですが、車のメンツが今イチだったので結局行きませんでした…。
まだ中坊だったんで、映画を見に行くには原則として親同伴でないとダメで、
その禁を破る危ない橋を渡る程には見たくなかったんですね(笑)。
改めてチラシの煽り文句を見ても「スーパーカー」という言葉は使われておらず、
この映画の公開がスーパーカーブームとは無関係だったことが解ります。


当時はスーパーカーかスーパーカーでないかの境界線って、ホント厳格に引かれてましたよね。
「スーパーカー」という概念が捏造されたものであったからこそなおさら、
本当は存在しない境界線を厳しく設定していたのかも知れません(笑)。
中坊だった私から「非スーパーカー映画」の烙印を押されたこの映画ですが、
その後TV放映で鑑賞した結果、今ならばもう大喜びで「スーパーカー映画」と認定し、
その上に「最高の」と付けることすらやぶさかではありません。
車たち以外には大したスターも出さず、主要な車にはちゃんと見せ場を作っているこの映画は、
たぶんこの成功をにらんで作られた豪華絢爛な『キャノンボール』シリーズより
よっぽど正しい「スーパーカー映画」だと思います。
日本でも1977年になって本家本元の『サーキットの狼』の実写版映画が作られましたが、
あいにく受験で見に行けなかったし、その後も機会が無くて直接比較できないのが残念です…。


さてこの『激走!5000キロ』に登場する数々の車のうち、当ブログでは
シェルビー・コブラ、フェラーリ・デイトナ、ポルシェ911、ジャガーEタイプ、
コルベット・スティングレイ、ベンツ300SLを取り上げる予定ですが、
まず今日は主役のシェルビー・コブラから。


shelby.jpg

コブラはアストンマーチンのワークスドライバーとしてルマンを制覇する等、
レースで活躍するも心臓の病でリタイヤしたキャロル・シェルビーが
「アメリカ製の車でルマンを征する」という目標を掲げ1961年に開発した車です。
しかし実行の段階で当時のアメリカ製シャーシの未成熟ぶりを思い知らされ、
夢の実現が難しいと判断した結果、イギリス・AC製シャーシのフロントに
フォードの大排気量V8エンジンを搭載し後輪駆動する、という構成になりました。
この車は名前通りのコブラがカマ首をもたげたようなマスクと丸っこいボディラインが特徴的で、
ロードゴーイングカーとして市販もされましたが、性能的には完全にレーシングカーで、
特に7リッターエンジン搭載の427モデルは標準仕様でゼロヨン12.2秒の圧倒的加速を誇りました。
レースでも活躍した圧倒的なパワーは高い人気を集め、オリジナル車の生産中止後も
他社によるレプリカや、ついにはシェルビー自らが再生産したモデルまで登場し、
最近でもコブラ・コンセプトとして、そのエッセンスを生かしたプロトタイプ車が開発された程です。

私はこの車に乗ったことはありませんが、ある撮影でお邪魔したアメリカンカフェの
看板としてディスプレイされているのを見たことがあります。
さすがにレプリカのエンジンレスモデルだったと思いますが、それでもド迫力でした。



cobra3sides.jpg

お見せしているミニカーはイタリア製のBOXというメーカーのモノ。
今から20年ほど前にミニカー屋巡りをしていて見つけました。
タルガフローリオ64年モデルということなので、この赤い横のラインと146というゼッケンは
そのレース時の仕様なんでしょう。1/43スケールで全長約9cmです。


cobra.jpg

映画に登場するのはその最強の427モデル。このミニカーよりはもう少し濃いブルーで、
ラインもゼッケンも無いノーマルな外見なんですが、
このミニカーはミントなコンディションで、その仕様にリペすることはさすがにはばかられたので、
ノーマルなこのままの状態で御勘弁下さい(笑)。


banon.jpg

映画でこの車を運転するのは菓子メーカー社長バノンで、退屈な日々の憂さ晴らしに
東はニューヨークから西はロサンゼルスまでの5000キロの、大陸横断レースを開催する訳です。
出てくる車たちとドライバーが、バリバリの走り屋ってよりは熟年のお遊び的な感じがするのは
そのためでしょうね。実際にこの種のレースはアメリカで行われてるそうですが、
事故もガンガン起こるもっとカゲキなものになってきているようです…。


映画のコブラの写真で、上のチラシの図版と実際の劇中車では
色が全く違うことにお気づきと思いますが、
残念なことに、一個目のガムはそろそろ味が無くなってきたようなので、
それはまた次回、改めて味わってもらうことにイタしましょう…。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

ども、、この映画、、だいぶ後でテレビで見ました、、
ジャッキーチェンのキャノンボールを先に見てしまったものだから、、なんか違和感があったのを覚えています、、本当は、この映画をみて、キャノンボールを見るべきでつねー、、邦題は、激走!5000キロですが、、英題はThe Gumball Rally ですし、、

