キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


6個目は白いエイ
corbetmain.jpg

さぁ『激走!5000キロ』特集、6個目のガムは白い赤エイ(イミフメーw)です。
スーパーカーブーム当時、アメ車の中で唯一、文句無しにスーパーカーとして認められていたのが
このシボレー・コルベット・スティングレイで、アメリカ人にとって「コルベット」という名前は、
第2次大戦でドイツのUボートと雄々しく戦った小型軍艦を意味します。
アメリカの自動車業界は戦後、実用車ばかりを重視していたため、1950年代に入り、
そろそろ生活に余裕が出て趣味で走りを楽しむようになった層に向けての車が無く、
イギリス車を初めとするヨーロッパ勢によるライトウエイトスポーツたちに
市場を荒らされまくっていました。そこへシボレーが、その対抗馬として開発した
戦後初のスポーツカーにこの名前を付けたんだから、相当な自信と競争心が感じられますよね。
そうして1953年に売り出された初代コルベットは大好評でマイナーチェンジも重ね、
1963年に完全新型になったC2タイプから赤エイを意味する「スティングレイ」が
末尾に付くこととなり、さらなる成功を収めます。


MakoShark2.jpg

そしてその後1968年に登場したのが、コルベット史上最もグラマラスなボディを持つ
この映画に登場したC3タイプです。曲線を多用したこの美しいボディラインは
ビル・ミッチェルと日系人ラリー・シノダのデザインによる1965年に登場したショーカー(写真上)、
マーコ・シャーク2のデザインをほぼそのまま取り入れたもので、本来ならばスティングレイではなく
シャークと呼ぶ方がふさわしいのかもしれません(笑)。
もっとも、シャーク2も1969年に改修された際にはマンタ・レイと改名されていますから、
シボレーとしてはどうしてもエイにこだわりたかったのかもしれませんが(笑)。

しかし、この流麗なデザインを生み出したのが、アメリカ人チーフの指導の元とはいえ、
日系人だったということは、私は今回調べるまで全然知りませんでした。

shinoda-lg.jpg

ラリー・シノダさんはこのような柔和な風貌の方ですが、その名前は
あたかもコークのビンを思わせるような、アメリカそのものといった
あのグラマラスなデザインを生み出しただけでも、自動車史に残ることでしょう…。



corvet.jpg

映画に登場の白い車は、なにせ活躍の時間が短いので分かり難い部分もありますが(笑)、
フロントの両サイドのエアダクトの形状から1968年型だと思われます。
もし69年に生産された個体なら、500馬力以上を叩き出したと言われるL88エンジンを
オールアルミ化し、軽量化に成功したZL1エンジンを搭載した車の可能性もある訳ですが、
あまりに高価だったため、市場に出されたのはわずか2台だけだったという
幻のバージョンなんで、たぶん違うでしょう(笑)。


このコルベット、レースを阻止しようとガレージの前に車を止め徹夜で張り込みを続けている
ロスコー警部の脇をすり抜けるようにしてスタートした後、ニューヨーク内を疾走します。
しかし、とある路地で道を横切る男を避けようとして操作不能に陥り、しばらく蛇行を続けた後、
ちょうど陸上のハードルのような形をした工事現場の車止めに突っ込み、それをジャンプして
なんとか着地したのはいいんですが、なぜかそのまま真っ二つになってしまいます。
わずか数メーターのジャンプぐらいで真ん中からへし折れるとはガテンがいかないんですが、
この映画の監督は爺さん2人が乗るあのメルセデスのオーナーなんでドイツ贔屓で、
「コルベット」の名前がそもそも気にくわないのかも知れませんね(笑)。

corvetdriver.jpg

この哀れなコルベットを運転するのは、たぶんこの二人組です。
「たぶん」というのは出てくるのが一瞬なんで、確認しづらい部分があるからなんですが、
上の写真でも助手席に座ってるのは黒人っぽいんで、大丈夫かな?(笑)
このレース唯一の黒人ドライバーなんで、なおさらもっと活躍して欲しかった気もしますねぇ…。





