FC2ブログ
キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


特異な形の人気モノ
spvmain.jpg

キャプテンスカーレット2回目は、追跡戦闘車ことスペクトラム・パーシュート・ビークルです。
直訳すると「スペクトラム追跡車」ですが、これの日本名に「戦闘」の文字を入れた翻訳者は
意訳の名人ですよね。たしかにこのクルマはその強固な装甲にものを言わせて、
あちこちを破壊する戦闘行為をビシバシやっていたイメージがあります(笑)。
地上の至る所に配備されているという設定なんで、藁小屋をぶち壊して、
その中から出てきたこともあったと思うし、陸送のトレーラーからして、
回りの装甲がパタンと倒れて、その中から登場していたんじゃなかったでしょうか? 


spvstill.jpg

そのキャラの立ちようから考えても、『キャプテンスカーレット』の車両メカ中
一番人気がこの追跡戦闘車というのにも納得です。
おそらく、主人公側の主力車両として、戦車や装甲車的なモノが登場した
最初の例だったんじゃないでしょうか?
もし以前にあったとしても、こういう何とも形容しにくい独特の形をした車両ではなかったろうし…。


spv3sides.jpg

これも本放送当時に発売されたディンキー製のミニカーです。約15.5cmの大型サイスですが、
このメカの設定サイズは7.5mなので、約1/48スケールになる計算です。
後ろのキャタピラを地面と平行の位置まで下げたり、2つあるアンテナを立てることができ、
サスペンションを上から押さえるとフロントのシャッターが開いてミサイルを発射します。
また最上部のトサカ状の突起をおさえると劇中の設定通り、後ろ向きに搭乗した
キャプテンスカーレットがサイドから射出されます。

spvnorikae.jpg

ただそのキャプテンのフィギュアは細工の限界か、1/60程度の大きさなんですが、
このように、ちょうどトミカサイズ相当なのを逆手にとって、グリップのパトロール車と絡め、
「乗り換えようとしているキャプテン」を演出して遊ぶこともできるので、好都合かも知れません(笑)。


この追跡戦闘車もやはり日本で一番普通に買えたのはイマイのプラモの小さい方の奴でした。
私にはそれが精一杯で、陸送トレーラーをギミックごと再現した「秘密トレーラー」を欲しかったけど、
とてもじゃないけど手が出なかったです…。

imaihimitutreiler.jpg

このキットもロボダッチ化されてたけど、後に元の形で再販されましたよね…。
たまたまタイミングが合わなくて買いもらしちゃってますが、なんか欲しくなってきました。
でもたぶん、ディンキーのを中に収納するのは無理だろうなぁ…。


人気機種だけに70年代中盤のエーダイのグリップキャラクターでも出たし、
近年では一連のvivid社からのシリーズでもディンキー製のとあまり大きさが
変わらないのが出て、それからキャラウィールのラインナップにも入っていました。
charawheeltuiseki.jpg



また新世紀超合金でも出てましたが、この商品を使ったパッケージ写真でも解るように、
もうほとんど「ホンモノ」という感じの出来映えだったようです。
sikeikituisekipake.jpg





この追跡戦闘車、この豊富な商品歴からも解るように、間違いなく人気は一番だったけど、
私はなぜかそれほど好きではなく、パトロール車ばかりヒイキにしてました(笑)。
『サンダーバード』でも一番人気の2号より1号が断然好きだったので、
スマートな機体に憧れていたのかも知れませんね…。
ともあれ、このディンキー版追跡戦闘車、あの時代にこれだけの完成度に
達していたことは素晴らしく、今では最もお気に入りのキャラクターミニカーの一台です。






テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

強力で倉庫なクルマ?(w
msvmain.jpg

『キャプテンスカーレット』、3台目は強力装甲車ことMSV( Maximum Security Vehicle)です。


msvstill.jpg

この車はVIPの護送専用車だそうで、見ての通りのゴツイ外装は防弾・防震・防熱等の安全性を
重視した結果のようで、当然視界は悪いので、TVモニターを使って運転しているそうです。
このクルマは劇中での登場頻度は低かったのですが、ちゃんとイマイも模型化していたので、
そこそこの人気はあったように思います。


rainbowset.jpg

1980年の再販時にはエンゼル機とペアでレインボーセットとして再販されました。
ちなみにこの時はパトロール車と追跡戦闘車のペアがシルバーセットと命名されたんですが、
メカの色合いから考えると逆ですよね(笑)。


msv3sides.jpg

今回お見せしているのもディンキーの標準スケールものでサイズは13.6cm。
劇中設定が7.2mなんで約1/53スケールになる計算です。
このミニカーは1968~75年の間に発売されましたが、写真のモノは初期型です。


plop2sides.jpg

イマイのを見慣れてると幅広く感じるんですが、上の写真の実際のミニチュアと較べると、
下側の四角いくぼみとミニカーでは赤いラインの間なんかが、若干、広いかな? 
ディンキーは白い分、余計幅広く感じるのかも知れませんが……。

msvdooropen.jpg

ギミック的にはドアがガルウィング方式で開き、接地用プラットフォームを
引き出すことができますが、SPVの用にバネ仕掛けではなく手動式です。
内部には座席等は無く、赤い内装(後期型では青っぽい色)の中に
何やら荷物が収納されてますが、よく見ると放射能マークが! 
オヒオヒ、これってたしか要人護衛車だったはずなんじゃ?(笑)。
なんでこうなったのかを推測してみると、今でこそ内部写真も出回ってますが、
放送前には資料不足でディンキーも困ったんじゃないでしょうか? 
なんとかしてプレイバリューを与えようと、名前とも考え合わせた結果、
危険物の輸送車的アレンジで商品化しちゃったような気がします。
それともやっぱり「強力な倉庫車」かな?(爆笑)

まぁそこは愛嬌としても、このディンキー版の最大の欠点は色です。
本来は銀、またはグレイのはずなのに、なぜか白いんですよね…。
ペネロープカー、パトロール車、SPVと、TVのプロップに忠実または近いイメージの彩色で
展開してきたディンキーの一連のアンダーソンメカシリーズですが、
このあたりから不思議な色使いのモノが増えていきます……。





テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

誰~も いないと 思っていてもっ!
angelmain.jpg

キャプテン・スカーレットの4回目はエンゼル・インターセプター等の飛行機メカです。
1993年にヴィヴィッド社から一連の玩具が出たとき、追跡戦闘車はディンキーと、
それからパトロール車はエーダイグリップとほぼ同じだったのでスルーしたんですが、
このエンゼル機と、超音速連絡機はダイキャスト製の玩具は珍しかったので押さえておきました。
サイズ的にはエンゼルで約9cm、超音連絡機で11cmとやや小さいんですが、
ダイキャスト製のが出たのはたぶん初めてだったと思います。



angelstill.jpg

エンゼル機の方は空の主役メカで、美しい女性パイロットであるエンゼルたちと共に
本放送時からマスコミ露出も多く、プラモもイマイの安い奴はみんな買ってましたね~。
なんでエンジェルじゃなくてエンゼルと表記するかというと、スポンサーに
エンゼルマークで有名な森永製菓が入っていたのに配慮してだという説があります。
「スポンサー様はちゃちゃ~んと見つめてる」という訳ですね(爆笑)。

airfixangel.jpg

エンゼル機のプラモでは、1970年終わり頃、ちょうど『キャプテンスカーレット』モノが払底してた
頃にもエアフィックスのキットが再販されたんで買い込んだものでした(写真は初版箱)。
これはいかにもエアフィックスらしい繊細さを持ち、組むよりもパーツを眺めているだけで
充分幸せになれるキットでした…。