コブラは横浜在住時代によく目撃しました、、たぶんすべてレプリカでしょうが、爆音だけでは判別不可能でちた、、

【2007/09/05 02:52】 URL | 覆面えるさん #- [ 編集]


なんかこの種の映画はあちらの定番みたいで、
前年の1975年にもデヴィッド・キャラダイン主演の『激走!キャノンボール』ってのが公開されてます。

こういうパクリ映画によくある傾向で、だんだん大げさにバカバカしくなっていくんでしょうね。
そのゴージャスな頂点が『キャノンボール』で、どっちがいいかは、もちろん観る人の好みですが(笑)。

横浜のどっかにもコブラ(のボディ)を看板にしている飲み屋があったと思いますよ。
レプリカといってもフェラーリとかのそれと違ってエンジンはチューンはしてなくても
フォードのを積んでるだろうから、本物のそれを聞き込んでないと判別不能でしょうね(笑)。
【2007/09/05 03:05】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


お~、これはまた大型企画が始まりましたね。
実車に詳しくないので勉強になりまつ。
激走!5000キロ・・・近くのレンタル店になかった(涙)
廉価DVDで出てないかな~。
【2007/09/06 06:12】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>ねこざかなさん
タマには普通のミニカーブログみたいなことやろうと思って、
私も勉強しながら書いてますので、どうかしばらくおつきあい下さい!
なにせ、コブラを作った人をその名前からこれまで女性だろうと思ってましたから(爆)。
でもさ~、キャロルで男ってどんだけ~~!(w

『激走!5000キロ』、実はメチャクチャ視聴困難なんですわ。
ヤフオクにいくつか出てますが、VHSは中古で1万超え、
日本版DVDは無し、という状態で、一番手軽に見れるのが、
なぜか『キャノンボール2』と2本一緒に収録されたアメリカ版DVDです。

その扱いからしても、権利はそう高くないと思うから、
『ワイルドスピード』パチのクズみたいな車映画出すくらいなら
こっちを出して欲しいものですよ……。

【2007/09/06 10:41】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]

劇中のミニカー
小学生時代でしょうか、
TBS系「月曜ロードショー」で観た覚えがあります。
近年、テレ東の「午後ロー」でもOAされたような気がしました。

本編の大筋も忘れてしまいましたが、
初頭のあたりで、
ベットで男が女の裸体にミニカーを走らせイチャついてたよなシーンだけ、
なんでか記憶にあります。(笑)
【2008/01/18 19:25】 URL | TMJM #- [ 編集]


>TMJMさん
そうそう、吹き替え版は昔よくTVでやってましたよね。
そのミニカーのシーンは憶えてませんでしたが、
たぶん、デイトナのドライバーのイタリア人ですかねぇ?
そのミニカーが何なのか確かめるためにも、国内版DVDが発売されないかなぁ(笑)。
【2008/01/18 20:44】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


吹き替え版で観たい、
そういった所からも、
コレクターズエディションを国内版で観たいソフトは沢山ありますよね。

ミニカーの主は誰だったのか…、
微かに青いミニカーだった気がしてます、
菓子メーカー社長なのか、
コブラかデイトナのどちらかのドライバーなのか…。
近頃は突如として、
ご無沙汰な旧作、珍作がリリースされますから、
日の目を見るのも有り得そうかもですね。
【2008/01/18 21:42】 URL | TMJM #- [ 編集]


>TMJM さん
青かったですか~、じゃ車はコブラかなって気はするけど、
キャラ的にはデイトナのドライバーのイタリアの色オトコっぽい感じですねぇ。
彼には確かオタノシミのシーンあったような記憶があるし。
ひょっとしてそうやってコブラを「手玉にとってた」のかも知れませんね?(笑)

吹き替え版付きの国内DVD、出て欲しいです。
【2008/01/18 21:56】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


あ~、ミニカーの色、怪しくなってきましたが(笑)
デイトナ男の線、強いですね。


マッドマックスとかも吹き替え観て育ったんで、
なんとかしてほしいなぁ。
【2008/01/18 22:10】 URL | TMJM #- [ 編集]


>TMJMさん
『激走!5000キロ』は断片ならyoutubeとかにupされてるんですけどねぇ…。
ホントに早く正規版出ないかなぁ……。
【2008/01/19 01:07】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


fziro様

こんばんは。やっぱりココに来てしまいました。(笑)
私も大好きです”激走!5000キロ”。ホント、国内版のDVDがあればブログのサイドバーに加えたい筆頭です。アメリカ本国には有るんですよねDVD。でも我が家ではパソコンでしか観れないだろうし、いくらカーチェイスムービーでも字幕なしではやっぱりキツイかなあと思います。