truckpatocar.jpg

カマロは横転、コルベットは真っ二つと、どうもこの監督はアメ車がお嫌いのようです。
レースになぜか上の写真のシェビーのミニトラックや、ダッジ・ポラーラのパトカーも出てるんで、
アメ車メーカーとちゃんとタイアップは取ったのかもしれませんが、
それにしては扱いがぞんざいだと思います(笑)。
ひょっとしたら、同年度制作のデヴィッド・キャラダイン主演の『爆走!キャノンボール』で、
コルベット、ムスタング、トランザム、ダッジ・チャージャー等が活躍してるので、
それとの重複を避けたのかも知れませんが、どちらの制作が先なのか判別できないのは残念です。



corbet3sides.jpg

こちらのミニカーはコーギーのヴィンテージで、やはりマイファーストコレクションの35年モノです(笑)。
この鮮やかなメタリックグリーンの塗装がなされたミニカーは入手した1970年当時から特にお気に入りで
大切に扱っていたため、今でも少しエッジにハゲが見られる程度のグッドコンディションです。
フロントのリトラクタブルライトは開閉し、ライトにはフロントもリアも、
クリスタルカットされたカラープラスチックがはめ込まれているので美しく輝きます。


bettaiyaura.jpg

またこの時期のコーギーだけに見られる、ジャッキアップ機能が付いているのも特徴で、
4輪のジャッキ部分を動かし、タイヤとホイールの取り外しができるようになっています。
この超お気に入り品をリペイントすることなんか出来る訳ないので、色はこのままで御勘弁ください。
またこれ、たぶん、ルーフトップが外れるはずなんですが、劣化による破損が怖くて試せませんので、
そちらも御容赦願います。m(_ _)m

しかし、このミニカー、日系人がデザインしたものをアメリカで生産し、
そして今度はそれをイギリスでミニカー化したモノを、最終的には日本に輸入している訳ですから、
1970年の時点ですでに、真のワールドワイドが達成されていたことになりますね(笑)。

白の替わりのグリーンメッキという、ちょっとハッカが効いたこのガムも(笑)、
かなり食べ応えがありました。
さて次回は、いよいよこのシリーズの最終回なので、どうかお楽しみに!



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

ども、、コルベット評論家のエルでつ、、
って、たしかに米国車の取り扱いが酷いでつねー、、真っ二つだなんて、、でも総FRPボディだしって、、シャーシーは鉄だろうし、、

で、上の写真でみるかぎり、フェンダーのホイールアーチの部分が明らかに違いますし、ボンネットもL88風のものに取替えてありますので、カスタムされた、どーでもいい中古車が撮影に使用されたのでしょうねー、、

んで、コーギーのミニカー、、スペアはどこに積むのでしょうか、、ローバーはトランクの上に載せるだけでしたよねー、、

でわでわ、
【2007/09/16 20:26】 URL | 覆面えるさん #- [ 編集]


>覆面コルベットさん(w
お~、ボンネットL88風になってますか~。やっぱ意識してたのかな?(笑)
だったらもっと活躍させて欲しかったですよね~。

スペアタイヤですが、前のトランクは開くけどエンジンでいっぱいいっぱいです。
他にはそれらしい個所はないから、たぶん何も考えてなかったのでは?(爆笑)
【2007/09/17 00:43】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


fziro様

せっかく同じミニカーの初期モデルと後期モデルだったのに・・・迂闊でした~。。。
遅ればせながら後出し勝手連させて頂きました。
よろしくお願い致しますm(_ _)m
【2013/01/30 23:34】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


> Ponys41さん
これは御丁寧に、却ってすみません。m(_ _)m
お互いけっこうな数UPしてますから、見落としアリマスよね(笑)。
ま、細かいことは(゚ε゚)キニシナイ!!  つうこってw
【2013/01/30 23:52】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


fziro様
当方のC3コルベット特集に際し、こちらの記事に再度時間差勝手連させて頂きました。
よろしくお願い致します。 m(_ _)m
【2013/09/15 11:33】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/83-76236a76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)