angels.jpg

今はこの種の物語では女性パイロットは当たり前だけど、たぶんこのエンゼルたちが最初
じゃないでしょうか? 今風の萌えキャラじゃなく、当時の最先端のキャリアガール風ですが(笑)


tyonryokakki.jpg

一方の超音速連絡機はそれほどメジャーなメカではないんですが、私はなぜかこれが好きで、
当時、バンダイから出たオモチャを買ってもらってました。
たしかオレンジ色のクラウドベースも持ってた記憶があるんで、マイティジャックの時と同じように
マイナーなメカまでフォローしようとしてたのかも知れません。

imaityoon.jpg

これは1988年の再販箱ですが、当時ちゃんと出てたイマイのプラモを買おうとしなかったのは、
たぶんそこそこ値段が張る難しいキットだったんで、自分では作れないと感じてたんでしょう…。
なにせ当時は「接着」の理屈が解ってなくて、チョコレートあたりから連想したのか、
冷蔵庫で冷やせば早く固まると思いこんで、イマイのサンダーバード2号の旧タイプの
分割線が複雑な方のコンテナをデロデロにしちゃった事がありましたから(笑)。
当時、あれが250円だったかなぁ? 約2週間分のお小遣いがパ~ということで、
以降は50円のキットばかり買ってました…。

バンダイ製のオモチャは当時1個350円位だったと思うんで、たぶんお出かけした時に
おねだりして買ってもらってたんでしょうね。怪獣人形1個分で、お馴染みの値段だし(笑)。

バンダイのオモチャと言えば、スペクトラムヘリコプターを1985年頃に静岡県三島のオモチャ屋で見つけたことがありましたが、約20cm程度でコレクションしているサイズよりは大きかったんで、
別のところに保管していたら何度かの引っ越しで紛れてしまいました…_| ̄|○
あの形は好きなんでいずれ発掘したいと思います。まぁたぶん修理も必要でしょうけどね(笑)。

『キャプテンスカーレット』はフルCGの新版も発表され、オモチャも展開されてます。
最悪だった実写映画版の『サンダーバード』よりはいくらかマシなようですが、
ミョーにリアルなCGのキャラクターが生理的に気持ち悪く感じるので、
どうも積極的には楽しめそうにもありません…。
この辺、年寄りならではの感慨だと思いますが、やっぱり私は
オリジナル版の方が好きですね…。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

嵐でいつも海の底(w
stingraymain.jpg
夏が来ればやってくる、恒例潜水艦企画~! ドンドンパフパフ!!
今年の第一弾はジェリー・アンダーソンの出世作『海底大戦争スティングレイ』です。
この作品からアンダーソン作品はカラー化され、より幅広い層に見られるようになりました。


midorikoukoku.jpg
スティングレイと言えば、日本ではミドリのプラモデルが有名です。1968年から発売開始された
このシリーズですが、『スティングレイ』の日本初放送終了は1965年なんで、
実は3年後だったんですね。でも当時は盛んに再放送されてたから、
全然タイミングがずれていた感覚なんかありませんでした。
そんな昭和40年代中盤に、50円の小型(ベビー)、150円のゴム動力の中型、それから300円の
モーター動力の大型までは時々買ってましたっけ…。こちらもシービュー号と同様に1500円(?)の
ビッグには手が出せずにいましたが、シービューとは違ってスティングレイは小さい潜水艦なので、
あまり悔しい感じはしませんでしたね(笑)。

stealmonster.jpg
そんな大型に余計なお金を使うよりは、一番プロポーションのいい150円サイズでガマンして、
上のミドリの宣材では真ん中に写ってるライバルのメカニカルフィッシュ(300円)や、
そのパチもんのミドリオリジナルのタイガーフィッシュ(250円)、
それから上の箱絵の怪獣型潜水艦のスチールモンスター(250円)等を買い揃えるのが
当時の貧乏人のカシコイお金の使い方だったのはシービュー号の時書いた通りです(笑)。