主要登場車両を揃えるとは凄いです!後は警官コンビのニセポリスカーと、花火工場に突っ込んじゃうバン、砂嵐で塗装がボロボロのロールスロイスが欲しくなっちゃいますね。(笑)
私もコブラとデイトナだけは並べたいなあと思い、コブラは京商のブルーメタリックを購入してあるのですが、デイトナは買い損ねたままになってます。ディティールカーズ/マテルにオープンのが有りましたが、値段と出来栄えで迷っている内に見かけなくなっちゃいました。。。本屋さんで売ってるフェラーリコレクションに予定されているみたいなので、こちらが無事発売される事を祈ってます。IXO製だし安価ですから。(笑)
【2008/02/15 22:44】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>Ponys41さん
いつでも歓迎ですのでどうぞおいでください!(笑)
この企画は、手持ちのミニカーを調べてたら、細かい仕様を無視したら、
4台は初めから持ってたのと、一番難儀だったデイトナがうまくオクでみつかったので、
残りを一気に揃えたという裏事情です(笑)。
このコブラは昔買ってたもので、これが無かったらけっこう大変だったかも知れません。
今、、出てることは出てるけど、お高いのが多いんですよね(嘆

残りのは、それこそアメ車の1/43の壁に阻まれて断念してます。
ロールスはともかく、シェビーのミニトラックや、ダッジ・ポラーラのパトカーなんて
見つからなかったんですよね~。
カワサキのバイクも含め、いいつかは揃えたいです。

書店発売の『フェラーリコレクション』はなかなかいいですよね~。
ちゃんと1/43スケールというのが私らには最適です。
ノーマルのディノはこれまでミニカーを持ってなかったんで、買おうかなぁと、ただ今検討中です。





【2008/02/16 00:41】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


オネーチャンの体を爆走(笑)するミニカーはデイトナのドライバーでイタリア人のレーサーのモノで亀の足がタイヤになってるヤツ(HWでも見たことないので多分、映画の為のオリジナルでは?)です。で、このイタリア人。冒頭でネーチャンとイチャついてるシーンが初登場シーンだはレース中にナンパしたネーチャンの車(確かベンツのSLのロードスター)に飛び乗りそのまま朝まで帰って来ないは(ネーチャンとヨロシクやってる間にデイトナとコブラがバトルするシーンがイイ!)、ゴール前にバノンの罠(バノンが用意したネーチャンがイタリア人にラブコールを送る)にモロ引っかかるはで、ドライバーとしては一流なのに何かアホアホな所が憎めないヤツでした。
【2008/10/24 11:30】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


>桃色ジープさん
この映画、トロフィーの上にもカメが乗ってるし、
カメに対する思い入れが強いですよね~。

あのボインちゃんに引っかかっちゃう最後といい、
イロイロ遊びまくってるのが、ホントいい感じでした(笑)。

【2008/10/24 15:23】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


初めまして。

前々からブックマークに登していたのですが
お邪魔する機会がなくて躊躇していましたが、今回初めてお邪魔致します。
『激走!5000キロ』、昔TBSの月曜ロードショーで2回ぐらい見たのを記憶しています。
その時の安原義人氏の吹き替えと故荻昌弘氏の解説は今でも印象に残っています。
個人的には『キャノンボール』もいいけど、この作品も見応えありましたね。

なかなかDVD化に恵まれないのも残念な所ですね。
では、これからも宜しくお願いします。
【2010/03/02 00:05】 URL | (有)野田商店) #- [ 編集]


>(有)野田商店)さん
初めまして、書き込みどうもありがとうございます。
ウチはこれみたいなオーソドックスなクルマから特撮・アニメのクルマ、
飛行機・船・戦車等々、ミニカー的サイズに収まるメカのオモチャなら
なんでも取り上げますので、なにか気になる項目がありましたら、
どうかお気軽にお書き込み下さい。ヽ(´ー`)ノ

ほんと、この作品が国内で未DVD化なのは不思議ですよね。
買い付け担当者が知らないんじゃないかと思ったりもして(笑)。
【2010/03/02 15:51】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


これ、多分同じ年頃(中学生)に見に行きました。
スーパーカーブーム直前でももう「サーキットの狼」はやっていたので
「スポーツカー」見たさに、友達と行きましたよ。
確かに、メジャーな車は皆無で、がっかり感は否めませんが
それでも、普段見れない車がレースをするという設定に
十分興奮していた思いがあります。
で、ラストの「ガムボール。」は今も鳥肌もののかっこよさです!
【2011/08/17 01:32】 URL | tosaken #- [ 編集]


>tosakenさん
あ~、劇場に行かれましたか!
流行の最新スーパーカーじゃないけど、充分に実力のあるクルマ揃いだから、
行けば私も楽しめてたろうけど、判断をミスりました。(つД`)

ガムボールの件はイキですよね!
遊び人はやっぱああじゃなくっちゃ!ヽ(´ー`)ノ
【2011/08/21 10:11】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


FZIRO様

一連の激走!5000キロシリーズに、超時間差勝手連を発動させて頂きました。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
【2012/06/02 20:34】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>Ponys41さん
これはありがとうございます。
後ほど、拝見させていただきます。m(_ _)m
【2012/06/05 19:37】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/80-6da1280e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。