この『スティングレイ』、 日本でのOP主題歌は少年少女合唱団の歌う
♪スティングレー スティングレー 戦うスティングレー♪って素朴な歌ですが、
イギリスでは同じ「スティングレイ」の連呼でもやたらテンションの高い歌で、
エンディングは日英共に「アクア・マリーナ」だったそうですが、
日本でエンディング見た記憶がないのは再放送だったからかな?


http://jp.youtube.com/watch?v=yGQ07PFwDeE
これがイギリス版のOP&ENDですが、エンディングのマリーナ姫とデートしまくるトロイ艦長が
なんともしまらない顔で、このキャラクターはジェームズ・ガーナーがモデルになってるそうですが、
stingraycrew
それよりも柳沢慎吾って感じがするのは気のせいでしょうか?(笑) 

なおワンカットだけ、トロイの写真を愛しげに見つめる黒髪の女性が出てきますが、
彼女は基地のオペレーターのアトランタ嬢で、英国で声をアテてるのはロイス・マックスウェル、
つまりは007の初代のミス・マネペニーです。
あっちでもジェイムズの写真を見つめて片思い気味だった彼女でしたが、こっちでもまた、
つうよりそれを狙ったシャレのキャスティングでしょうね(笑)。
ちなみにマリーナ姫はブリジット・バルドーがモデルだそうなんで、これはもう強敵すぎます……。

calibantitanika.jpg
トロイ艦長のフルネームはトロイ・テンペストで、シェイクスピアの戯曲『テンペスト(嵐)』と同じです。嵐で海が荒れて難破し、島に流される話のタイトルを潜水艦の艦長の名前に戴くなんて
かなり皮肉が効いてますが、この物語に出てくる怪人キャリバンは上の写真の左のように
半魚人の姿で描かれることも多いので、上の写真右の『スティングレイ』の敵である
タイタニカ帝国の住民のイメージと共にやはりイメージの元ネタの一つなんでしょう。


今回はブリバリしてないんで三面図はお休みですが、開封できないのには訳があって、
あのパッケージはメインタイトルで一番印象的な
stingrayjump
このシーンを再現してあるんですよね。 開けちゃうとせっかくのディスプレイが台無しなんで
今回はごめんなさいということで(笑)。
一応の解説を加えると、1993年頃にイギリスの再放送に応じて発売されたモノで、トミカサイズ。
キャラウィールと同じような大きさですが、こっちにはトラフグ号があるのがポイント高いです(笑)。

この時期はマッチボックスからは『サンダーバード』とこの『スティングレイ』関連、
ヴィヴィッドからは『キャプテンスカーレット』の商品が数多く発売されていたので、
英国オモチャ業界あげてのアンダーソン作品リバイバルが仕掛けられてたんでしょうね…。
大型のマリンビル基地も出てたけど、あれ日本では場所の問題があるから
買う人少なかったろうなぁ…。
ヴィヴィッドの『キャプテンスカーレット』のクラウドベースと並んで、
よくオモチャイベントの業者のブースで売れ残ってましたね(笑)。

『サンダーバード』、『キャプテンスカーレット』が新デザインでリメイクされた現在、
今度はこの『スティングレイ』かって気もするんだけど、
できればこのデザインはいじってほしくないですねぇ…。




テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

七つの海を守るもの
skydivermain.jpg
調子こいての潜水艦特集!  今回は久しぶりのアンダーソンもので、
『謎の円盤UFO』からスカイダイバーです。

ある意味、アンダーソン作品の頂点とも言えたこの作品だけにメカも多数登場しますが、
シャドーの海の守りと言えばこのスカイダイバーです。
潜水艦の先端に小型戦闘機がドッキングしてるというのは何とも斬新で、
まぁたぶん『原子力潜水艦シービュー号』のフライングサブあたりからの発想でしょうが、
円盤形で黄色いあちらに較べ、スカイダイバーの先端部であるスカイ1は
いかにも戦闘機風の外見と渋めの色調により、独特の魅力を誇っていました。

skydiverplop.jpg
スカイダイバーは矢島正明によって語られる日本語版のオープニングタイトルでは、
『「スカイダイバー」-それはシャドーの海底部隊。世界で最も進んだ潜水艦である。
その前部にはスカイ1と呼ばれるジェット機が装備され、海上を超スピードで進み敵を撃破する』と
紹介されますが、資料本によると7つの海に配備されているとのことだし、

sky3.jpg
このように尾翼に「3」と書かれた機体も登場しているので、
スカイ1からスカイ7まであると考えるのが妥当ではないでしょうか?

冷静に考えると、UFOの撃墜には前作の『キャプテンスカーレット』のエンゼル機のように
専門の航空機部隊を使った方がいいような気もしますが、
UFOはそのまま水中へ進入して行動もするんで、潜水艦メカも必要だったろうし、
スカイ1が水中からスドンと打ち出されるビジュアルのインパクトはそうとうデカイし(笑)、
インターセプターとの差別化もあって、こういう形に落ち着いたのかも知れないですね。


skyone3sides.jpg
このメカも人気アイテムなんで、昔からたくさん商品は出てますが、
今回お見せしているのはバンダイのプラモデルです。
1980年頃(78年?)に突然再販されたバージョンで、この作例は、当時組んだものです。
スカイダイバー全体で約22.7cm、スカイ1だけだと7.7cmになります。
当時にしては頑張って、ゼンマイボックスを外し、タイヤ穴を埋め、
一応ディスプレイモデルに改造してありますが、その部分のアップは武士の情けで勘弁して下さいw


このプラモデルは入手の経過が少々変わっています。
高校の遠足で普段は行かない場所(有名な神社のある太宰府)へ行き、
本来はそのあたりの名所を見学すべき自由時間に、
それを全く無視して大型スーパーで遊んでたところ(笑)、そこのオモチャ売場に
なぜか売っていたので、「ああ再販されたんだ。よし、近くの店で買おう」とスルーして、
次の休日に自転車で約20分の隣町にある行きつけの模型屋に行ってみると影も形もありません…。
キツネにつままれ状態とはまさにこのことで、手に入れ損なうと燃えてくるのは今と同じなんで、
その足でわざわざ遠足で行った遠くの街まで出かけることを決意しました。
まずは20分自転車こいで自分の街に戻り、そこからバスで30分の天神という福岡の繁華街へ出て、
そこで西鉄大牟田線に乗り換え、さらに30分かかる太宰府まで行き着き、
そこから徒歩20分の該当スーパーまで行って、なんとか無事に購入できた次第です(笑)。
当時500円だかの代金の他に交通費が1000円近くかかったんで、高校生にはイタイ出費でしたが、
まぁ手に入っただけマシというもの。なぜそのスーパーのオモチャ売場にあったのかは謎ですが、
たぶんちょっと前に再販されたのが売れ残ってたのかなぁ…。
2つあったんでまさか売れ残りとは思わなかったんですよね…。


sydiverbox.jpg
アンダーソン関係ならこの人以外考えられない小松崎茂画伯による箱絵はこちらですが、
画伯ならではの大迫力イラストですよね。キッチリ背景にUFOがいるのもさすがの職人芸です。

手に入れるまでけっこう波乱含みだったこのバンダイのスカイダイバーでしたが、
その後、もう30年近く手元で残ることになった訳ですから、
あの時、ほとんど小旅行の遠征を決意して本当に良かったです。
今考えると、「なぜ2箱とも買っておかなかったんだ!」と、無欲だった当時の自分に
もどかしさも感じてしまうのは、やはりトシを取ったせいでしょう…。
そうしておけば一箱はストックとして持ったままだったろうから、
旅費の回収どころか、かなりの利益が出たに違いないんですが(爆笑)。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用